情報収集中&放電中

拒否ユーザーと記事無しの方のコメントは、公開を致しません。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

太田理財局長「総理夫人だから」重大証言におおっ!
[2018年3月20日9時47分 日刊スポーツ ] 
 
 
イメージ 1


 森友学園をめぐる財務省の文書改ざん問題で、連日追及を受けている同省の太田充理財局長が19日、参院予算委員会集中審議で「重大証言」をした。改ざん前の文書に、安倍晋三首相の昭恵夫人の名前が書かれていた背景を「基本的に総理夫人だからだと思う」と述べた。文書作成者が、総理夫人の影響力を認識していたことを認めた形。委員会室は「おおっ」とざわついたが、首相は夫人の関与を否定し続けた。

 官僚答弁が多い太田理財局長が、踏み込んだ答弁で委員会室をざわつかせた。


 共産党の小池晃氏が、改ざん前の決裁文書に、政治家とともになぜ昭恵夫人の名前があったのか、疑問をぶつけた。首相は、自身や夫人の関与を一貫して否定しているが、太田氏は「基本的に総理夫人だからではないかと思う」と明言。文書を作成した近畿財務局の職員が総理夫人の影響力を認識していたとの見方を、初めて示した。太田氏は16日も、改ざんの背景に関し「政府全体の答弁を気にしていた」と首相答弁の影響を示唆するなど、踏み込んだ発言を続けている。


 小池氏は「重大な発言だ。総理夫人だから、関与しているから、書かれたんです」と感情を高ぶらせ、「夫人に関する記述は(交渉の)ターニングポイントで出てくる。太田氏が言うとおり、総理夫人だからだ」と指摘。夫人が鍵を握る人物との認識を強調した。


 首相は「まったく違う。私の妻でなければ(文書に)載りませんよ」と反論。「(文書にある夫人の言葉は)籠池(泰典)氏が述べたもの。籠池氏が妻の名前を出し、籠池氏がそう言ったという記述。籠池氏が言ったから(作成者は夫人の名前を)出したのだろう」と、籠池氏の名前を4度も出し、夫人の関与を否定。「名前が出ていることと、関与しているかは別」「私の妻が出てこない経緯でも、ほぼすべて削除されている」と無関係を主張した。


 ただ、現状で首相の答弁は、夫人の「代弁者」にすぎず、小池氏に「『夫婦の家庭内の会話』で、国会を乗り切ろうなんてあり得ない」と皮肉られた。第三者が立ち入れない夫婦の会話は「証拠」になるはずもない。野党は夫人の証人喚問は不可欠と、訴えた。

 首相は昨年2月17日の「関与があれば総理も議員も辞める」発言が、財務省を改ざんに走らせたとの見方を否定。「決裁文書は存在すら知らず、指示のしようがない」とも主張。議論は深まらなかった。【中山知子】

開く トラックバック(0)

イメージ 1
イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

代表的な清和会系の政治家は、福田赳夫=小泉純一郎=安倍晋三らである。対して経世会系は、田中角栄=竹下登=橋本龍太郎=小渕恵三らである。
両者の違いをきわめて簡単にいうと、清和会は米国の手下、経世会は日本独立やアジア外交重視の人たちである。ここに緒方竹虎から続く、自民党とCIA(ユダヤ権力)の癒着の歴史が関係している。
清和会は米国に有利な政策を遂行し、その報酬としてCIAからカネをもらい、勢力を伸ばしてきた。大手マスコミは一切報道しないが、岸信介がCIAに雇われたエージェントだったことは、後年になって情報公開された米国務省、米国立公文書記録管理局の資料から明らかになっている。
 

一方の経世会は、米国だけでなく、ヨーロッパやアジアとの関係も強化していこうという考え方だ。田中角栄などはまさにその代表である。

両者を比較するには、首相経験者の末路を追うとよい。その差は一目瞭然である。清和会はみな長生きで、政権も安定していた。一方、経世会はこんな具合だ。

田中角栄・・・ロッキード事件で失脚。脳梗塞に倒れる。
竹下登・・・リクルート事件で失脚。変形性脊椎症に倒れる。
橋本龍太郎・・・一億円ヤミ献金事件で政界引退。68歳で死去。
小渕恵三・・・任期半ばで脳梗塞に倒れる。62歳で死去。

