智頭病院ほのぼの美術館【写真館】です。♪ようこそ v(^_^)/

国民健康保険智頭病院は院長の発案でHPに《ほのぼの美術館》を、分館として【写真館】をブログで開館しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

♪ スイストラベルパスの適用区間拡大に伴い、2017年から、追加料金なしで、ピラトゥス山頂に上がれる(登れる)ようになった。
♪ 201年10月4日(水)に初体験した。シュピーツ駅至近のホテルを発ち、ベルンで乗り換えて、ルツェルン駅へ。駅前で路線バスに乗り換え、ゴンドラ駅へ。
♪ 小型のゴンドラ(G)に30分乗り、大きなゴンドラ“Dragon ドラゴン”(D)に乗り換えると4分でピラトゥス山頂駅(↓P)に到着です。
イメージ 1
♪ 山頂への移動中、ルツェルンの街(L)、ルツェルン湖(Ls)を眼下に、また、娯楽・趣味登山発祥の山であるリギ山(R)を遠望します。
♪ 山頂に上がると、勿論、視界が良ければ・・・ですが、ベルナーオーバーラント三山などが遠望できます。アイガー(E) 3970m、メンヒ(M) 4107m、ユングフラウ(J) 4158mなどを望遠撮影しました。
♪ ピラトゥス山頂からの下りは、世界一の傾斜角48%を誇る登山電車(F)で下ります。急こう配は、まるで、落ちるがごとく・・・。
♪ 湖畔に降りて、観光船に乗り換えます。通常はルツェルンまでの乗船ですが・・・。スペシャルアレンジを!
◆ 上記の組写真は、鳥取県医師会報の表表紙裏[散歩道](2017年12月月号)に掲載予定です。

♪ 調べると、何と!2018年7月16日(月・祝)のダイヤが得られました。
♪ Spiez シュピーツ発の場合は・・・ 
イメージ 2

♪ Grindelwald グリンデルワルト発の場合は・・・
イメージ 3

路線図です。
イメージ 6
グリンデルワルト→ピラトゥス山頂
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 7
♪ ピラトゥス山頂には2時間半ほど滞在して、岩山を登り、歩き、堪能します。
♪ 復路は、周遊コース!世界最大の傾斜角を誇る登山電車で降ります。
♪ 近郊線電車に乗り、ルツェルンへ!観光船に乗りウェッギスで下船!
イメージ 8
♪ ウェッギスの桟橋からせっせと歩いて、ロープウェイ乗り場へ!
♪ スイストラベルパス適用のゴンドラに乗り、Rigi Kaltbad へ。歩いて、“赤い登山電車”でリギ山頂まで上がります。
イメージ 9

♪ リギ山頂に1時間余滞在し、今度は湖岸のフィッツナウまで“赤い登山電車”で降ります。観光船に乗り換え、ルツェルンへ!
イメージ 10
♪ ルツェルンから InterRrgio に乗り、ベルンで乗り換えます。ベルリンを昼過ぎ(12:18)に発った ICE こと InterCityExpress に乗り、終着のインターラーケン東駅へ。乗り換えて、グリンデルワルトに戻ります。
♪ 夕食? はい。その時間はありません。乗り継ぎ時間に無駄がなく、マーケット等で購入する時間もない! フィッツナウからルツェルンに移動する観光船の中で、必要な人は摂りましょう! 小生? 夕食は抜きでの旅程です。
イメージ 11
♪ 本資料は、2017年11月 7日の検索結果を基に作成しました。
♪ 既に、来年の夏シーズンのダイヤが開示されていることに、とても驚きました!! これこそ、スイストラベルパスを活用する旅行者への上質な“おもてなし”と評せます。

♪ さぁ、アナタもいかがですか? スイストラベルパスを活かした、特別な自由旅行の全日は・・・ 関連する動画集もどうぞ!


