全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

広域圏市町村組合の予算が組めなかったことについて先日書いた。

その原因として美里の処分場の件があると説明されたわけだが、いまひとつ理解できないので今日「小山川クリーンセンター」へ単身視察に行ってきた。

写真は右から焼却飛灰、焼却灰、スラグ(焼却灰を炉で熱し固めたもの)、固化物だ。
美里の処分場へはこれまで、スラグと固化物が運ばれていたらしい。
熔融炉が止まったことで、今後はスラグの生成ができなくなるため固化物のみが搬入されるとのことである。
つまり、これまで運ばれていた二種類のもののうち、一種類がなくなって固化物(ジャンボフランクというか、五家宝の王様といった感じ。焼却飛灰をセメントと薬品で固めたもの)のみが運ばれることになったというわけだ。
取り立てて問題は無いと感じた。

熔融炉を止める事になった理由も、.好薀芦修靴覆ても焼却灰を引き取ってくれる民間業者が数社あること、⇒侏始Г壊れやすいこと、M侏始Г琉飮管理費が多額になることが予想されるなど非常に明確で、これのどこに問題がると言うのか正直想像できない。

もっとも、熔融炉がプラント完成時からトラブル続きで本来の性能を発揮することができず、製造元の川崎重工が費用負担しずっと維持管理を続けてきたことは驚きだし、ようやく本来の性能を発揮することができた為はれて本庄市に引き継げるようになったこと。引き継ぐにあたり年間維持管理費を確認したところ約2億円位かかりそうだと言われたため熔融炉をストップすることになったことなどを聞くと、我々の税金て何に使われちゃっているんだろうと憤慨してしまいますが。

結局広域圏の予算議会が流会になってしまった理由は、結局皆さんに説明できるようなはっきりしたものが無いので、私としては本日広域圏市町村県組合に「流会になった理由を文書で示してほしい」と申し入れしてみました。

また報告したいと思います。

さらにつづく。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事