医学部ゆかりの医療ブログ

医学的に分析し 安心と快楽を提供します。

全体表示

[ リスト ]



LAX(LA国際空港)また、韓国人'強圧的'入国審査

▶英語下手だと、2次審査
▶韓国人調査官'売春'断定、15時間の調査、強制出国


LA国際空港(LAX)を通じて米国を訪問する韓国人女性たちのうち、入国審査過程で不法滞在および遠征売買の疑いを受けて2次審査台に送られ、強制出国がなされる場合が絶えず発生している。
韓国で自営業を営む韓国人旅行客のイ某氏(27♀)とパク某氏(34♀)は、サンディエゴに居住する知人を訪問する目的に、4日午前、アシアナ航空便を通じてLA国際空港から入国した、連邦税関国境保護局(CBP)の入国審査過程で英語が下手なので、意思疎通に問題が発生した後、結局2次審査台に送られた。
イ氏とパク氏は2次審査過程で訪問の目的や所持した現金の金額などを問題視され、税関国境保護局要員の強圧的な調査が行われたと主張した。

パク氏は"2次審査を受ける過程で韓国人調査官に会ったが、私たちを売春をするために来たと断定し、質問をした"、"サンディエゴの知人と関連し、どの家族もないのに来られることがあるのかと追及して10日間旅行をして帰るという人々がどのように現金が400ドル余りしかいないのと強圧的に話した"と主張した。

また、これらは2次審査過程で、個人的内容などが盛り込まれたカカオトークメッセンジャーまでも閲覧するなど、屈辱的な調査を受けたと主張した。
結局、イ氏とパク氏は15時間の調査の末に入国を拒まれて翌日の未明0時40分の飛行機に乗って韓国に帰らなくてはならなかったと明らかにした。

このようにノービザで米国を訪問する韓国人女性たちのうち、滞在目的と居住地が不明だという理由で入国審査過程で2次審査台に送られ、長時間の調査を受けた後、釈明にもかかわらず、入国を拒否される韓国人たちが発生している。
特に若い女性で風俗店従事者と疑われる女性たちの場合、審査過程で徹底した調査を行う場合もあることがわかった。
これと関連の専門家らは、ビザの所持者は、入国審査の際、関連事項を証明できる書類、ノービザ観光客は現地滞在地及び、往復航空券と本国に帰国意思を明らかにしたほうがいいと助言している。

最近、韓国で米国を訪問した20代の男性はニューヨーク空港を通じて、ノービザで入国しようとして入国審査台で、2次審査に引き渡されて調査を受けた後、結局は強制出国措置された。 この男性は入国の目的を観光と明らかにしたが、移民税関国境警備局(CBP)審査官は韓国で大学を卒業した後まだ職場を見つけられずにいた点を問題視して'不法就業の意図が憂慮される'という理由に出国命令を下したのだ。


イメージ

▲入国審査に引っかかった韓国女性が2次審査へ案内されている。


先月LA国際空港(LAX)を通じて米国に入国する新たな韓国人男性も、入国審査台で出国措置を受けた場合。 この男性の場合、審査官が質問した入国の目的について'LAが気に訪問したの'と答弁をしており、入国審査官は彼が旅行以外に他の目的があると判断して空港で韓国に帰れという措置を下したというのだ。

韓-米ビザ免除プログラム(VWP)の施行以降、ますますややこしくなっている入国審査によってこのように不法就業など入国意図が疑われ2次審査台に送られ、苦境に立たされたり、入国を断られる事例が続いている。 13日、LA空港や移民の関係者たちによると、無ビザプログラム施行後、入国審査でこのような理由で2次審査にまわされる場合が大きく増えており、入国をできないまま、強制出国される場合も月100人の割合で発生していることが分かった。 このように入国が拒否される事例は大半が電子旅行許可制サイトに過去の記録を事実と異なることを虚偽作成し、入国審査台で摘発される場合がほとんどだが、韓国から米国を訪問する若い女性たちのうち、滞在する住所地を正確に分からないか、曖昧な返事をする場合も、厳しい入国審査の対象に分類されるというのが、移民法専門家たちの説明だ。 実際に先月のノービザで入国をした韓国国籍の女性も2次審査台に送られ、数時間にわたって追加調査を受ける被害を経験した。

