ここから本文です
話のコレクション
興味深い話の収集。現代の「千夜一夜物語」

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

幻の錦晴殿

イメージ 1
 
 まぁともあれ、画像の建物を見て欲しい。
 これを見て、京都にある日本屈指の観光名所・金閣寺と思った人もいると思う。
 だが、これは似ているのだが、金閣寺ではない。
 
 愛媛県の奥道後温泉にあった錦晴殿(きんせいでん)という建物なのだ。
 これは金閣寺をモデルに建造したから、似ていて当然なのだ。
 純金15キロ、工費1億7000万円かけて、1966年に誕生した。
 それ以来、奥道後温泉の象徴であり続けた。
 
 石手川の清流に映し出される錦晴殿の姿は、見事であったと言われている。
 
 だが、もうその見事な姿を見ることは、できない。
 2001年の台風で、破壊されてしまった。その後は、ずっと閉鎖の状態なのだ。
 
 本家の金閣寺も、1950年に焼失し、現存のものは再建である。
 その金閣寺を模した建物も、台風でやられるとは因果は巡るといったところか。
 
 ちなみに、私は金閣寺のほうは行った事がある。再建した物とはいえ、池に映った姿は見事であった。
 

 
 世界的に有名な棚田(たなだ)といえば、フィリピンにある「コレディアの棚田」である。
 これは、世界遺産にも選ばれている。2000ヘクタールもあり、実際に見れば、スケールの大きさに圧倒される
という。
 
 日本にも、「世界遺産」に登録されるほどじゃないが、有名な棚田がいくつかある。
 東日本で一番知名度が高い棚田は、新潟県十日町市松代・松之山地域にあるものだ。
 
 この棚田は、農村の原風景および人にやすらぎ与える風景として、「にほんの里100選」にも選ばれている。
 特に、霧が出た時の風景は、格別に美しいと言われている。
 
 この棚田へは、観光客も絶えない。
 それから、この棚田で生産される米は、質がひじょうに良いらしい。
 

ホラー映像「鏡」

 この記事でみなさんに見せる動画はひじょうに人気がある。
 世界中の人が見ているようだ。
 見たら、作りものかそうでないか、一目瞭然であろう。
 
 稲川淳二は言う。
 「ホラーとは、単純なおどかしにすぎない」
 「怪談は、日本人の風習や歴史というものと、花鳥風月といった自然のものとの間にある内なる恐怖だ。ホラー
よりもっと奥深い恐怖がある」
 
 この記事の映像は、稲川淳二が言うところでは「ホラー」となるだろう。
 この記事の映像見れば、ホラーは怪談より、単純な恐怖を招くものだとすぐ分かると思う。
 
 私自身は、こういう単純な恐怖より、怪談のような奥深い恐怖のほうが気に入っている。
 
 しかし、ホラーのような単純な怖がらせの方が気に入っている人を、私は下に見ようとは思わない。
 人によってそれぞれ好みがあっていいわけだから。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事