堀尾の保健学ブログ

「保健学の実践」をテーマにしています

今週の保健学

(1)「超独学法」(野口悠紀雄、角川新書、2018年)を読みました。 「世界的な大競争時代がすでに始まっていたにもかかわらず、日本人だけが居眠りしていたのだ」(p92) 「勉強を自分に強制するような環境を作る」(p141) 「勉強は楽しい」(p142) (2)「もうゆるしてください」という手記を残した5歳の女の子が殺されました。詳しい状況はわかりませんが、児童虐待が起きる状況として、多いのは、子どもが継父や継母と同居する状況です。 子どもの権利を守ることが重要です。欧米のように、片親と同居しなくなった直後から、子どもがその片親に関与できる制度が必要です。別居直後から十分に会わせることが必要です。 子どもの意見を聞くことが重要ですが、日本の家庭裁判所は、会わせないことを前提すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事