戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

親の愛は偉大である


 どうも、管理人です。ひだまりスケッチ一挙放送見ながら記事書き始めたのはいいものの、これを延々と見てるとアニメ消化が進まないという…。とりあえず、見れる限り見るけど。

テッペイ:「そんなに僕を信じるなよ」

 今回の話は、テッペイと、その原点となる青年:エイジ との出会いを描いた話。ビジュアル見た瞬間、誰もが思っただろう、あのセリフを…。


 前回の襲撃にて、負傷したダイチ。ちゃんと診てもらった結果、とりあえず軽症で済んだ模様。ですが、状況が状況なだけに検査も兼ねて、もう少し入院。一方の、テッペイについては特に負傷したわけではないものの、こっちはこっちで精神が不安定気味。原因は、やはり彼がキルトガングを召喚してしまったことと、それに伴って記憶が戻ったこと。つまりは、自分が人間でないのを知ってしまい、今までの価値観が崩壊してしまったと。ハナとの関係性も、ちょっとだけ気まずくなって、若干泥沼な気配。

 そんな中、テッペイは極秘任務を受けることに。その内容は、「キヴォトス計画」という人類生存計画に則り冷凍睡眠している 嵐エイジ という青年の身柄を確保すること。彼はテッペイの遺伝子提供者…つまりは遺伝子学的には父親にあたる人物で、おそらくテッペイの身柄が割れかけていることが原因で狙われてるんでしょうね。ついでに、テッペイの精神が不安定という事情もあって、彼を父親と引き合わせようという魂胆があっての作戦でもありましたか。

 また、今回の作戦にはアカリも参加。彼女は彼女で「キヴォトス計画」に関わっている母親と会う口実があっての参加ということあって、さすがに侵入はすんなりいきましたね。ただ、テッペイたちが潜入したのと同様に、箱舟派からもエイジを回収すべく刺客が放たれていて、一転して争奪戦の様相に。
 結果から言えば、テッペイたちが先にエイジと接触して、一緒に逃走する過程でエイジ一人で脱出して、実質任務は成功とは言い難いものに。ですけど、この任務自体、先程も言った通り、テッペイとエイジを引き合わせることが目的で、エイジを連れて帰れるかどうかというのは二の次。要は、テッペイの意識改革を促すための作戦であって、その意味では一つの方向性を提示しただけでも上々と言っても差し支えないです。それに、アカリにしても、母親と久々の対面が出来たわけですし、基本的にはマイナス要素はどこにもなかったわけで。

 それにしても、エイジのCV…ビジュアル見た時から何となく予想できましたが、安定の石田彰w 同じスタッフのタクトでも出演していましたが、名前の響きが割と名残残っていて、やはりどことなく類似性を匂わせてましたね。というか、「何が綺羅星だ、馬鹿馬鹿しい」よろしく、彼も彼で後半再登場があったときに、何か言いそうな気配がしてならないw
 ちなみに、実際のキャラとしては、ヘッドみたいなダメおやじではなく、見た目の若さとは裏腹に妙に父親ぶった青年キャラ。テッペイのことをしっかり認識してるというのは意外でしたし、親子であってそうとは言い難い関係であるテッペイを守ろうとする姿勢は、言っちゃ悪いですが石田彰キャラにしては綺麗すぎるw 最後は負傷して、テッペイたちを守りながら逃げるのが無理だと悟り、単身敵地に乗り込むという死亡フラグを立てつつも、どうも生存したというぶっ飛び具合。これは、やはり再登場あるんですかね…。


 ということで、第5話でしたが、さりげなくテッペイ×アカリ フラグが立ったとみていいんですかね、これは…。展開からするに、テッペイが途中から敵にまわりそうな雰囲気ありますけど、そこから救い出す役回りがダイチではなく、彼女が担うという線もありですかね。何にしても、今回の話がおそらく後々生きてくる要素だと思うので、その意味では中々興味深い話だったかと。相変わらず、アースエンジンの出番がないのがアレですが。

 追伸。ハナのへそフォルテはよ!!!


※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/1042-abf8c335)

https://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事