イメージ


ダレス空港を通じて入国しようとし、20代の韓国人が追放された事件をきっかけに、ワシントンの韓国人社会でも、米入国審査への不安が加重されている。
特に追放された金某氏が本国で適法な手続きに短期商用ビザを受けたにもかかわらず入国審査官は「観光目的の入国ビザ発給事由と違う」という理由で追放を決定したものであり、衝撃がより一層大きい。
実際、今年に入って空港の入国審査が強化されLA、ニューヨーク、シカゴなど韓国人の入国が多い空港では、これまで別の問題がされなかった理由のために追放措置を受ける場合が頻繁に発生している。
最近では、入国審査の1次審査に続き、空港内で行う2次審査ですぐに「緊急追放」措置を下す場合も頻繁して、弁護士選任をによる再審査の申請などの手続きを踏むのも難しくなった。したがって訪問ビザや永住者に関係なく、入国理由を表明したときに、細心の注意が求められている。

イメージ

▲子供たちをあつめて入国審査の練習をしてみたり(ソウル)


まず、短期商用/観光ビザ所持者の場合は、自分のビザ発給事由に基づいて正確な入国目的を出せなければならない。ビザ発給事由と入国目的が異なるのは、最も基本的な入国拒否の理由となる。特に一般的な入国審査台で行う1次審査と、特別な事由がある場合別室で実施する2次審査では、同じ答えをすることも重要である。
28日、最終的に追放されてソウル行きの飛行機に乗ったキム某氏は、米国企業の技術研修推薦短期商用ビザを出したが、2次審査で「親戚と会って観光もするだろう」と答えたことが裏目に出た。
子供に会いにDCにきた韓国人女性は、2次審査で「時間のあるとき隣の子供たちも見てやった」と述べたが、「不法就労」の疑いで追放措置を受けた。特に2次審査を受けた韓国人は、審査官が追放時の不利益を先に言及し、「正直に打ち明けなさい」と言うと緊張した状態で、あらかじめ念頭に置いたものとは異なる答えをして追放措置を受けた。

成績 卒業証明書の提示が必要なのは韓国人だけ
観光ビザできる成績/卒業証明書を所持したか、季節に合わない服を持っているなど、訪問の目的と合わない持ち物を持っている場合、入国審査官の疑惑を受ける確率がさらに大きい。
長期滞在ビザで米国に居住する場合、出入国に先立って、自分の米国内の状態や海外旅行の理由などを証明することができる文書を所持するもしかしたらあるかもしれない床を事前に防ぐことができる。
運転免許証などの単純な居住証明のほか、会社の名刺、出張命令書、税込み証明などを用意していたが、入国審査時に提出することもしたことがある。
永住権者であっても、入国審査に自由ではないのが最近の現実である。先月、ニューヨークでは、永住権者である40代の男性が韓国で数ヶ月ずつ長期滞在したという理由で追放裁判にかけられた。
4年前の永住権を獲得した後、3ヶ月、10ヶ月ずつ繰り返し、韓国を訪問したが、男性に移民局は、「米国内の滞在期間より海外滞在期間がより多く、米国永住権を取得した理由が納得されない」という理由を付けた。
20年前の取得永住権の申請書類が虚偽という理由で一家が追放の危機に置かれたのも発生した。
詐欺、麻薬、強姦、暴行などの不道徳な犯罪記録がある永住者は、入国審査時に犯罪歴が一緒に浮かんで、いつでも追放命令を受けることがある。最近にもある韓国人男性は10年前に無嫌疑で釈放された犯罪記録のために関連の裁判記録を探して無嫌疑を証明するまで15日間拘置所に収監された。
この韓国人男性も入国当時無嫌疑の状況を証明することができる裁判記録を所持していた場合不利益を避けることができただろう。

出入国申告書の前面には入国者、名前とパスポート番号、生年月日を書くようになっている。 訪問者の場合、居住する住所をちゃんと記載しなければ、入国拒否事由になることがある。 このほか、犯罪記録があるかどうかを詳しく読んで表示したあと署名して提出しなければならない。
特にCBPは最近、宿泊するホテルやモーテルの名のほかに住所も少ないものを要求しており、細心の準備が必要である。 入国審査過程で居住地住所がデータベースと一致しなかったり、要注意の場所に登録されている場合、2次審査台に送られて再調査を受けることがある。

