歴史散歩とサイエンス

四季折々、思いつくままに (2015/04/18開始)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 4

イメージ 2

イメージ 3

カクレミノ(隠れ蓑、ウコギ科、常緑小高木) 街路樹 金沢市鞍月、2015.7.14.

 一昨日(7月14日)金沢は、晴れの天候に恵まれ、また、太平洋高気圧、台風(11号)、梅雨前線などの影響で、フェーン現象も見られ、正午頃に気温は34.5℃と暑くなりました。

 その頃、近くの県庁西街を散策中、主要道路に挟まれた細い路地通りに、梅雨どきには珍しい、大きい葉の花木、カクレミノ(隠れ蓑、ウコギ科)の街路樹が目に留まり、しばらく観察したのち、その光景をデジカメに収めました。 

 カクレミノ(隠れ蓑、ウコギ科、常緑小高木)は、主に西日本の山地に分布し、庭木にもなります。葉が大きくて、それを着ると身を隠すことができるという、蓑(みの)に見立てたことが、その名の由来となっています。 

 葉は枝先に集まり、大きなものは12cmほどで、光沢があり、老木の葉は倒卵形で切れ込みがないが、若木では深く3〜5裂します。 夏、7〜8月、小枝の先に花びらが5枚の淡黄緑色の小花を多数咲かせます。

(Link)
 〇 梅雨どきの花木(7月14日)、県庁西街の細い路地通り、珍しい街路樹、大きな葉と小さな淡黄緑色の密集花、カクレミノ(隠れ蓑)、とは(2015.7.16): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-222a.html
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事