戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

STAR DRIVER

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

細けえことは気にすんな(キリッ!


どうも、管理人です。今期二番目に着地点が見えなかったこの作品ですが、いよいよ最終回(ちなみに、1番はまどマギ)。果たして、どうなったのか…。


綺羅星十字団:「綺羅星!」
ひが日死の巫女の封印が破られたことで、ついにザメクが復活。そして、スガタはザメクとアプリボワゼを果たします。前回推察した通り、ゼロ時間=ザメクを閉じ込める檻で、それを解放するのがケイトの目的。つまり、スガタを王として祭り上げることですねwまた、ヘッドも同じ目的ではあるわけですが、その先に見ているものは別物。彼の場合、ザメクを手に入れ、過去を自由に行き来する能力で過去をやり直すことが最終的な目標。ついでに言えば、ザメクの解放=地球終了のお知らせであり、自分一人だけ助かろうとするヘッドが屑すぎるぜw
ちなみに、彼がサイバディ「シンパシー」にこだわっていたのはザメクを手に入れるという部分によるもの。シンパシーの能力は、他のサイバディとアプリボワゼすること。つまり、元々スガタしかアプリボワゼできないザメクを操るための唯一の方法ということ。何と言うか…せこwwつか、これってスガタ次第で普通にキャンセルできそうな気が…。あと、ヘッドついに言いやがったしw

そして、タウバーンとタクトはヘッドとの最終決戦。ですが、ザメクの力を得たヘッドを前に苦戦。その際に、ワコも巫女のサイバディとアプリボワゼしましたが…どう考えても死亡フラグwまあ、言ってるそばからザメクに捕まって、ヘッドからの攻撃に防戦一方になってますけど。しかも、タクトはタクトで再生超人もとい破壊されたはずのサイバディがザメクの力で復活し、全部を一人で相手する羽目に。さすがにこれは無理だろ…。
それを見ている綺羅星の面々は、何もできない自分たちに苛立ちを覚えずにいられません。ところが、シモーヌが何やら怪しい電波(=サイバディ「ダレトス」の声)を受信。その結果、今までのスタードライバーたちにシルシが浮かび上がり、「綺羅星」の合図でそれぞれサイバディとアプリボワゼを果たします。つか、仮面がwwwwにしても、改めて勢ぞろいすると皆さんそれなりに強いんですね。頭取やスカーレットキスはともかく、ギャグキャラ化してたサンドバック先輩&バイク先輩、そしてタカシが普通に強いwサシでも彼らを一掃してたタウバーンの強さが推して知れますね。ですが、王の柱を前にすると、彼らの力を以ってしても手も足も出ないという有り様。残ったのはタウバーンのみですね。

ボロボロになりながらも、王の柱の内部へ侵攻するタウバーンとタクト。すると、彼の中から更なるリビドーが迸り、そのリビドーをエネルギーにして一気に王の柱を突っ切ります。そして、向かった先にいるシンパシー&ヘッドに向かって拳をかまし、シンパシーを破壊。その結果、ザメクの支配権はスガタに戻り、ヘッドの野望は潰えましたと。
ところが、ここで終わらないのがこの作品。何と、スガタは自分を犠牲にザメクを封印しようとします。なるほど、彼の目的はこっちですかwそんな中、タクトが取ったのは、最後の封印の破壊。これはワコも同意の上??そんなことをすれば、当然のごとくザメクはその場から逃げてしまうわけで、案の定宇宙へ向けて飛び去っていきます。タクトはワコの声に背中を押されるような形でザメクを追います…スガタを取り戻すために。

そして、戦いは宇宙へ。タウバーンvsザメク、最終決戦にはふさわしいすさまじい戦いだったと思いますw特にザメクの中に侵入し、幻惑に惑わされながらもとうとう救出されるスガタは、まさしくヒロインですね。最後のボロボロになったタウバーンがガンダムに見えてしょうがない…。


