ここから本文です
ほんわか家族の野外活動(^^)
外へ出るのが大好きな「ほんわか家族」の日記です。
行ける時には、どんどん行きたい。
とくに薪ストーブが使える時には…

キャンプ場までの道のりの途中、第二名神工事現場があります。だいぶ進んで来ました。通る度に思うのだが、ゴチャゴチャと道が交差していて、どうなっているのかようわからん。ある意味、完成するのが楽しみですね。ただ、自然が削られるので複雑ですがね。
イメージ 1

ついこの間まで、一面雪化粧だったのに。春が近づいて来ているんですね。
自然の森は、リピーター客が非常に多いので、今日も知り合いが来られていました。今日は、薪ストーブのある…って感じで、のんびり過ごすのが目的です。
設営後、ストーブに火をいれて、好きな読書をしたり、眠たくなったら寝てゆっくり過ごします。
イメージ 6

夕方、知人のテントにちょこっと挨拶をして、また自分のテントに戻り、のんびり過ごします。夕飯は、中華(飲茶)です。お洒落キャンプが流行で、色々な凝った料理を拝見しますが、面倒臭がり屋の私には到底無理です。飲茶なら、蒸し器にポンっと入れて終わりなので大変楽です。出来上がるとすぐに食べて、また次の具材を入れるの繰り返し。お酒は当然、紹興酒です。
イメージ 2

知人のサイト。コソッと撮らせて頂きました。すみませんでした。イメージ 3

翌朝、とっても良い天気。張りつめた空気に煙突からモクモクと煙。
いい感じなので思わず撮ってしまいました。
イメージ 4

撤収ギリギリまで薪ストーブを楽しみました。娘のバイトがなければ、もう少しゆっくりしておきたかったなぁ。
イメージ 5

もう一回くらい薪ストーブでのキャンプがしたいなぁ。

今回はここまで

見て頂いて、有難うございました。

2017年初キャンプ

2017年の初キャンプは、SP箕面CFからスタートする。

ギリギリまで行けるかどうか分からなかったので、予約なしでいく。
まぁ、この時季は満員になることはないだろうと…  実際そうだったけどね。 

指定サイトに行くと、お隣に何処かで見たようなと人がいるなぁと思い車を停めていると、ありゃりゃA貴じゃないですかぁ。向こうも驚いていた。今日はSPの展示会をしているので見学に来たそうだ。で、たまたま知人がキャンプしているので遊びに来たとの事。いやぁ、思わぬ出会いに感激であります。

今回は、ニュートラルアウトドアのGE3.0とポーランド軍のポンチョテント。GEは加工した煙筒ポートの確認も兼ねる。薪ストーブを設置して向きを確かめたりした。イメージ通りで満足。
イメージ 1

お隣のテントはキャンバスキャンプ。このテント好きです。夏は側面が全てメッシュになるのよねぇ。もっと早く知っていれば…
イメージ 2

薪ストーブは、笑’sさんの焚き火の箱G-spⅡ。2回目の使用です。煙突は快速旅団さんの入れ子式煙筒を使用しました。排気がどうかなと思ったけど問題ないみたい。笑’sさんのアドバイスでバッファープレートを外したのが良かったのかもね。それと、床が熱で溶けないかと心配でシートを外しましたが、全然熱くならないのでシートを敷いたままでも問題ないと思う。ただ、薪を入れる時に火の粉が落ちたりする心配があるので耐火シートを敷いた方がいいね。次回試してみよう♪
イメージ 3

夜は氷点下になったけど、テントの中はヌクヌクで結露も殆どなく快適でした。
床をつけたままならもっと暖かく結露もなかったと思う。
イメージ 4

さて、ポンチョテント。寝るだけのために張りました。ポールは二股にしたので結構中は広いです。寝る前にカセットストーブで温めたので寒さを感じず、朝までグッスリでした。起きるとテントは霜で真っ白になってました。
イメージ 5

