医学部ゆかりの医療ブログ

医学的に分析し 安心と快楽を提供します。

全体表示

[ リスト ]

 こんにちは、ゆかりです。  

 私たちは、ナッツ類の種の部分を食べています。芽を出してみずから光合成ができるようになるための栄養分をため込んでいる部分です。だからさまざまなな栄養がぎゅっと凝縮しているんです。

 ナッツ類には、滋養強壮、精力増強の栄養素 亜鉛に加えてフェネチルアミンと言う脳内で「心がときめく」化合物の原料になることが最近分かってきました。 精力増強の上に「心がときめく」なんてもう最高です!


下記はNHK あさいち より

http://www.nhk.or.jp/asaichi/images/h1_icon01.png 美と健康の宝箱 ナッツ

専門家ゲスト :井上浩義さん(慶應義塾大学医学部教授)
ゲスト      :城之内早苗さん(演歌歌手)、山崎樹範さん(俳優)
リポーター   :高橋さとみアナウンサー
 今、美容や健康を気づかう女性に人気の「ナッツ」。アーモンドを食べると老化の指標となる数値が減るという最新の研究や、アーモンドを気軽に料理の中でとれるウラ技、くるみをダイエットに役立てる方法などを紹介しました。

※ご出演の井上先生によると、1日に、くるみやアーモンドを食べる適量は、無塩の素焼きのもので、あわせて片手に軽く一杯程度です。

http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/05/30/images/p02.jpg


“糖化”を抑えるアーモンド

 “糖化”とは、体内の糖がタンパク質と結びつくことによってAGEという老化物質に変わること。
AGEは、皮膚の「しわ」や「たるみ」の原因になるなど、体の老化と大きく関係しています。アーモンドには、“糖化”を抑える働きがあり、その結果、体の中のAGE値が減るのです。

アーモンドはいつどのくらい食べると効果的?

 慶應義塾大学の井上教授の研究によると、1日25グラム、25粒程度(アーモンドはおよそ1粒1グラムです。)を毎食後にわけて食べるのがおすすめです。目安は、“片手に軽く一杯”です。 「無塩」「素焼き」のものがおすすめです。

【アーモンドのとり方】
・1日25グラム
・毎食にわけて
・無塩で素焼き

※井上教授によると、スライスアーモンドやアーモンドプードルでも同様の効果が得られるそうです。

万能アーモンドダレのレシピ     (料理研究家 長谷川智永子さん監修)

<材料>
・アーモンド・・・60グラム(皮付きで、オーブンなどで、から焼きをしたもの)
・オリーブオイル・・・大さじ8
・しょうゆ・・・小さじ2分の1
・しょうが(おろし)・・・6グラム

<作り方>
アーモンドを厚めのポリ袋などに入れて、麺棒で上から押しつぶして砕いたものに、オリーブオイル、しょうゆ、しょうが、をまぜればでき上がりです。密閉できるビンに入れて冷蔵庫で2〜3週間もちます。

万能アーモンドダレの使い方

肉じゃが、ミートソースは、「1人前につき大さじ1」を仕上げの段階で入れて、よくからめればコクが増し、食感もよくなります。いつもの料理がランクアップします。

応用編 バンバンジーダレ(4人分)

<材料>
・万能アーモンドダレ・・・大さじ4 
・さとう・・・大さじ1と3分の1
・しょうゆ・・・大さじ1と3分の1
・酢・・・小さじ1

<作り方>
材料を全部あわせてよくなじませれば完成です。

http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/05/30/images/p04.jpg

【使える!万能アーモンドダレ】
他にも、さばのみそ煮や、かぼちゃの煮物に加えたり、納豆やトースト、生春巻きやオムレツのソースにしたり酢を加えてサラダのドレッシングにするのもオススメです。

アーモンドで便秘改善!

 アーモンドには、ごぼうの2倍、さつまいもの4倍の食物繊維が含まれています。
食物繊維で便のかさが増し、脂肪分で便をなめらかにして排出しやすくなります。
※便秘のタイプによっては、食物繊維によって、より便秘が悪化する方もいらっしゃいますのでご注意ください。


くるみの産地・長野県東御市で食べられている“くるみみそ”のレシピ

<材料>
・むきくるみ・・・100グラム
・みそ・・・100グラム
・さとう・・・100グラム、
・みりん・・・大さじ1
・酒・・・大さじ2

<作り方>
まず、むきくるみをフードプロセッサーで細かく砕き、くるみパウダーを作ります。あとは材料をよく混ぜるとできあがり。ごはんのお供に、こんにゃくや野菜につけて食べるのがおすすめです。

くるみがゆのレシピ(朝鮮料理家 ジョン・キョンファさん監修)

<材料>
・米・・・60グラム
・ごま油・・・小さじ2
・水・・・500ミリリットル

・くるみ・・・40グラム
・水・・・50ミリリットル

<作り方>

  1. 米は洗って水につけ、ザルにあげて水気を切る。
    ハンドミキサーで少し粒感が残る程度につぶす。
  2. くるみは熱湯に浸して表面の薄皮を竹串できれいに取り、フライパンで軽く炒る。
    水50ミリリットルを加え、ハンドミキサーでなめらかになるまでつぶす。
  3. 鍋にごま油を敷き、米を炒める。もったりしてきたら水500ミリリットルを加え、弱火で炊く。
    時々かきまぜながら、じっくり火を通す。(約10分)
  4. ある程度火が通ったら、くるみを加え、ゆっくりかき混ぜながら弱火で5〜6分炊きあげる。

転載元転載元: 医学部ゆかりの医療ブログ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事