というわけで、まさかのタクト×スガタエンドでしたw話の基軸の一つとなっていたワコの恋の行方としては、結局「選ばなかった」というのが答え?そんなのありですかww
案の定、あれこれ放置された伏線は数多くという感じでしたが、これはこれで良い終わり方だったと思います。色んな意味でタクトらしさが滲み出てましたしw結局はタクトが一主人公として希望に満ちた存在であり続けたというのが、作品の魅力だったと思いました。つまり、タウバーンが負けないのもそのためだったのだよ(ドヤッ

まあ、欲を言えば、後日談的な話が欲しい気がしましたが、それはDVDか何かの特典映像に期待しますか。とりあえずサカナちゃんカムバック!!


最後になりますが、スタッフの方々、2クールにわたって感想を書いてきたブロガー様に感謝と労いの意をここに現したいと思います。皆さま本当にお疲れさまでした、そしてお疲れさまでした。またどこかでお会いしましょう。

綺羅星!!

開く コメント(0)

開く トラックバック(18)

この想い、あなたに届け!!

どうも、管理人です。何やらモロに某映画のキャッチフレーズをぱくったような感じに見えますが、そんなの気にしない!まあ、先日テレビで特集されてたのを見て、気になったのは事実ですがwそれでは、感想です。

ヘッド:「とにかく君のが欲しいんだ!」
前回ラストの笑撃的な展開から一転、普通の学園生活からスタート。とは言え、妙に上機嫌なケイトだったり、それに関係して生じた女同士の駆け引きが何か恐ろしいですwというか、仮面かぶってても綺羅星同士は何となくわかるもんなんですね。てっきり、綺羅星が来るまで分からない仕様だと思ってたwwただ、その一方でワコが相変わらず選択を迫られていたり、眠りについていたシンゴが目覚め、ヘッドが新たなシルシを手にしたりと、ゴゴゴゴと事態は進行中。

そんな中、ひが日死神社にて、自分が綺羅星に入った理由をスガタに語るケイト。色々ごちゃごちゃ言ってますが、簡単に言えばスガタのため。そもそもの原因はケイトの正体がヘッドにばれたことで、実質スガタを人質に取られたことなのですがwここだけ聞くと、ヘッドの狡さが妙に鼻につきますね…。そして、もう一つの理由としては、巫女の封印を解いてスガタを運命から解放すること。そこまでの覚悟を持ったのは、彼女がスガタにずっと心を寄せているため。思い余ったケイトはついに彼に思いを告げ、スガタはそれに応えるように彼女の唇を奪います。それを以って永遠を得た彼女は、今度こそスガタを救うためにその場を後にします。どうでもいいのですが、言葉のセンスが相変わらずすごいww私の銀河に綺羅星云々って、どんな使い方だwそれと、心なしかケイトの愛が重い…。
あと、時系列は少しずれるのですが、スガタたちの幼少期のエピソードも出ましたね。例のトーテムポールが倒れた時の話みたいですが、その時にスガタを助けるためにワコ・ケイト共にアプリボワゼした模様。見た限りですと、スガタはあの時死んでいたように思えるのですが…。で、それを繋ぎ止めるために定期的にケイトがリビドーを注入せざるを得ないと、そんな推測をかましてみます。

その頃、カナコたち大人銀行の面々は、非常時に向けとうとう動き出します。曰く、サイバディの封印を破られると島全体がやばくなる恐れがあり、最悪の場合島民をクルーザーに乗せて避難することになるとか。その目的のためにこれだけ大きな船を所有してたとのことですが、カッコよすぎるぜwwつか、結局タカシとは何だったのか…。

恒例のゼロ時間戦ですが、今回は戦いなし。しかし、その代わりにイブローニュが自らの正体を明かし、巫女のサイバディとアプリボワゼ。ついでにスガタも正体を明かしましたけど、ワコトタクトが驚きすぎだろ…。そして、巫女のサイバディをシンパシーwithヘッドが粉砕し、第3の巫女の封印は破られます。その結果、ザメクの封印は破られ、下からザメクが登場。それに挑むためにタクトはタウバーンを呼び出すのであった…。