♪ 2017年11月1日(水)澄んだ空気〜快晴の空でした。昼休み時間帯(12時半前後)に職員が屋上に上がり、素晴らしい景観を撮影しました。
イメージ 1
♪ 病院屋上から北側にある篭山方向を撮影↑
♪ 南側を撮影 手前は特別養護老人ホーム 心和苑 ↓ です。
イメージ 2
♪ 心和苑とは病院は2階でつながり↑見えるのは2・3階です。手前の緩やかな弓状の屋根の下は“そよかぜ通り”です。
イメージ 3
♪ 南側〜心和苑の西側は駐車場で、ヘリポートもあります。
イメージ 4
♪ 智頭病院屋上から眺める北西側の景観↓篭山を望遠撮影します。
イメージ 5
♪ 篭山は国土地理院の地図に 905.3mの表示があります。
イメージ 6
♪ 篭山の頂上はどちら? 記憶では左側の頂き・・・
イメージ 7
♪ 左側の頂きをさらに望遠撮影しました。
イメージ 8
♪ 右側の頂きも・・・ 篭山の登山は右側(東側)から上がるコースが一般的
イメージ 9
♪ 冒頭の写真を再掲しました。篭山の全容↓
イメージ 10
♪ 右下の建物は旧病院棟↑(E棟)
♪ E棟は(襲来して欲しくないのですが、)新型インフルエンザ等の感染症危機の際などに機能します。

♪ 西側を撮影しました。 右端(北側)は篭山の稜線です。

イメージ 11
♪ 西側を少しズームをかけての撮影です。
イメージ 12
♪ 再び、少し、北側方向の景色です。↓
イメージ 14  

♪  北方向(篭山の右・東方向)です。牛臥山広場↓
イメージ 13
♪ 工事現場は隣接する千代電子様↑2017/11/1 12時半過ぎの撮影
♪ 牛臥山広場方向を少し望遠撮影↓ 紅葉が目立つ諏訪神社境内
イメージ 15
♪ 牛臥山広場の望遠撮影です。三角点があり 448.4m です。
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19
♪ 日頃、街中からは視認できない距離・俯角ですよネ!何のアンテナ?

♪ 通常モードで撮影した写真の再掲です。次は、諏訪神社境内の紅葉

イメージ 20

イメージ 21

♪ 次は、牛臥山の西側裾野:未体験ですが、登山道があります。
イメージ 22
♪ 登山道は勿論見えませんが、きっと紅葉した樹木の中に道が・・・
イメージ 23
♪ 再び、篭山です。この右側・東側裾野を降りて・・・
イメージ 24
♪ 篭山の東側裾野です。集落は岩神地区かナ・・・
イメージ 25
↑病院の一部です。  里の秋を実感する色合いです。
イメージ 26

イメージ 27
♪ 通常撮影|北側の頂上↓名称は? 鳥取市用瀬町内です。
イメージ 28
♪ 北側の頂は、千足山(736.2m)の手前・南側 743m か、その南・・・
イメージ 29
国土地理院の地図で検索しても分かりません。詳しい方は?!?!
イメージ 30
♪ 三脚を使わないでの撮影で、先鋭度が落ちますが・・・、?山
イメージ 31
♪ 鉄塔をヒントに、中国電力に問い合わせれば分かるかもしれません。
イメージ 32
↑篭山の稜線  (再度、通常撮影での景観です。)  牛臥山の稜線↑


[今回の撮影分の前半は動画撮影もしてあります。コチラです。]

♪ [写真館]  [ほのぼの美術館] ♪


♪ 1970年代初期に鳥取大学で過ごした仲間がキャンパスを散策しました。
♪ 2017年10月28日(土)午前中〜台風22号が近づきつつある曇天の空模様でした。時に、肌に雨粒を感じつつ、一方、時折柔らかい日差しもあり、撮影が出来ました。
♪ 里の秋が早い2017年の鳥取市湖山町内でした。
イメージ 15