政治家なら誰もが金まみれなのは当然だが、金丸信も、鈴木宗男も、小沢一郎も経世会である。これほどわかりやすい例もないだろう。これらの起訴は東京地検特捜部によって行われているが、この特捜部の前身が「隠匿退蔵物資事件特捜部」(米軍占領前に隠した資産などを探し、摘発する部署)であり、地検のキャリアはみなCIA(ユダヤ権力)の教育を受けていることが公式に明らかになっている。
結局のところ米国、つまり<彼ら>の支配を受け入れる者しか、この国では活躍できないようになっている。小泉純一郎は首相時代、米国のポチとして徹底的なまでに日本を売り渡し、徹底的なまでに格差を助長した。安倍晋三首相もその系譜をたどっているにすぎず、保守と呼ぶのもおこがましい。

★自民党「清和会」や東京地検特捜部や日本のマスコミはみな、
米国CIA(ユダヤ権力)の手先である。このことは歴史的に証明されている。

★代表的な日本の政治家の死を一覧で眺めると、

『清和会に対立した経世会の末路』
  
 (田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
 (経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
 (経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
 (経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
 (経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
 (経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
 (経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
 (経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
 (経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
  
 (清和会)岸信介    安泰
   (清和会)   佐藤栄作           安泰 
 (清和会)福田赳夫   安泰
 (中曽根派) 中曽根康弘      安泰
 (清和会)安倍晋太郎  安泰
 (清和会)森 喜朗      安泰
 (清和会)三塚 博   安泰
 (清和会)塩川正十郎  安泰
 (清和会)小泉純一郎  安泰
 (民間)      竹中平蔵           安泰
 (清和会)尾身幸次           安泰
 (清和会)  安部晋太郎        安泰
 (清和会)  福田康夫            安泰
 (麻生派)  麻生太郎            安泰
 (清和会)  中川秀直            安泰
 (清和会)  町村 信孝           安泰
対米従属派である清和会の政治家と違い、国益を重視して米国と一線を画して近隣アジア諸国などと独自の繋がりを模索しようとした経世会の政治家は、悉く失脚もしくは殺害の末路を迎えている。
 中川昭一の父親である中川一郎氏も、日本の近隣大国であるロシアからの、「米国石油メジャーとは別口ルートでの」原油輸入を画策し、入浴中、絞殺された。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

友人が見つけたTweetの回分。
イメージ 1

「嘘・安倍・麻生」
うそ・あべ・あそう
ウソアベアソウ

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

イメージ 2
イメージ 3

イメージ 1

 安倍自民党は、佐川前理財局長の喚問には応じると言いながら、その日程の決定は先送りしています。太田現理財局長は、森友学園に関する決裁文書の改ざんでは佐川氏も認識していたと答弁しています。 

 安倍氏、麻生氏は、知らんという姿勢を崩していません。もちろん知っていたなんて言うくらいなら、内閣総辞職もセットでしょう。佐川氏にすべての責任を押し付けて沈静化を図ろうというのですが、もはやその手段は通用しません。 

 多くの国民は、安倍氏が改ざんについての責任があると思っています。その責任の内容については軽重、様々でしょうが、安倍氏が知らないと言って通用する次元ではなくなったということです。 

 安保関連法などの強行採決によって支持率を急減させたときとは違います。そういった理由での支持離れであればまだアベノミクスに幻想を抱いている層などはほとぼりが冷めればまた安倍支持しに復帰しますが、今回の問題は、行政を歪め、特定の「お友達」に対するとてつもないえこひいきの問題だからです。 

 さて、ことの真相解明のためには佐川氏のみならず、安倍昭恵首相夫人の証人喚問は不可欠です。安倍応援団からは、安倍昭恵首相夫人を喚問しても何も出てこない、だから意味がないと言われています。果たして本当に意味がないのでしょうか。 

 もちろん決定的な証拠があれば、それを公表することになります。しかし、その場合でも当人の口から説明させる必要はあります。安倍内閣が総辞職したからといって免罪されるものではありません。 

 そのような「決定的証拠」がなかろうと、安倍昭恵首相夫人は国会で証言させなければなりません。数々の疑問に対して、安倍昭恵首相夫人はどのように説明するのかということが問われているからです。 