と言うことで、今回はここまで。

番外編
昨年の後半のキャンプを掲載できてないので、ここでちょこっとご報告。

11月に笑’sさんの薪ストーブをデビューさせました。テントが大きく、下が開いていたのでそれほど暖かくはならなかったけど、寒さは感じなかったので十分使えると思います。大きな窓の炎を見て癒されました。
イメージ 6
イメージ 7

12月には恒例の猪キャンプに行ってきました。ホームグランドでの2泊なので薪ストーブは時計型を使用しました。やっぱり、このストーブは暖かいわ。最高ッすね。
イメージ 9
イメージ 8

京都ぶらり旅 紅葉編

先週、京都に紅葉を観に行ってきました。
ただ、残念なのは今年から東福寺が撮影禁止になったこと。
観光客が増えて危険だからだそうだが… なんとか許可して欲しいよね。
でも、結構みんな撮ってました。係りの人も注意していなかった。
平日の早朝とあってあまり人がいなかったからかな?
臥雲橋を渡る時は、私一人でしたしね。
本当はお寺側も撮って観て楽しんでほしいのが本音だと思う。

で、当日はモノレールの中から日の出を見た。日の出なんて何年ぶり?
イメージ 1

撮影禁止は、臥雲橋と通天橋等紅葉が綺麗なところで本堂等は良かったんじゃないかな?勝手に思い込んでたかも知れないけど。禁止だったらゴメンなさい。
綺麗な紅葉がお見せできないのが非常に残念です。
イメージ 3
イメージ 2

一通り目に焼き付けて、次の目的地東寺へ向かいます。てくてく歩いて約30分で到着です。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

一旦、京都駅に出て昼食。食後、西本願寺へと向かいます。
イメージ 7

一部修復等はされていますけど、創建当時のままだそうです。
黒光りしているのは漆塗り。実際見るとすごく綺麗です。
イメージ 8

修復の度に、当時の方の遊び心が廊下や柱に残っています。
富士、鷹、茄子を見つけたりしました。一富士二鷹ではありませんが、いいことあったりして(笑)
みなさんも行かれたら、一度探してみてはどうですか?楽しいですよ。
イメージ 9
イメージ 10

最後は、壬生寺へ行きました。
ここには、新選組ゆかりのお寺で近藤勇の毛髪があることで有名ですね。
前川邸にも寄りたかったのですが、時間がなかったので次の機会に。
イメージ 11

最後に京極通りのミリタリーショップと錦市場で買い物して帰りました。

今日は、良く歩いた。

今回はここまで。

徳島帰郷


なかなかチャンスがなく、ようやく3年ぶりに徳島へ帰郷することができた。
途中、淡路ハイウェイオアシスで休憩する。ここまで渋滞もなくスムーズに来ることができた。
天気も良く最高の帰郷。明石海峡大橋は朝靄でうっすらと輝いている。
イメージ 1

疲れたので運転を息子に代わってもらう。今までは何処へ行くのにも私一人の運転。でも、これからは無理することもなく、疲れたら代わってもらえる。さらに旅が楽しくなりました。
イメージ 2

帰郷する楽しみのひとつが本場のうどんを食べること。
釜たま(2玉)を食べました。美味しかった。
今回、来られなかった娘にもお土産として買いましたよ♪
イメージ 3
イメージ 4

一軒目「池上製麺所」から車で10分ほどのところにある「もり家」さん。
此方もとっても美味しいです。かき揚げの大きさにびっくりしますよね。
イメージ 5
イメージ 6

お腹もいっぱいになり満足、息子と嫁さんと三人でローテーションしてゆっくり帰ります。そして、嫁さんの両親のお墓にお参りに行きます。お墓は山の中。夏場は蝮が多いのでお参りに行けないので、いつもこの時季になります。
とってもいいところです♪ この景色大好きです。
イメージ 15
イメージ 7

お泊りするキャンプ場は、四国三郎の郷です。帰郷の度に利用いたします。
テントを張って、まずは一杯。…が体の調子が良くないのか美味しくない。
先に風呂に入るが、更に気分が悪くなったのでテントで横になった。
起きると、夜〜 だから写真ないです。
ってことで夕食にします。横になったおかげで気分も良くなった。
結局、単なる寝不足だったみたい(笑)
食後のあとは、焚火♪ 
仲良くなったお隣にも遊びに行って、楽しいひととき過ごしました。
イメージ 8
イメージ 9