♪ 鳥取大学の正面入口にあった警備員が駐在するボックスが撤去され、隣接地に駐車場入り口がありました。1時間以内は無料・・・
♪ 09:55 一般車が排除された鳥取大学の正面道路です。 
イメージ 1
♪ 09:57 1970年代は教育学部 ↓ 現 地域学部
イメージ 2
♪ 植樹されて年月が経っていなかった1970年代の木々が今では大樹!
イメージ 3
♪ 大樹が多彩な色調の紅葉を誇っていました。
イメージ 4
♪ ↓図書館 09:58
イメージ 5
♪ 10:00
イメージ 6
♪ 10:02 図書館の南側 ↓この左(南側)手前は学館
イメージ 7
♪ 大樹が立ち並び、美しい紅葉に感嘆の声を上げつつの散策でした。
イメージ 8
♪ 10:03 振り返って、当時 教養部だった建物↓どれも耐震工事済
イメージ 9
♪ 教養部の現在の名称は[共通教育棟]か・・・
♪学館に繋がる陸橋の上からの撮影です。↓地上階部分
イメージ 10
♪ 学館は若干低い場所に立地しており、降りたら食堂も!部活動の鳥取開催の際には、鳥取大学のキャンパスを歩き、昼時間帯には、学食を好みに応じて食べ、歓談するのも一興だと思えました。197年代当時と比べて、屋外席も整備され、食堂以外の場所にもアチコチで、大樹の下にベンチが配置されており、学生時代に戻りたい感覚も抱きました。10:07
イメージ 11
♪ 学館内、食堂入口横にアルバイト募集が!
イメージ 12
♪ 1970年代は、教養部の入口横にあった「求人票」の一例を・・・
イメージ 13
♪ 197年代初期は、アルバイト料は時給 110〜130円でした。鳥取市の老舗温泉旅館[小銭屋]は時給800円か・・・
♪ 10:10 学館から出て、再び、キャンパスの紅葉探訪!
イメージ 14
♪ 10:11 写真以上に樹木の色調が新鮮でした。アナタも現場で体験を!
イメージ 16
♪ 10:12 農学部の界隈です。
イメージ 17
♪ 10:13 動物病院(動物医療センター)界隈まで歩きました。
イメージ 18
♪ 学館横まで戻り、部室界隈へ坂を降ります。降りると、附属小学校の敷地に面して、課外活動ゾーンになります。(附属中学校は、小学校の西隣:調べると、1985年8月に、現在地に移転しています。旧跡地は県民文化会館、県立図書館、公文書館、駐車場)
♪ 10:28 課外活動ゾーンから戻ります。“湖山”地区とあって、高低差があるのも嬉しい特徴ですよネ!
イメージ 19
♪ 10:32 旧 教養部前の南側です。(:左手前は学館)
イメージ 20
♪ 10:33 同様の場所から西側を撮影
イメージ 21
♪ ↑ 耐震性が施された学館こと大学会館       旧 教養部 ↑

♪ 正面入口を入った直近にキャンパスの絵地図がありました。

イメージ 22
♪ 鳥取大学卒業の有無にかかわらず、アナタもあの人を誘って一緒に散策をどうぞ! そう、今回は時間帯が合わなかったのですが、昼食時間帯を意識して、散策時間の一考も!
♪ ン! 鳥取大学の学祭は砂丘にちなんで“風紋祭”!:2017年は10月7〜9日(土・日・祝)の開催でした。2016年も体育の日を最終日としての3日間の開催!と言うことは、紅葉は無縁ですが、2018年は10月6〜8日の開催かナ・・・。
♪ 鳥取大学の卒業生が記事を担いました。
♪ [写真館] / [ほのぼの美術館] ♪

♪ 2017年6月23日(金)兵庫県立芸術文化センター大ホールで、翌日15時開演の兵庫芸術文化センター管弦楽団定期演奏会を聴きに出かけました。
♪ 勤務終了後、智頭急行の各駅停車に乗り、佐用で姫新線に乗り換え、姫路からは新快速に乗車し・・・
♪ 智頭駅はJR西日本と智頭急行(の起点駅)があります。
♪ 17:41 智頭急行の智頭駅に停車中の各駅停車車両を撮影♪


イメージ 1

♪ この車両には初めて乗車しました。床は「木」で温もりを感じます。
イメージ 2
♪ 出発間近になり、高校生など、10人弱の乗客になりました。

♪ 17:43 車両最後尾からの撮影です。始発駅 出発は18:00

イメージ 3


♪ 17:59 JR智頭駅構内に鳥取始発 16:58→17:49 智頭終着の車両(オレンジ色)と大原始発 17:22→17h51 智頭終着の智頭急行車両(青白カラー)が並びました。記念撮影!

