医学部ゆかりの医療ブログ

医学的に分析し 安心と快楽を提供します。

全体表示

[ リスト ]

 こんにちは、ゆかりです。  

 食欲抑制薬には、脳の中枢神経に作用させて、食欲を抑える強烈な薬があります。その名はマジンドール マジンガーZじゃないですよ!

 マジンドール(サノレックス)は食欲抑制薬で覚醒剤と類似しています。

 薬に強烈な依存性があるため、保険適用はBMI35以上の高度肥満症のみです。投与後1ヶ月で効果測定を行い、効果が無ければ中止になり、効果がある場合にも、健康保険適用上の投与は3か月が限度されている薬です。

  覚醒剤と同じです。覚醒剤は精神疾患、食欲抑制剤に使うととても効果があります。

 薬理機序は 脳内でのノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンの再取り込み阻害になります。抗うつ薬のSSRIはセロトニンの再取り込み阻害し、SNRIはアドレナリン、セロトニンの再取り込み阻害になります。

肥満症とはどんな病気かhttp://cmm001.goo.ne.jp/img/logo/goo.gifhttp://cmm001.goo.ne.jp/img/sn/sn_99.gif

 肥満とは単に体重が多いことではなく、脂肪組織が過剰に蓄積した状態のことです。 肥満自体は病気ではありません。体脂肪は、エネルギー補給機能、体温を維持するための断熱作用、内臓の保護作用などのよい役割ももっています。
 
しかし、肥満があるとさまざまな健康障害(合併症)を起こしやすいことが問題です。肥満に基づく健康障害を合併した場合や、その危険が高い場合を「肥満症」といいます。

体重の調節メカニズム
  成人では、このバランスが維持され、体重は変化しないように調節されています。すなわち、体重が減少すると食欲が亢進してエネルギーの消費は減少し、逆に体重が増加すると食欲が低下してエネルギーの消費は増加します。
最近、こうした調節にはさまざまな因子が関わっていることがわかってきました。そのなかで、食欲の調節には脂肪細胞から出るレプチンという蛋白質が重要な役割をしています。レプチンは脳の視床下部(ししょうかぶ)というところの満腹中枢にはたらいて食欲を抑えるはたらきがあり、レプチンがなくなった動物では著しい肥満になることがわかっています。

食べすぎ
 なぜ食べすぎになるのでしょうか。通常は、すでに述べたレプチンなどによって満腹中枢が刺激され、私たちは食べすぎないようになっています。
遺伝的にレプチンに異常があるために肥満が起こってくることはまれです。むしろ、肥満した人の多くではレプチンは増えていることがわかってきました。おそらく、レプチンのはたらき、あるいは満腹中枢の機能が障害されているものと考えられています。

食べすぎを引き起こすきっかけとしては、ストレスが重要と考えられています。強いストレス状態におかれると、手元にある食べ物を手あたり次第に食べてストレスを解消しようとする「気晴し食い症候群」といわれる状態がありますが、多くの肥満者が食べることでストレス解消を図っていることがわかっています。

さらに、食べすぎが続くと胃が大きくなって、たくさん食べないと満腹感が得られないようになることも問題です。さらに食べすぎて、肥満が進行する原因になります。

食べ方の誤り
 意外にも、肥満者のかなりの人は食べすぎではないことがわかっています。こうした場合、食べる量よりも食べ方が問題です。食事回数と肥満との関係をみてみると、食事回数が少ないほど太りやすいのです。

すなわち、朝食を抜いて夜に多く食べるなどの「かため食い」は、食べた栄養が吸収されやすく、過剰エネルギーをもたらすことで肥満につながりやすいのです。食事の回数が減ることで、食事摂取時の熱産生が減ることも原因と考えられています。
1日の摂取量の半分以上を夜に食べる「夜食症候群」も太りやすい食べ方です。夜は消化管の機能が活発になり、食べた物が貯蔵エネルギーになりやすいと考えられます。また、「早食い」もよくありません。満腹感を感じにくく不必要に食べすぎることになります。

運動不足
 運動不足は、血糖値を下げるはたらきをもつインスリンというホルモンのはたらきを低下させて、血糖を正常に保つのに必要なインスリン量を増やしてしまいます。この時のインスリンは、血糖値を下げる力は弱まっているのに、脂肪をつくる作用は弱まっていないために、体のなかで余分なエネルギーを脂肪に変えることを促進することになります。

さらに運動不足は、筋肉量を減らし、安静にしていても体温を維持し生命活動を保つために使われる基礎代謝で使われるエネルギーを少なくしてしまいます。また、脂肪合成酵素のはたらきも高まるので、脂肪が体のなかでつくられやすくなります。

閉じる コメント(9)

アバター

アメリカの糖尿病の治療薬に『GLP-1』というのが
あるらしいけど日本でサプリとして販売されないかな?
サバ缶がイイって聞いて食べてたけど、飽きる。(ー ー;)

2014/1/5(日) 午前 11:11 かず♂

それ飲めばやせれる!って簡単に思っちゃダメなんですね。

2014/1/5(日) 午後 1:37 のん

顔アイコン

ゆかりさん、こんにちは。

僕は、生まれついて体重が軽いし、薬の副作用で、かなり体重も軽さを増してるので、ダイエットする方の気持ちがよく理解出来ないです。
この記事は、体重の重い方には福音かもですね^^

2014/1/5(日) 午後 2:04 [ りんご ]

顔アイコン

<治療薬に『GLP-1』というのが
<あるらしいけど日本でサプリとして販売されないかな?
<サバ缶がイイって聞いて食べてたけど、
GLP-1は日本でも処方薬で売っています。インスリン分泌促進作用です。いわしでも良いです。

2014/1/5(日) 午後 5:19 ゆかり

顔アイコン

<それ飲めばやせれる!って簡単に思っちゃダメなんですね。
簡単にやせられますが、眠ることは出来なくなります。

2014/1/5(日) 午後 5:21 ゆかり

顔アイコン

<薬の副作用で、かなり体重も軽さを増してるので、ダイエット
この薬はリタミンと薬理が同じです。

2014/1/5(日) 午後 5:22 ゆかり

顔アイコン

燃焼が大事だおね。
やっぱり内側からメラメラ燃えにゃいとね〜ww

2014/1/5(日) 午後 11:47 [ - ]

顔アイコン

こんにちは

早速転載させていただきます。

2014/2/28(金) 午後 3:04 [ 慌てん坊将軍 弐拾壱 ]

アバター

こちらも転載させてくださいね。

肥満には気を付けなくっちゃ。。^^

2014/6/6(金) 午前 6:59 esumakku21(2)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事