堀尾の保健学ブログ

「保健学の実践」をテーマにしています

今週の進化医学

次の文書を読みました。 (1)「進化と生活史の観点から見た骨粗鬆症 An Evolutionary and Life-History Perspective on Osteoporosis」 https://www.researchgate.net/publication/283081148_An_Evolutionary_and_Life-History_Perspective_on_Osteoporosis 「新しい研究データによれば、骨には動的な特性があり、特に代謝をコントロールする内分泌器官としての機能がある。(中略)。骨の骨芽細胞が分泌するオステオ・カルシンは、膵臓のβ細胞の増殖を促進させることにより、インスリン分泌を刺激し、糖代謝をコントロールしている」 (だから、運動するとインスリン感すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事