イメージ 4
♪ 17:59 間もなく出発します。↑望遠撮影 ↓通常撮影
イメージ 5

♪ 18:00 智頭急行:智頭駅を発ちました。↓駅と病院を結ぶ跨線橋
イメージ 6
↑左側(西側)はJR西日本 因美線の線路です。↑智頭急行線↑

♪ 18:01 特急スーパーはくと号↓はJR智頭駅側に移動します。
イメージ 7
JR因美線↑智頭駅   ↑智頭急行智頭駅

♪ 18:01 篭山と智頭病院↓傾斜屋根部分
イメージ 8
↑JR西日本 因美線線路      智頭急行線↑

♪ 18:01 智頭急行線は東側に向きを変えます。↓篭山 905.5m
イメージ 9

♪ 18:02 国道53号線を跨いで、トンネルに入ります。
イメージ 10

♪ 18:03 快走する各駅停車車内〜最後尾に立って撮影
イメージ 11

♪ 18:03 智頭町は杉の町としても知られています。美林が続きます。
イメージ 12

♪ 18:04 高架で踏切のない智頭急行線と千代川 国道373号線
イメージ 13

♪ 18:04 夕陽を浴びた光景   ↓千代川を跨ぎます。篠坂地区
イメージ 14

♪ 18:04 蛇行する千代川を跨ぎ↑ 再び跨ぐ↓智頭急行線
イメージ 15

♪ 18:05 線路が分かれ、間もなく“恋人たちの聖地”恋山形駅です。
イメージ 16

♪ 18:06 定時に恋山形駅に着きました。
イメージ 17

イメージ 18
♪ ハッピーな企画もある恋山形駅で〜す。♪

♪ 18:07 恋山形駅を発ちました。
イメージ 19

♪ 18:07 恋山形駅は高台にあるので、自動車道からは健康ウォーク!
イメージ 20

♪ 18:07 恋山形駅↓
イメージ 21

♪ 18:07 恋山形駅エリアを過ぎると再び↓単線の智頭急行線
イメージ 22

♪ 18:08 電車ではなく気動車なので、ガンバルと排ガスも!
イメージ 23

♪ 18:08 国道373号線と千代川と並走する高架の智頭急行線
イメージ 24

♪ 18:09 鳥取自動車道:志戸坂峠道の智頭南 ICへのアクセス道路↓
イメージ 25

♪ 18:10 丸くない四角い↓トンネルを抜けると、間もなく山郷駅です。
イメージ 26
千代川の支流・清流の里新田地区を潤す↑ 白坪川を越えます。

♪ 18:10 山郷駅です。
イメージ 27

♪ 18:11 山郷駅を出ると直ぐにトンネル!
イメージ 28
♪ トンネルの上には、清流の里新田地区に向かう道路があります。

♪ 18:11 トンネルを抜けると、千代川の支流 天狗谷川を越えます。
イメージ 29

♪ 18:11 再びトンネル〜長い 志戸坂峠トンネルです。 
イメージ 30
♪ 智頭急行線の志戸坂峠トンネルは 5592m:岡山県境を通過します。

♪ いかがでしたか? 各駅停車でノンビリとした優雅な車窓の智頭急行線のミニ旅は・・・? 岡山県、兵庫県内の車窓もオススメです。時間があれば、特急で快走するのに限定せずで、各駅停車の旅は一興です。


♪ 2017年4月29日(祝)♪JR因美線 用瀬(もちがせ)16時07分発、智頭行 16時19分終着智頭駅まで智頭急行HOT3500形気動車の最後尾に立っての撮影でした。