 同時に安倍昭恵首相夫人の付き人であった谷査恵子氏(現在、イタリア大使館一等書記官に栄転)に対する証人喚問も必要不可欠です。何故、近畿財務局に問い合わせをしたのか、それだけなのか、ご本人の口から説明してもらわなければならないからです。

 それから一番、重要なのは現在、与党、野党間で質問時間の配分において、与党自民党側が議席数に応じて質問時間の配分を要求し、現状において従来の慣行よりも野党の質問時間を短くしてしまっていることは大問題です。 

 与党自民党には自浄能力はありません。この森友学園、加計学園、強姦被疑事件強制捜査妨害のそれぞれの疑惑について、与党自民党内から全く真相を解明せよという声が上がってきていないどころか、西田昌司議員のように「佐川事件」などといって全ての責任を佐川氏に押し付けようとしているからです。 

 このような自民党にいくら質問時間を与えても全く意味がありません。滑稽レベルのヨイショ質問しかしないでしょうから、それはそれであざ笑いの対象にはなりますが、時間の無駄です。 

 結局、青山繁晴氏や平井卓也氏は今、どんな心境でしょう。今でもヨイショ質問が正しかったと思っているのでしょうか。
青山繁晴議員の前川前事務次官への質問が滑稽すぎる 安倍総理はまだ逃げるのか

 和田政宗氏は、相変わらずです。本当にひどいレベルの人です。与党に質問時間を多めに配分しても意味がないでは済まないくらい、ひどいレベルです。
閉会中審査 話をそらす前川氏」(ブロゴスより)
自民・和田氏「政権おとしめるためか」 太田理財局長に」(朝日新聞2018年3月19日)
「自民党の和田政宗氏が、民主党政権で首相秘書官だった太田充理財局長に「安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているのか」と詰め寄る一幕があった。」
 それから時間の配分だけの問題でもありません。しっかりと野党各党が質問ができるだけの時間を確保することです。これは国会の役割です。実際に質問するのは野党議員になりますが、本来的には国会に与えられた役割であり責務です。それを与党自民党は放棄している無責任極まるのですから、野党にしっかりとした時間を確保するのは当たり前のことです。

 安倍昭恵首相夫人はこれまでも付き人が5人も配属されていたというように政権内では特別扱いがなされていたことも周知の事実です。 

 私が、安倍昭恵氏を表記するにあたって、「安倍昭恵首相夫人」としているのも安倍昭恵氏がその地位があることを最大限に利用しているからです。付き人を介して近畿財務局に照会することなどもはや首相夫人の地位でなければできないことです。森友学園の名誉校長に就任したのも同様です。

この夫婦に日本の行政が私物化されてきたのだ
[画像をブログで見る]

 何故、ここまで安倍昭恵首相夫人が特別扱いされてきたのか、ということも遡って解明される必要があります。政権は口を閉ざしたままです。これを「アッキード事件」と言われているのにはこのように理由があります。山本太郎さんがこの言葉を口にしたとき、安倍氏が血相を変えて噛みついていましたが、森友学園ではまさに安倍昭恵首相夫人こそが主役であることは明らかでしょう。 

 安倍昭恵首相夫人だけが特別扱いされているとすれば、それはとりもなおさず安倍氏の意向が働いているからです。安倍昭恵首相夫人以上に強い影響力を及ぼすことができているからです。首相夫人が勝手気ままに我が儘に振る舞っていた、という次元を超えてしまっているのです。 

 時折、親族が勝手にやっていたという言い訳、特に「妻が〜」という政治家は多数いましたが、今回ばかりはその妻が主役になってしまっているので、「佐川が〜」と言わざるを得なくなり、崖っぷちなのです。

 もう「佐川が〜」でも通用しなくなるのは時間の問題であり、森友学園問題についていえば、安倍昭恵首相夫人に関わる人たちすべてを喚問し、真相が明らかにされなければならないことです。 

 それがまた他の加計学園疑惑、強姦被疑事件強制捜査妨害疑惑の真相解明の第一歩でもあります。日本の政治が安倍氏夫妻によってここまで私物化されてしまっているのです。曖昧にすることなど許されようはずもありません。 

 安倍昭恵首相夫人を喚問しても意味がないと言っている人たちは、何とか安倍政権を守ろうとするだけの安倍応援団にすぎず、このような主張に惑わされないように注意しましょう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事