おいおいおい、来週最終回なのに、これで収拾つくのか?いや、無理ダナ!この調子ですと映画化・二期制作がほぼ濃厚ですが、少なくてもTVシリーズはTVシリーズで締めてほしいところです。
そして、今回の話を見ていると、あれこれ推察ができそうですが、とりあえずさっき挙げたケイトのあれ、巫女の封印=ザメクを閉じ込めるための檻(?)など、その辺は何となくあり得そう。来週ちゃんと説明があることを期待。

次週はいよいよ最終話。どう見てもBAD ENDまっしぐらに見えますが、大丈夫なのか???

開く コメント(0)

鉄拳制裁と裏切り

どうも、管理人です。先週は報道番組で潰れたので、2週間ぶりの綺羅星!他の記事でもそれとなく言ってるつもりですが、今回の自身の被害に遭われた方々への無事とご冥福をお祈りします。それでは、感想です。


スガタ:「…キスしないか?」
日曜日ですが、タクトとスガタは朝からいつも通り剣の稽古。何かいきなり愛を語り出してますが、何があったのスガタくんwそして、唐突に以前ノーゲームになった賭けの件を持ち出し、再び真剣勝負をすることに。何かフラグすぎて怖いんですがw
試合が終わり、朝食を食べていると、スガタ宛てにヘッドから絵が届きます。リビドーまで透けて見えるとは、すごい絵だwそして、その絵のサインからヘッド=タクトの父親ということも、彼らに知られることに。ワコ、勘がいいですね。

そんなことあって数時間後。ワコとスガタは二人っきりでデートへ。そういえば、このツーショットというのはあまりないかもしれないですね。おかげで美男美女カップルと持て囃されて、ワコの方が落ちつかないと。どうでもいいけど、服のセンス…。その最中、スガタはワコに要求するなど、彼らしくもない大胆な行動を取ります。まあ、ワコがその気がないと知ると、あっさり引いてますが。本当、今回のスガタは何なんや…。
一方、タクトは一人きりを満喫するために、あちこち歩き回ります。何か背中が寂しい気がするけど、そんなの気にしない!そういえば、寮の部屋はもう復元されてるんですね。つまり、シンドウ家に世話になる理由もそろそろ無くなるということにも繋がるので、また一つフラグが積み重なった気が…。つか、「綺羅星る」って何ぞwwwそんな中で、おそらく一番の目的と言うのは、例の父親探しの件でしょうね。結果、無事再会を果たしましたが、出会い頭に顔面パンチで終了とはダイナミックすぎるww

午後になると、今度はワコとタクトがデート。さっきからスガタの行動が読めない…などと考えてたら、ゼロ時間戦突入ですか。今回の相手は、スター三兄弟全員。完全にヘッド信用されてませんね、彼らから。サイバディ「シンパシー」を手に入れる前に(ryという腹積もりで、初の対複数が実現。ただ、同じく第3フェイズであり、連携攻撃を仕掛けてくるため、タウバーンはピンチに。そのピンチを救ったのはスガタ。スガタをタウバーンに乗せてタウミサイルって…つまり、ドーピングというわけですかね。そんなことを想像してただけに、その後の展開は唖然としましたよ。エクセントリック(ry、何と言う馬鹿馬鹿しさwwそれで一網打尽なのですが、ビジュアル的にはネタ臭が…。

ゼロ時間戦が終わり、タクトとワコはデート再開。これ以上フラグ重ねちゃダメでしょwwそして、案の定スガタは綺羅星十字団第1隊エンペラー代表キングとして、綺羅星入りを果たすのであった…。


とりあえず、来たる時が来たという感じですね。早い時点でスガタがライバルになりうるのは予想されてましたし、展開的な驚きはあまりなかったです。ただ、これ見よがしにばら撒かれたフラグや衣装が色々と狙い過ぎているかと。特に衣装は、ハイセンス過ぎてついていけない…。
にしても、ヘッドの小物化が止まらないのですが、彼は一体どこに落ち着くのでしょうか?ヘタすると、これ以上かませにすらならないとか?

