戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

 どうも、管理人です。地味に久々の更新ですが、生きてます。先日までのGW前進行でレ○プ目になりながらの仕事を片付けつつ、一昨日から無事連休突入しましたが、まあそれはさぼりじゃないってことで…。とりあえず、これが平成最後の更新にならないよう、明日も何か更新予定ということでどうか一つ。つか、先週分の感想記事を華麗にぶっ飛ばしてますけど、あまり書くようなこともなかったので…。


・ぼくたちは勉強ができない
 今回の話は、文乃のダイエット話とか関城さん初登場回とか色々。ここのところは、結構うるか当番回が多かったような印象があるので、アニメ一話分でヒロインそれぞれの当番回が来る構成なのはちょっと久々なのかなと。
 1本目の文乃回はある種女子あるあるではあるんですけど、文乃的にはちょっとマイナス方面でのキャラ付けのようにも。ただでさえ まな板キャラで微妙なキャラ付けなのに、そんなデブ属性(≒調子に乗って食べすぎる)なんてあんまりだ…。
 2本目の関城さん回は、一応ヒロイン的には理珠当番回でした。関城さんはぶっちゃけ、ぼく勉の中で1,2位を争うくらいに好きなキャラなんですけど、まだこの時はクソレズ分が薄いですよね。最近はクソレズを拗らせすぎて、めっちゃ空回りして、けどそこがいいって感じなので新鮮。あと、キャストが大西沙織さんのはちょっと意外で、でも1話分で大分馴染んだ感じ。
 3本目のうるか回は、まあお色気回ですね。成幸の微妙な心遣いが逆効果過ぎる…。というか、Cパート(アニメオリジナル)のSEISAIちゃんの雑草粥のインパクトが強すぎて、割とどうでもよくなった感が。

 次回が一応一つ目のターニングポイントの林間学校回ですか。そろそろ桐須先生がアップを始める頃・・・?


・鬼滅の刃
 今回の話は、入隊試験の話。前回が修行編、しかも作中時間に換算すると2年間を描くという、入念な地固めを行ったこともあってか、炭治郎がそれなりに戦えるようになっている理由づけになってるのは純粋に上手いなと思いましたね。加えて言えば、今回初披露になる「水の呼吸」による戦闘シーンが本当原作再現度が高すぎて。原作読んでる時も、ああいうエフェクトがついてて、ある意味アニメ向きじゃないと思ってたのですけど、それを方向性そのままで、よりくっくり描いてくるのがグッとくるところ。
 そして、今回入隊試験ということで、今後物語に絡んでくるであろうキャラが何人かお披露目。玄也はアニメ範囲内で出番あるか定かじゃないですけど、善逸、カナヲは間違いなく出番があるので、ここは否応なしで高ぶりました。ただ、原作通りとはいえ、カナヲが全く喋らないのが…。誰が声あてるんやろうか、マジで。

 あとは、やっぱり手鬼とのバトルですか。第2話の緑川さんに続いて、今度は子安さんという、キャストの豪華に震えると同時に、そこに見劣りしないくらいに因縁のあるキャラとして描かれたのはデカいです。前回出てきた錆斗と真菰、それ以外の鱗滝さんの弟子(義勇さん以外)が彼によって命を落としてきて、その悲劇を文字通り断ち切った炭治郎という構図が、前回1話分の掘り下げと今回の鱗滝さんとの語らいですげえ効いてくる…。加えて、鱗滝さんが与えたお面が、皮肉にも手鬼にとってのマーキングになってるのが本当皮肉。今回はタイミング的にどうしても年号ネタばっかり取り上げられますけど、普通にドラマとしても面白くて、文句なし。次回で先行上映分が終わっても、その続きも期待しかない!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事