♪用瀬を発って間もなく16:08↓ 標高約73m ↓山(248m)の名称は?
イメージ 1
♪ 16:09 千代川に架かる鉄橋を通過↓智頭・南方向 
イメージ 2
♪ 千代川の堰から流れ始める狐川↓500m少々で千代川と合流します。
イメージ 3
♪ 16:09 古用瀬原地区と国道53号線を結ぶ生活道路の踏切 標高約90m
イメージ 4
← 金剛幢院東光寺 が至近の踏切を通過↓ 標高約92m 16:10 
イメージ 5
智頭急行HOT3500形気動車は直線区間を快速走行中 標高約 94m 16:10 
イメージ 6
♪ 用瀬町安蔵〜因幡社地区の踏切↓16:10   ダイヘン産業機器(株)↓
イメージ 7
♪ 用瀬町安蔵・安蔵交差点に東の起点がある↓県道118号線 16:11
イメージ 8
♪ 安蔵川に架かる鉄橋を通過 16:11↓
イメージ 9
♪ 減速し、間もなく因幡社駅に到着です。 16:11 社保育園↓鳥取市立 
イメージ 10
♪ 因幡社駅に到着 16:11
イメージ 11
♪ 16:12 定刻に 因幡社駅 を出発
イメージ 12
♪ 16:12  因幡社駅     →国道53号線 →千代川
イメージ 13
♪ 16:12  ←用瀬町宮原地区への生活道路 〜 国道53号線→
イメージ 14
♪ 16:13 標高約1112m 千代川に架かる国道53号線 [新 川中橋]↓
イメージ 15
♪ 16:13 千代川沿いを走行する智頭急行HOT3500形気動車
イメージ 16
♪ 16:13
イメージ 17
♪ 16:13
イメージ 18
←集落は皆無 鳥取自動車道工事の際に使われた道路 16:14 川中地区→
イメージ 19
♪ 16:14 千代川と鳥取市用瀬町川中地区
イメージ 20
♪ 16:14 千代川沿いを走る因美線:冬季の大雪時は“難所”地帯
イメージ 21
♪ 16:14 大雪の際には、雪を頂いた樹木が垂れ下がり、運行の妨げに・・・
イメージ 22
♪ 16:14 2017年 4月29日(祝)の光と影  千代川沿いを走る因美線
イメージ 23
♪ 16:15 千代川に架かる鉄橋↓を過ぎるとトンネルです。
イメージ 24
♪ 16:15 JR因美線の智頭トンネル : 通過後は智頭町!
イメージ 25
♪16:15 ↓千代川        ↓旧道     JR因美線 智頭トンネル↓
イメージ 26
♪ 16:15 国道53号線の旧道と交わる踏切:列車は警笛を鳴らします。
イメージ 27
♪ 16:15 千代川と再び交差 : 智頭町市瀬地区のJR因美線鉄橋
イメージ 28
♪ 16:16 市瀬地区と国道53号線旧道を結ぶ踏切    (有)中前製材↓
イメージ 29
♪ 16:16   千代川の堰   コメリハード&グリーン 智頭店↓
イメージ 30
♪ 16:17 高架は鳥取自動車道:志戸坂峠道路
イメージ 31
♪ 16:17 短い隧道トンネルを過ぎると間もなく智頭駅 標高160m強弱
イメージ 32
♪ 16:17 智頭地区の鮎漁で知られる千代川〜石にカワウ(鵜)が・・・
イメージ 33
♪ 16:17 鳥取自動車道志戸坂道路の高架↓と千代川
イメージ 34
♪ 16:17 鳥取自動車道と智頭 ICを結ぶアクセス道
イメージ 35
♪ 16:18 緑に包まれたこのゾーンを過ぎたら、智頭駅へと減速します。
イメージ 36
♪ 16:18 智頭駅到着前、千代川と接するのはこの辺りが最終
イメージ 37
♪ 16:18 千代川がJR因美線から離れます。↓ 智頭 錦町〜下町界隈↓
イメージ 38
♪ 16:18 智頭 岩神地区を結ぶ生活道路の踏切 
イメージ 39
♪ 16:18 千代川の支流 新見川に架かるJR因美線鉄橋
イメージ 40
♪ 16:19 鳥取県道(旧) 9号線と交わるJR因美線
イメージ 41
♪ 16:19 智頭駅構内です。
イメージ 42
♪ いつもは左に入りますが↑今日は駅舎側の1番線!
♪ 16:19 稀有なことですが、1番線ホームに入ります。
イメージ 43
♪ 16:19 車椅子での移動が必要な成人の方が乗車しておられての配慮!
イメージ 44
♪ 16:19 定時にJR智頭駅に到着しました。↓跨線橋
イメージ 45

♪  16:26 智頭病院を西側から、順光での撮影♪ ♪
イメージ 46

♪ [ほのぼの美術館] ♪


全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事