この物語も残り2話みたいですが、これ終わるのでしょうか?劇場版へ続くとか言われても妙に納得できる展開ですが、TVシリーズはTVシリーズで締めてほしいところというのが個人的願望ですw

開く コメント(0)

開く トラックバック(17)

これから始まる戦いの前哨戦・・・

どうも、管理人です。まさかの一日引きこもりでちょっと気が滅入りそう…。やることをやってないからとは言え、さすがに辛い…。


スガタ:「ひが日死の巫女は君だったのか…」
今回の話は、ほぼ全編ぶちぬきの演劇の話でした。見ている限り、サイバディとスタードライバーの話のようですが、果たして。そしてイカ刺しサムとイカ大王の話と共通する部分がありましたが、元は同じテーマを採用した話だったりするのでしょうか?

ワコ演じるクレイスは他の人には姿を見ることができない少女。ところが、ある時そこにスガタ演じるコルムナという青年が現れ、彼女は初めて自分を見られる人間と出会います。時を重ねるにつれて、仲を深める二人ですが、一つ問題が。それは、たとえ姿が見えても、触れることまではできないという事実。そんな彼の前に忍び寄るのは、タイガー扮する魔女アイン。曰く、彼女が持つ宝石を得れば、クレイスに触れられるようになると。そして、それを得る代償は「船を動かす」ということ。明らかにハニートラップにしか見えませんが、どうしても願いを叶えたいコルムナは船を動かすことに。ちなみに、作中では船を動かし、飛ぶことは禁忌。それを押し通すためにコルムナは唯一船を動かせる女王を殺害し、自らが王になります。こうして魔女の望み通り船を動かしたコルムナでしたが、肝心のクレイスのことは忘れてしまったとか…。
船を奪うために、コルムナの前に再び現れるアイン。スカートをひっかけるとは、何というドジっ子wwところが、船と同化することで大きな魔力を得たコルムナによって瞬殺。何でこんなギャグキャラになってるんだww

そんな話をタクト演じるマルクにするのは、サリナ部長演じるエントロピープル。何か、この間のまどか★マギカの話題が頭をよぎるんですが…。魔力を持たない一族って、なんじゃそりゃwまあ、そんなことは置いておいて、彼女が言わんとしているのは、マルクもまたコルムナと同じ力を持っていると。ただ、マルクはクレイスを守ることを決意し、彼女にキス。これにて、終演。

その他の動きとしては、島に来る前のタクトの友人ハナの訪問、ヘッドからサリナ部長へのアプローチ、そしてひが日死の巫女正体バレ、とだいたいこんな感じ。序盤から事情通だったサリナ部長でしたが、要するに劇での役割通りのポジションだったりするのでしょうか。だとすると、副部長が何者なのかという疑問に達するわけですが、本当に何者なのか?どこぞのインキュベーターな感じな展開はゴメンですよwしゃべった時点でかなり衝撃的だったけどw

とりあえず、話を整理しますと、アイン=アインゴット、コルムナ=サム=ザメクのスタードライバー、船=ザメク、女王=イカ大王、マルク=王を止める存在=タウバーンないしそのスタードライバー、という感じでしょうか。コルムナはどことなくヘッドと同じ雰囲気が漂ってますが、おそらく今後のスガタに懸かってくるんでしょうね。つまり、ザメクに乗ったら一体化して戻れなくなるパターンとか?で、タウバーンも同じような力があるけど、コルムナのようにならない人間に託されるサイバディであるとか、とりあえずそんな風に予想してみます。

次週はいよいよスガタ裏切り来ますかね?

開く コメント(0)

開く トラックバック(26)

本当の強さとは、他人を許せることである!