翌朝、6時過ぎに起きて、昨日教えてもらった美味しいうどん屋さんに行くことになり、早めの撤収とします。今日も良い天気。(^^)v
イメージ 10
イメージ 11

9時過ぎにチェックアウトして、1時間ちょっとで到着しましたぁ〜。
釜たまうどんしかありませんが、めっちゃ美味しかったです。
イメージ 12

帰りは、ナビに従って帰ります。来た道を帰るものと勝手に思い込んでいたので、橋がたくさん見えた時には少し焦りました。ナビは瀬戸大橋から山陽道で帰る設定になっていたのね。しかし、風がきつい!むっちゃ怖い!
帰りは、息子と二人で交互に運転。ドライバーが多いと楽ですねぇ♪
イメージ 13
イメージ 14

今回はここまで

10月のキャンプ

10月のキャンプを写真中心にまとめてみた。

…写真中心って、いつもと同じやん!

では、まずは10月の連休キャンプより
初日、夕方インだったので写真はありません。
翌日の朝、大好きなMr.J氏と娘のツーショット… あぁ、ママも頭だけ写ってるわw
イメージ 1

朝の7時からJ氏とずっと飲んでいたので、全然写真撮ってません(泣)
だからいきなり夕食です(爆) この日はチゲ鍋でした。
でも、あんまり覚えてないのよねぇ。
イメージ 2

最終日、あまりにも写真がないので新しいテントの写真を撮りました。
2015年春に誕生した新ブランドNEUTRAL OUTDOORのGE3.0
見た目はノルディスクですが材質がポリなので乾くのが早く雨天時キャンプでは重宝しますね。ただ、ポリだからなのか結露が激しい。強い雨が降った時は、結露が雨に叩かれてミスト状になって降って来たのには驚いた。
イメージ 4

本家と同じように側面をたたんで空中に浮いたようにすることも出来ます。
こうすれば結露も早く乾きますね。基本的に1時間もあれば乾燥できるので嬉しいですね。このテントの魅力の一つです。
イメージ 3

寒さ対策にキャンプへ持って行ったストーブ。ガス漏れがするので、持ち帰って点検すると部品が折れていた(><) 10年以上使ってたら壊れもするわな。
イメージ 5


10月2度目のキャンプは恒例のNタンキャンプ。

ギリギリまでテントに悩んだけど、2日目の天気があまりよろしくないのでノースイーグルのBIG420を張る事にした。インナーは取り外しています。
イメージ 6

今回の目的の一つ。ポンチョテントの初張りと笑’sさんの薪ストーブ焚火の箱G-spⅡをインするテスト行った。う〜ん。ウワサに聞いてはいたが狭いなぁ。G-spⅡはBIG420で使う方がいいかな? もう少し工夫してみよう。
イメージ 7

もう一つの目的。N氏によるランタンのメンテ教室。少しは触ることができるが、今回はもう少し突っ込んだ内容。ヘ〜!ホ〜!の連発であった。
イメージ 8

私のL427の改造ランプもチェックしてもらった。ジャンク品で購入したもの。点けるのは今回が初めて。どうもジェネレータの調子が悪いみたい。
イメージ 9

こちらは依然N氏にお譲りしたランプ。model AタイプのOEMだったかな?
Nタンあってる? タンクに数十箇所の割目があったのだが見事に修復されている。
素晴らしいの一言です。 
イメージ 10

メンテナンスしてもっらったランタン達。絶好調です。明る過ぎる。
やっぱりガソリンランタン最高やね(^^)v
イメージ 11

楽しいキャンプやったけど、この日は寒かったぁ。
アレルギー持ちの私は、急激な気温の変化に弱く鼻水が止まらなくて…

翌日は、お約束通り雨での撤収となりました(笑)

11月もまた楽しいキャンプに行けますように♪

今回はここまで

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事