医学部ゆかりの医療ブログ

医学的に分析し 安心と快楽を提供します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 こんにちは、ゆかりです。 

 最近イライラすることが多く、ちょっとしたことで頭にカッときてしまい、気分が冴えない…と不安定なその気分は、セロトニン(神経伝達物質)が関係しています。イライラ解消、肩こり予防にも効果のあるセロトニン・ストレッチをご紹介します。太陽の光にあたってすると効果的です。

執筆者:檜垣 暁子

セロトニンは姿勢にも影響?

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero2.jpg
セロトニンは背骨を支える筋肉にも関与するといわれています

私達の脳の中には、約1兆個の神経細胞があり、あらゆる情報が神経細胞から神経細胞へ伝わっていきます。その時に重要な働きをするのが、神経伝達物質です。

感情のコントロールに関わる神経伝達物質「セロトニン」は、生活のリズムが乱れることで不足してしまい、人とのコミュニケーションがうまくとれなくなるといった心配も生じてきます。(※セロトニン以外の神経伝達物質とのバランスも大切です)
 
そして、セロトニンは背スジを伸ばし姿勢を支えるための筋肉にも作用するという実験結果もあります。しっかりと朝の起床時にセロトニン神経系が働くようにしたいものです。

パニックとセロトニン

 ヒトが強いストレスにさらされた場合に、血圧や心拍数を上昇させるといった交感神経系の働きが高まりますが、これにはノルアドレナリンが関係します。

セロトニンは、ノルアドレナリンを抑制する働きがあるため、セロトニンが不足すると、強い恐怖感や不安感に見舞われパニックを起こす可能性があると言われています。

長期間に渡るストレスの強い生活では、セロトニン不足を招き、感情のコントロールが不安定になりますので、生活のリズムを整える他にも生活環境は大切です。
 

セロトニン不足で痛みに敏感に?

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero1.jpg
セロトニン不足でイライラしがちに
セロトニン不足では、気分的な問題も生じますが、痛みに対しても敏感になるとも言われています。これは、セロトニンのもつ鎮痛効果が不十分になるためです。その他の症状についても挙げてみましょう。

■セロトニン不足の症状
  • イライラして攻撃的になりやすい。
  • 朝、起床後の気分がすぐれず、体を動かす気になれない。
  • 気持ちが晴れず不安定。
  • きれいな姿勢をシャキっと保ちにくい。
  • 周囲とのコミュニケーションがとりにくくなる。
  • 少しのつらい出来事、状況に耐え難くなる。

     

イライラ解消! セロトニンストレッチ

 セロトニン分泌には、朝の太陽の光を浴びることも大切なため、朝のラジオ体操はとても適していると思います。しかし、出勤前の慌しさで朝は時間の無い人が多いです。


そこで、セロトニン分泌を高めるための重要ポイント「一定のリズム」をとりながら動かす、ということを意識してストレッチを行ってみましょう。オフィスでのイライラと肩こりを解消しましょう!
 

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero4.jpg
1. 立ち姿勢でも座っていても結構です。顔を正面に向けます。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero5.jpg
2.そのまま顔を下にむけます
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero6.jpg
3.両肩をすくめ、脱力を繰り返します
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero7.jpg
4.頭を右に傾けます
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero8.jpg
5. 頭を右に傾けたまま「右肩をギュ〜っとすくめて脱力」を3回繰り返します。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero9.jpg
6. 次に同様に頭を左へ傾けます。
7.左肩をすくめて、脱力を繰り返します
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero11.jpg
8. 解りやすいように正面からの写真です。次に10秒間かけて弧を描くストレッチです。右に頭を倒し左頚部を伸ばします。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero12.jpg

9. 右斜め下に頭を傾け、左後頚部を伸ばします。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero13.jpg

10. 頭を正面へ動かしていき、後頚部を伸ばします。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero14.jpg

11. 左斜め下に頭を傾け、右後頚部を伸ばします。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero15.jpg

12. 左に頭を倒し右頚部を伸ばします。

セロトニンストレッチの後半での弧を描くストレッチでは、8〜12の動きを流れるように10秒間かけて行うことで、後頚部全体を伸ばすことができます。ゆっくり動かし、痛みが出るようでしたら中止してください。

更新日:2013年08月18日
 こんにちは、ゆかりです。  

 食欲抑制薬には、脳の中枢神経に作用させて、食欲を抑える強烈な薬があります。その名はマジンドール マジンガーZじゃないですよ!