どうも、管理人です。花粉症のせいで体調まで悪いような気がしてて、結構参ってます。もしかすると、過去最悪の症状の出方なのかも…。とりあえず、感想に行きたいと思います。


ウィンドウスター:「今日これから、銀河美少年タウバーンを殺します」
相変わらず、ドライバーを殺すことなくサイバディを破壊し続けるという、傍からすると余裕のある戦い方を続けるタウバーン。そんな戦い方に苛立ちを覚えるのは、ケイ・マドカことウィンドウスター。そして、彼女はタウバーンを倒すために新システム「オーバーフェイズシステム」を使うことを決めます。システムについて簡単に説明するのであれば、サイバディの力を第3フェイズ以上に無理やり引き上げるというもの。とは言っても、巫女の封印が絶対的である以上第4フェイズという形をとるわけではなく、あえて言うなら3.5フェイズという代物のようです。なるほど、ドーピングですね、把握w当然、リスクも並大抵でないのですが、マドカはそれを恐れるそぶりすら見せません。それを見たタカシは思いました、こいつらまじやばいとw。ちなみに、今回マドカとカナコの過去の関係性について、若干の補足が入りましたね。曰く、すでに終わった関係であると、そして目的のない底なしのリビドーに危機感を抱いていたと。故に手元に置いておきたかったようですが、自分から離れていったのだから仕方ない…。

一方、タクトたちの話をすると、時はすでに学園祭間近の模様。ワコたちがやる演劇の練習も着々と進んでるようですが、未だキスシーンの相手役が決まってないって、大丈夫なのか…?そんな中、ワコはケイトと親しそうに話すタクトに若干嫉妬のご様子。しかも、食事の場にマドカたちも介入してきて、これまた不機嫌そう。まさかこれがフラグになるとは思わんかったですwあと、マドカたちは演劇部にいらないですww

ヘッドの方はと言うと、力を求める過程で喪ってきたものに後悔の念を持ってる?ソラしかり、サカナちゃんしかり、確かに喪ったものは大きいですよね。失恋のショックでしばらく絵描きに戻ってたくらいですし。つか、サカナちゃん回想だけの登場ですかorz

 恒例のゼロ時間戦ですが、今回タクトたちの前に現れたのは、棺の様なものに入ったサイバディ。そういえば、今回使った新システムのあれ、電気棺と似てましたね。そして、中から出てきたのは、ヘーゲントとほぼ同化したウィンドウスター。何気に正体バレ初めてですか、そういえばww生身に近いサイバディが相手と言うことで、どうしても甘さが出るタウバーン。そんな彼の動きを見逃さないウィンドウスターは果敢に攻め込み、マウントポジションを取ります。今度こそ敗北展開来るか…などと思ったのもつかの間、ワコのシルシが光りはじめ、王の柱によく似たものがヘーゲントに直撃。光が消えると、そこには第3フェイズに戻ったヘーゲントの姿が。それを見たタウバーンは、安定のタウミサイルで勝利をおさめます。女の嫉妬って怖いねww

戦闘が終わり、現実へ。ワコはタクトの相手役に志願、マドカたちは島を出る心構えを決める、そしてタカシはおとな銀行に出戻りと、それぞれの場所へ収まっていくのであった…。


今回の話は、何と言いますか、女性陣の活躍が印象的でしたね。嫉妬の炎を燃やし、ついにはタクトの相手役に志願するワコ、15歳にして達観した考えを主張するカナコ、そしてタカシの出戻りを素直に喜べないシモーヌ…。それに対して、タカシのいらない子ぶりが泣けてくる。序盤の思わせぶりなポジションはいずこへorz

来週は、いよいよ学園祭当日。ロングなワコに激しく違和感を感じざるを得ないwそして、いよいよOPの巨大サイバディの影も。ザメクなのか、シンのサイバディなのか、果たしてどちらなのでしょうか??

開く コメント(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事