智頭病院ほのぼの美術館【写真館】です。♪ようこそ v(^_^)/

国民健康保険智頭病院は院長の発案でHPに《ほのぼの美術館》を、分館として【写真館】をブログで開館しました。

全体表示

[ リスト ]

周囲が100m級の中国山地に囲まれた盆地にある智頭町(ちづちょう)の日の出は、“熟して”おり、つまり、山の稜線から顔を出す陽光が強烈です。従って、素人が撮影できる機会が少ないのです。遠い山の稜線から顔を出す日の出とは異なり、まして、山頂から水平線に上る陽光とも全くことなります。
しかし、環境が整うと、それは幻想的な光景に出合えます。
イメージ 1
綺麗な日の出になる気配を感じて、撮ることにしました。
イメージ 2
鳥のさえずり以外は、静かです。山の稜線も静穏・静寂さを感じます。
イメージ 3
素人撮影で、カメラを空側に向けて、仮シャッターを押した状態でアングルを整えると、すでに、強い光が射す朝が撮れます。
イメージ 4
撮影方法を若干変えると・・・ (レンズのフィルターは保有せず)
イメージ 5
霧雲は日の出前の陽光が強くなると相対的に見えなくなりますが、水蒸気は立ち上がることになります。樹幹から立ち上がる(立ち上がっているはずの)水蒸気の屈折で、幻想的な光景になりました。
イメージ 6
望遠モードで撮影すると色合いが強調され、異なる雰囲気を得ます。
イメージ 7
まぶしい! 大脳は錯覚が上手であり、単なる色合いの変化であり、jpg 画像なので、実際にはまぶしくはないのですが、経験に基づく“大脳さん”は、下記写真を眩しく感じさせてくれます。
イメージ 8
写真を撮りつつ、光のファンタジーに見入っている撮影者です。
イメージ 9
いかがです? 見とれますでショ?!
イメージ 10
イメージ 11
さぁ、いよいよ日の出です。連続的に撮り始めてから14分後↓
イメージ 12
樹木を溶かすかのごとくに光が強くなります。
イメージ 13
日の出!陽光が直接 樹間 から射し始めました。
イメージ 14
日の出! 太陽に支えられ、太陽と共にある地球・生命:人間〜生命感!
イメージ 15
遺伝子に組み込まれているのですネ!〜日の出の光と生命の躍動感の連想!
イメージ 17
肉眼では、とても見れない!危険な成熟した太陽光です。
イメージ 16
太陽を直視することなく、アングルを整えての撮影です。
イメージ 18
2013年9月18日の日の出ショーは、これにてオワリ ♪ 19分間でした。
イメージ 19
                                   
午後、アングルを思い出して、東側を、順光になったみどりの山を撮影
イメージ 20
牛臥山広場には、マイカーで上がることができます。広場や遊歩道もあるので、家族連れでもOKですよ!もちろん、デートもネ! v(^_^)/
イメージ 21
智頭病院《ほのぼの美術館》別館【写真館】でした!
智頭病院小児科[子育てQ&A]も徐々に着実に・・・

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事