 マジンドール(サノレックス)は食欲抑制薬で覚醒剤と類似しています。

 薬に強烈な依存性があるため、保険適用はBMI35以上の高度肥満症のみです。投与後1ヶ月で効果測定を行い、効果が無ければ中止になり、効果がある場合にも、健康保険適用上の投与は3か月が限度されている薬です。

  覚醒剤と同じです。覚醒剤は精神疾患、食欲抑制剤に使うととても効果があります。

 薬理機序は 脳内でのノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンの再取り込み阻害になります。抗うつ薬のSSRIはセロトニンの再取り込み阻害し、SNRIはアドレナリン、セロトニンの再取り込み阻害になります。

肥満症とはどんな病気かhttp://cmm001.goo.ne.jp/img/logo/goo.gifhttp://cmm001.goo.ne.jp/img/sn/sn_99.gif

 肥満とは単に体重が多いことではなく、脂肪組織が過剰に蓄積した状態のことです。 肥満自体は病気ではありません。体脂肪は、エネルギー補給機能、体温を維持するための断熱作用、内臓の保護作用などのよい役割ももっています。
 
しかし、肥満があるとさまざまな健康障害(合併症)を起こしやすいことが問題です。肥満に基づく健康障害を合併した場合や、その危険が高い場合を「肥満症」といいます。

体重の調節メカニズム
  成人では、このバランスが維持され、体重は変化しないように調節されています。すなわち、体重が減少すると食欲が亢進してエネルギーの消費は減少し、逆に体重が増加すると食欲が低下してエネルギーの消費は増加します。
最近、こうした調節にはさまざまな因子が関わっていることがわかってきました。そのなかで、食欲の調節には脂肪細胞から出るレプチンという蛋白質が重要な役割をしています。レプチンは脳の視床下部(ししょうかぶ)というところの満腹中枢にはたらいて食欲を抑えるはたらきがあり、レプチンがなくなった動物では著しい肥満になることがわかっています。

食べすぎ
 なぜ食べすぎになるのでしょうか。通常は、すでに述べたレプチンなどによって満腹中枢が刺激され、私たちは食べすぎないようになっています。
遺伝的にレプチンに異常があるために肥満が起こってくることはまれです。むしろ、肥満した人の多くではレプチンは増えていることがわかってきました。おそらく、レプチンのはたらき、あるいは満腹中枢の機能が障害されているものと考えられています。

食べすぎを引き起こすきっかけとしては、ストレスが重要と考えられています。強いストレス状態におかれると、手元にある食べ物を手あたり次第に食べてストレスを解消しようとする「気晴し食い症候群」といわれる状態がありますが、多くの肥満者が食べることでストレス解消を図っていることがわかっています。

さらに、食べすぎが続くと胃が大きくなって、たくさん食べないと満腹感が得られないようになることも問題です。さらに食べすぎて、肥満が進行する原因になります。

食べ方の誤り
 意外にも、肥満者のかなりの人は食べすぎではないことがわかっています。こうした場合、食べる量よりも食べ方が問題です。食事回数と肥満との関係をみてみると、食事回数が少ないほど太りやすいのです。

すなわち、朝食を抜いて夜に多く食べるなどの「かため食い」は、食べた栄養が吸収されやすく、過剰エネルギーをもたらすことで肥満につながりやすいのです。食事の回数が減ることで、食事摂取時の熱産生が減ることも原因と考えられています。
1日の摂取量の半分以上を夜に食べる「夜食症候群」も太りやすい食べ方です。夜は消化管の機能が活発になり、食べた物が貯蔵エネルギーになりやすいと考えられます。また、「早食い」もよくありません。満腹感を感じにくく不必要に食べすぎることになります。

運動不足
 運動不足は、血糖値を下げるはたらきをもつインスリンというホルモンのはたらきを低下させて、血糖を正常に保つのに必要なインスリン量を増やしてしまいます。この時のインスリンは、血糖値を下げる力は弱まっているのに、脂肪をつくる作用は弱まっていないために、体のなかで余分なエネルギーを脂肪に変えることを促進することになります。

さらに運動不足は、筋肉量を減らし、安静にしていても体温を維持し生命活動を保つために使われる基礎代謝で使われるエネルギーを少なくしてしまいます。また、脂肪合成酵素のはたらきも高まるので、脂肪が体のなかでつくられやすくなります。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事