戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

命を賭して、君を守る

 どうも、管理人です。今日はangelaのインストアライブ行くために、珍しくけやき広場まで行ってきました。SSAでライブがあるわけでもないのに、何やってるんだか。


美三香:「私がみんなを守らなきゃ!」

 今回の話は、甲洋を加えた防衛線を描いた話。甲洋が加わって、光明が見えたと思ったら、まさかのこんなオチかよおおおおお(泣

 前回、危うく同化されそうになった鏑木を、寸前のところで助けたのは本来いないはずのマーク・フィアー。しかも、それに乗っていたのは、第1期で同化されてスレイブ型のフェストゥムとなった甲洋。以前はマーク・フィアーの姿のみだったはずですけど、今回は人間としての姿も伴ってて、まさに完全復活! とはいっても、おそらく総士とか一騎たちと同じフィールドに立ってるはずなので、人類の範疇には収まってないわけで…。
 それともう一つ、鏑木を助けに来た剣司と鏑木が戦闘中に唐突にウルドの泉に召喚されたと思ったら、どうも精神的な部分だけのようで。これもまたクロッシングの影響で、彼らを呼んだのはカノンを始めとした島で散って行った仲間たち。果林先輩とか僚・祐未コンビとか、懐かしい顔ぶれもちらほら、その中でも象徴的だったのが、L計画で死んだとされていた鏑木の姉ですか。死んだ魂がゴルディアス結晶に帰ってきて、それと交信できるようになったのは果たして何を意味するのか。といいますか、この理屈が正しければ、広登と暉が交信出来たことにも説明がつくと思ったんですが、あの顔ぶれの中になぜか姿が見えないというのが気になるところ。前の説明によれば、ゴルディアス結晶に帰ってきてるはずなのにどゆこと??

 まあ、ともあれ甲洋を加えて、作戦を再開。クロッシングで甲洋が加わったときの咲良のリアクションがやっぱ色々と感慨深いわけですが、状況的には未だよろしくないと。具体的には、フェストゥムの侵入を防いでるツクヨミのバリアが破られつつあったり、マーク・ノインの片腕が武装ごと持ってかれたり、ますます搭乗者に負担を強いる展開が続きます。そんな中で、新たに発現した剣司のSDPが優秀と言うか、軽くやばい代物。「機体の修復」という能力自体は歓迎すべきものではあるんですが、明らかに命削ってる感…。下手したら、咲良よりも早く限界迎えるのでは。なお、剣司の乗ってるマーク・アハトと甲洋のマーク・フィアー、この二つは同型機でして、今回この二つを指して「薬と毒」と言われてました。能力からすると、アハトが薬、フィアーが毒にあたると考えるのが妥当? フィアーが使う剣みたいなやつがどう見ても普通の武器って感じじゃないので、対フェストゥム用の特化兵器だろうか。

 そして、そんなあれこれがありつつも、各人それぞれの戦いを続け、とうとうアザゼル型・ウォーカー型を退けるのに成功。ですけど、描写的にコアの破壊に成功したって感じがしないのがまた。見た感じ、ウォーカーがコアを庇って、コアと一緒に脱出したようにも見えなくないですし、こんだけ被害が出てこれだとすると、本当後がやばい。あと、順調に人間から逸脱しつつある芹ちゃんが中々怖いです。まともな食事がとれない(触れた傍から同化現象を引き起こすから)ために、フェストゥムを「同化」という形で喰らいつくすって…。さすがに描写はなかったですが、これで「お腹いっぱい」とかいうセリフがあったら完璧ですわ。
 こうして退けた一方で、ここで新たな犠牲が発覚。島への侵入を防ぎ続けてきたツクヨミ、その搭乗者である美三香の肉体が同化現象により、とうとう消滅。ゴーバインヘルメット付けてるのに、逝ってしまうとは…。もっとも、完全に消滅したというわけでもなく、彼女の肉体に現れていた黒い球体のようなものに精神が凝縮され、肉体から解き放たれた風な雰囲気。何か自分で書いてても良く分からないこと言ってる自覚在りますけど、つまりは死とはまた別の形での退場を示唆する展開。おそらく彼女の肉体が消滅した後もまだツクヨミが稼働していたであろうと考えると、死んだというのはちょっと違う気もするので、多分そういうことなんじゃないかと。順調に体温が下がって、戦闘時間が短くなってる咲良もそうですけど、こんな戦い続けたらエインヘリヤルモデルだとしてもあっという間に全員消耗し尽くすのが目に見えていて、改めてジリ貧っぷりが提示させた、そんな戦闘でした。

 作戦終了後、甲洋は一人街を散策。ワープを普通に使ったり、やっぱり人の形を取りつつも人じゃねえというw とはいっても、かつて彼が拾ってきたショコラを可愛がったり、翔子の墓を見舞ったり、元は我が家だった喫茶:楽園 を懐かしんだり、彼を形成するパーツが散りばめられてて、人でなくなってもやはり甲洋は甲洋なんだなって思いました。また、前回だったか前々回だったか、ちらっと描かれた、カノンが遺した三枚目のメモ・・・これが甲洋によって発見され、中身が判明。書かれてたのは、どこかの座標…つまりここが派遣チームとの合流ポイントになるってことですか。問題は甲洋だけが向かうのか、それとも同行者がいるのか。島のファフナーを連れ出すのは明らかにまずいとすると、やはりもう一人呼び出すと見るのが妥当ですかね。誰のことかは、またその内。

 また、場面は移り変わって、再び派遣チームの話。こっちは正式に人類軍(ザスティン隊)とやり合う腹積もりみたいで、手始めに戦うべき相手を思い出させるという名目でフェストゥムをぶつけてきました。まともに戦ったとして、人類軍が勝てるとは到底思えませんが、これは中々いい趣味してますぜ、ナレインの旦那w


 と言った感じで、第20話。前回も言ったような気がしますが、これはカノンが命がけで選び取った未来の形で、おそらく最前に限りなく近いものなんでしょうが、それにしたってこのレベルというのはまた。強いて言えば、誰一人明確な形での「死」が描かれないのが希望感じさせるところではありますが、いやぁ…。果たして、あの状態からでも復活はあるんでしょうかね、美三香。


https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事