戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

  どうも、管理人です。今日は代休を取って、まだ家にいるので、この隙に記事を仕上げてしまおうかと。別に今までサボってたわけじゃないゾ?(白目)


・ぼくたちは勉強ができない
 今回の話は、うるか登場回。メタな話をすると、原作だと丁度この辺から人気が加速したという側面があって、その立役者がうるかなのですが、今回はうるか当番回を一気に三連発という怒涛の攻勢。いやあ、キャラのアピールという意味ではすごい思いきった構成にして、すごく攻めてますね。ある意味正統派ヒロインにして、筒井先生が得意な元気キャラなので、キャラが生き生きしてる。それだけに、ラブコメ的お約束として滑り台が見えるのが泣ける…。この時点までの段階でも、彼女が最終的に勝利したらびっくりなんですけど、果たして…。

 あとは、他のヒロインの話をすると、うるかの影に隠れてますけど、地味にアピールは始まってるのかなと。特に、小論文書く話の理珠は個人的にめっちゃ好き(当方、理系派閥なり)。文乃にしても、原作基準だとこの時点では毒舌キャラというか、成幸に対する発言が結構鬼○っぽいところが目立って、あまり良い感情抱けなかったので、それがアニメではカットされて普通に美少女感ある。なんで、ヒロインレースが原作当時とはまた違った状況に思えて、これはちょっと楽しみ


・鬼滅の刃
 今回の話は、初めての鬼との対峙&弟子入りの話。籠に入るために身体を小さくした禰豆子がマスコット感ありありでめっちゃ可愛いw 申し訳ない言い方なんですけど、第1話の禰豆子はちょっと大人っぽすぎて、しばらく原作読んでからふと振り返った時に違和感しかないわけで、ここに来てようやくしっくりきました。やっぱ、禰豆子はこの作品のマスコット!
 そして、本編の話に移ると、今回初めて鬼との戦闘が描かれたわけですが、鬼との戦いにおける勝利条件が地味にきついですね。要約すると、専用武器で首を落とすか、あるいは日が出るまで待って太陽光で焼き殺すか の二択。ただ、後者は鬼としても弱点を自覚した上に基本スペックは鬼>超えられない壁>ただの人間 なので、あまり現実的ではないと。今回、それを知らない炭治郎は思いがけない形で後者を取ることになったのですが、それを静観していた鱗滝さんの厳しいことなんの・・・。一応、炭治郎の資質を見極める意味もあったんですけど、いくら禰豆子とコンビで戦っていたとはいえ、ノーヒントで戦わせて、その結果でああなったことを攻めるのはきっつい。

 あとは、弟子入りに際しての入門試験とも言える山下りのシーンがあったのですが、あそこは本当作画の無駄使いといいますか、無茶苦茶動いててびっくりしました。自然を利用したトラップとも言える、あの竹の動きはなんなん…。なんでここに全力を出してしまったのかw
 ちなみに、次回はほぼ1話丸々修行回になるのですが、今回の話も含めて、ここまで修行編をがっつりやる作品は結構レアで、ましてやアニメでも丁寧に回収していくのが意外過ぎる件について。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事