徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

金星の表面気圧は地球の90%程度。
金星の上層大気には広域な二酸化炭素層と濃密なオゾン層がある。
表面重力は0.879G。
自転周期は23時間。
表面温度は0度〜40度。表面気圧は920ヘクトパスカル。
大気構成。窒素86%、酸素12%、二酸化炭素0.1%、その他2%。
金星の表面は温度差の少ない生物に快適な環境です。

金星には今でも海が存在している。マリナーでの探査の結果確認済みだが海洋=生命存在の可能性高し
となるので全世界に衝撃を与えることを恐れ現在でも一般には公表されていない。
摂氏480度というデータは元々地上からの赤外線観測によって得られたものであり、探査機はそれを確認しただけでした。問題なのは、摂氏480度という高温地帯が金星大気のどの高度にあるのかです。かの有名な惑星科学の先駆者、カール・セガーン氏もこう述べていました:「金星からの赤外線放射量の観測結果は摂氏400度以上というデータをもたらしたが、この発生源が惑星の電離層だという可能性も有り得る。」(英国BBCのTV放送「The Planets」参照)

惑星大気を温めるのは太陽から降り注ぐ放射線ではありません。
地表に到達した紫外線が赤外線に変換され、温室効果をもたらすガスに
よって初めて大気が温められるので、惑星の温度は地表に降り注ぐ紫外線の総量によって大きく影響されます。
金星の場合、上記の紫外線遮断大気層によって地表に到達する紫外線の総量が大幅に減少しているので、
温室効果をもたらす対流圏内の二酸化炭素の総量が地球より多くても、気温が極端に上がることはないのです。
すなわち、金星の対流圏では温度差が少ない快適な環境が整っています。

実際は20kmもの厚さの雲の層により入射エネルギーはさらに弱まり、ベネラによると地上に届く光は3%程度にまで減衰している。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9021/ev.html


(3) 金 星
探査衛星による調査の結果から、金星内部は温室効果のため灼熱の世界であるというのが現
在の定説である。これに対し、体外離脱の調査結果では、このような灼熱地帯は金星の一部だけ
であり、灼熱地帯は砂漠のような地域と火山活動が盛んな地域であることが報告されている。
なお、その他の地域は、植物の厚い葉に覆われたジャングル地帯と麦畑のような地域に分かれて
おり、麦畑のような地域には運河や都市のようなものが認められ、そこには知的生命体が住んで
いる。都市の住人は他の星系から来たものであり、その先進技術によって惑星環境を改変したも
のと考えられる。また金星を覆う厚い雲も人工のものであり一種の防衛システムである。
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/10723440.html


ロシア(ソ連)の金星ロケットによると金星表面はやはり90気圧以上、470度を記録している。
(おそらくこれは知能の高い金星人に高温高圧の所に誘導されたか、幻影を見せられたのではないだろうか。)
(大気の上空にレーダーを反射する電離層も作ってある。)
(金星人がそうしてまで嫌っているのだから、金星移住など考えないほうが良い。やはり地球しかない。)

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ゼータトークを最近知り、驚きました。現ブッシュはクローン3でイラン攻撃させないためだそうです。クローン2は後頭部射殺、ブッシュ1初代?は酔いつぶれているそうです。

2008/6/19(木) 午後 0:49 [ tamaruger44 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事