質問への回答は、几帳面に
ノービザ入国者は審査官にパスポートと韓国でプリントして、持ってきたESTA書類往復パスポートを提出した後、旅行や知人訪問事業などの訪問理由を説明すればよい。 CBPは居住地がホテルがない場合、親戚や友達の家など具体的に言うのがいいと助言した。
これと関連して、大韓航空のキム・ミンテ入国チーム長は、"ノービザ承認書類を持って来なかったり、出入国申告書に住所などの情報をまともに記載しなかったりすれば、インタビューが長引いたり、2次審査台に運ばれる場合がしばしば発生する"、"入国審査台に到着する前に必要な書類を準備するのが入国審査時間を繰り上げることができる"と助言した。

十の指を指紋撮影
空港での指紋採取は先に親指を採取し、四本の指を一度に集めて撮る。 CBPは最近人事交代した指紋採取機械がジェルタイプになっており、この前より指紋採取時間が短縮されたと明らかにした。 CBPによると、入国者1人当たり指紋撮影に消費される時間は30秒~1分前後。
永住権者の指紋採取を十本の指で拡大した理由は犯罪者を逮捕したいからだ。 犯罪現場で発見される指紋が親指がない場合、犯人追跡が容易でないためだ。 しかし、すべての永住権者が十本の指の指紋を撮影することはない。
CBPによると、入国記録や身元照会で別状がない場合、2回目の入国審査からは親指だけ撮影できると説明した。 また、14歳未満の青少年と79歳以上の高齢者の指紋採取は除外された。
一方、顔写真の場合、入国審査の時ごとに再撮影することになるが眼鏡を着用した入国者数は眼鏡を外して正面写真を撮る必要がある。


(まとめ:みそっち)





入国の時、飲酒運転記録したり・・・'2次審査'韓国人続出
空港でなんと6時間も足止め状態

最近、ビジネスのために韓国を訪問したイ某(45)氏は、LA国際空港で4時間ぶりに入国許可を受けて家に帰ることができた。
永住権者である李氏は、入国審査台で指紋撮影を終えるとまっすぐ2次審査台に案内された。 理由は10年前に逮捕された記録のためだった。当時、飲酒運転で摘発された裁判所で無罪判決を受けた李氏の記録が入国審査台で指紋の撮影中に明らかになったのだ。
10年前のことだから忘れていたイさんは"幸い、時間が経っており、他の逮捕記録がないという理由で審査官が入国許可を与えた"と胸をなでおろした。

今月初め、海外旅行を発った入国した永住権者のチョン(34)氏も、入国審査台で指紋を撮影した後、3年前、飲酒運転容疑で逮捕された記録が出て2次審査台に送られ、およそ6時間ぶりに空港を出ることができた。
空港の入国審査過程で数年前の飲酒運転や軽犯罪容疑で逮捕された記録が問題となっており、2次審査台に行かなければならない韓国人が続いている。
このような現象は今月から犯罪記録を持っている永住権者や外国人たちが入国する場合、空港で直接追放の手続きを踏んだり、拘禁させる新しい規定が施行された後、目に見えて増加している。
空港関係者によれば、追加調査を受ける韓国人らの多くは、当時の記録や判決結果を知らない場合が多く、やや間違えれば空港で拘禁されたり追放措置まで受けるケースも生じており、注意が望まれる。
空港で入国審査を担当している税関国境保護局(CBP)は新規定によって、犯罪記録に従って入国する永住権者や外国人を現場で逮捕して移民拘置所に拘禁した後、追放の手続きを踏んでいる。
CBPはまた、今年から海外から入国する永住権者の指紋を採取して犯罪経歴有無を確認している。


◇ ◇ ◇ ◇

叩けばホコリの出るからだですからね  ふふっ



イメージ

だってぇ 韓国人でしょ 超ムリ





転載元転載元: minaQのつぶやき 네토미나


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事