全体表示

[ リスト ]

クリーンセンター見学

イメージ 1

先日他地域のクリーンセンターを見学してきた。

地元の小山川クリーンセンターは何度も見学したことがあるがなかなか隅々まで見せてもらえたわけではなく物足りなかったので、他の地域に足を伸ばしてみたわけだ。

まず最初に感じたのは、施設で働く方々は結構危険なことをしてるという事だ。

水をまいて滑りやすくなっているところ(柵も無し)で、10メートル下の巨大ゴミ箱にごみを落とす。
スプレー缶やガスボンベなどが含まれている時には、粗大ごみの破砕機が爆発することもあるそうだ。
その威力は結構強烈で、手榴弾より爆発の威力は大きいんじゃないかと関係者は話していた。

その施設も以前は行政が管理運営していたが、現在は民間管理に移行しており随分改善が進んだらしい。
危険場所を知らせる標識の設置、スプレー缶などを安全に廃棄するための機械の導入などソフトからハードまで幾多の改革を行なった話を聞くことが出来た。
そのために使ったコストと、万が一の事故や故障が起こった場合の保証を考えると非常に効率の良いリスク回避が出来ているようだ。

しかしそれでも行政は、「お金がないからその安全対策は後回し」などと言っている点も多いと聞く。
私が見た限りでは早急に対策が必要なのに。
どうも行政と民間ではやはりまだまだ温度差があるようだ。

ちなみに写真が時々爆発する粗大ごみ破砕機で、上部に爆発を逃がすための穴があり屋上まで続いている。爆風で屋上の開閉口が押し上げられて壊れることも珍しくない。

現在この地域ではごみの収集は業者委託しているが、維持管理は広域圏市町村組合が行なっている。
維持管理も早く民間に移行するべきだと私は考えている。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事