情報収集中&放電中

拒否ユーザーと記事無しの方のコメントは、公開を致しません。

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1

東京・八王子市芸術文化会館大ホールで「祝福原理大復興会」なる催しが開催されたのは、10月11日。

 この聞き慣れない奇妙な名のイベントを主催したのは世界基督教統一神霊協会(以下、統一教会)多摩東京教区だ。

 今回のイベントでは、信者による“証し”と呼ばれる信仰告白などが行われたが、メインは日本統一教会の徳野英治会長の特別講演会、「世界の平和は祝福結婚から」だ。

「祝福」は「国際合同祝福結婚式」の略称で、歌手の桜田淳子らが1992年、参加して物議をかもした統一教会の重要な宗教行事の一つだ。

 徳野会長は合同結婚式について「家庭は愛の学校」「祝福結婚から世界平和が実現する」などと熱弁を振るったが、このイベントになんと、安倍首相側近である自民党の現職国会議員らが来賓として出席したというのだ。
 
自民党から在京キー局に「一つ公平・公正な報道をお願いします」と圧力がかかった要望があったのを既に記事にしたんだけど、せっかくなので俺も在京キー局に並んで公正な報道を心がけて、今日から一日一回くらいはGDPのすさまじいマイナス、増税してもしなくてもアベノミクスがどうせ失敗していただろうロジックなんかを毎日紹介しようと思う。
 
やっぱり公正が一番だよね。
GDPのマイナスをもっとどんどん報じないと、ただでさえ有利な自民党の落ち度が見えてこず野党の不利さが際立つような気がするし、嘘でおだてあげたりするのも良くないと思うし、英霊を連呼しながら統一教会に秋波を送っている不都合な事実ももっとどんどん表沙汰にするべきだよ。
やっぱり公正というのは事実の垂れ流しに限るわけで、裏を取る時間がない場合は事実をあるがままにみんなに知らせるのがベストだろうしw
 
それにしてもすごく不思議なんだけど、統一教会の応援を受けて何を得するかというのがいまいち理解できないんだよなぁ。
信者だって全体で数十万人で、全部が票になったって全体で見たらマイナスでしかない気がするんだけど。
 
数十万人の票田とそれ以上のネガティブなイメージのせめぎあい。
 
統一教会というのは若い人は想像もつかないだろうけど、まだ平成にならない頃から日本でカルト活動を行っていたカルト宗教団体だ。
家で昼下がりの時間にのんびりしていたらバター飴や貝柱の干物(バター飴はちょっと美味しかった)を売りに来て、必死の形相で買ってくれという。
 
「いや、別にいらないかな」と言おうものなら、玄関先で踊りとか歌とかパフォーマンスをやりだして、いたたまれなくなって買うまで居座る。
高齢者には数百万円の坪を霊感商法で売りつけたり、純真無垢な女子大生に従軍慰安婦問題とかの芝居や映像を繰り返し見せて洗脳し、贖罪意識を持たせて合同結婚式に参加させるなど相当根深い活動を繰り広げていた。
 
つまり、こういうイベントに出席するのもあるのかもしれないけど、割と幅広い年代でかなりネガティブなイメージを持たれていて、正直出席して祝辞を言って得すると思えないんだよな。なんで行くんだろ?
 
活動は主に大学のサークルなどを偽装して信者を開拓したり、道端で気功治療と称して珍妙なパフォーマンスを行って、引っかかった人に執拗に食い下がって洗脳するというものだ。
そういった活動に「合同結婚式で行方不明になった日本人女性がおり、みんな洗脳されている」と有田芳生が立ち上がって信者の救済活動をやっていた。
 
時には洗脳された信者が「有田芳生の洗脳で信仰を邪魔されている」と警察に駆け込んだりして、救済が悪いのか統一教会が悪いのかみたいなネガティブキャンペーンが行われたりな。
これは、そのうち勧誘された信徒が騙し取られた金の返還請求訴訟を起こしたりして実態が明らかになり、有田芳生は間違ってなかったことが証明された。
 
萩生田光一氏に限らず日韓議員連盟や韓国シンパの自民党議員が、勝共連合とのつながりで親密な関係をもち、救済活動を繰り広げる有田芳生の邪魔でもしていたのじゃないかと勘ぐっている人も多い。
つまり、自民党とはかなり親密な関係にある宗教団体で、切っても切れない関係があるんだろう。
 
今のところ萩生田光一氏に胡散臭い視線が向けられているけど、個人の問題というよりは党全体の問題と捉えるべきだろう。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事