徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

知恵袋より2

Q:一匹狼はどうしたらよいのでしょう。
一匹狼は一匹狼なりに最高を目指せばよいのです。
一生懸命に何かを努力し続ければ良いのです。
そうすれば集団で群れている人たちよりも、すばらしい人生になります。



Q:2012年の地球大難に用意するものは。
我々が用意できるものといえば、どんなことになっても邪悪な心にならないことです。
他人のものを盗んでまで生き延びようとすることは一番いけないことです。
困っている人がいたら、自分のものを分け与える、ことが必要です。
他人のものを盗んでまで生き延びようとする人には、より大きな苦しみがやってきます。
2012年の次元上昇は神の仕組みです。
邪悪な心を持った人はこの地球上には居れなくなります。
邪悪な心の人は早く死に、魂ごと消滅するか、地球以外の低俗な星に生まれ変わります。
善い心の人は早く死んでも、地球上に残り善い人の子として生まれ変わります。



Q:五次元について教えて
三次元までは縦横高さ、四次元は時間としても五次元以上は考えられなくなってしまいます。
宇宙をそういった次元で表現するのは無理があります。

物質は全て素粒子でできています。
素粒子は高速で回転しています。
三次元では低速で回転しています。
四次元ではもう少し高速で回転しています。
五次元ではさらに高速で回転します。波動といいます。
波動の低い存在は波動の高い存在を見ることもできないし、触ることもできません。異次元です。

四次元以上の世界は霊の世界です。
四次元は地獄界、幽界、霊界とあります。
四次元は無くなりつつあります。
だんだんとこの現世は三次元から五次元へ移行しつつあります。
五次元は神界です。
この地球上は人間の世界から神のような心の人たちの世界へ移行しつつあります。
その決定的瞬間は2012年です。12月22日ごろですが早まることもあるでしょう。
低俗な心の人たちは生きにくくなります。



Q:人類滅亡はどんなことが?
このまま軍事技術が発達すれば簡単に人類絶滅する技術が開発されるでしょう。
頭が狂った指導者の一人が人類絶滅のスイッチを押すかもしれない。

宇宙のどこかから大隕石を地球に誘導してくれば人類破滅です。
コンピューターが人間をコントロールするようになると、人類破滅させるソフトを作ってインターネットにもぐりこませるかもしれない。
超強力な細菌兵器が開発されて、ワクチンをうっている人以外は殺されるかもしれない。
地球上空の電離層が破られて、有害な宇宙線が人類を破滅させるかもしれない。
ほかにも色々あります。



Q:カネが大事と思うが。
いくらお金を稼いでも死んだら何も持ってはいけません。
お金を稼ぐために低俗な心になっては、生まれてきたのは逆効果でした。
物やお金を多く集めるより、徳を多く集めたほうがよい。
すばらしい魂になれば、来世もすばらしくなり、その方がずっとトクです。
魂は永久不滅です。カネを儲けたって魂が悪くなるだけです。



Q:納得いく人生にするには。
何事も一生懸命にやることです。
一生懸命やって駄目だったら、諦めがつきます。
一生懸命やらずに駄目だったら後悔します。
「なぜ一生懸命にやらなかったのか。駄目だったのは一生懸命にしなかったからだ。」

まず今日という1日を一生懸命生きることです。悔いのない一日だった、といえるような1日を。
そういった毎日の積み重ねが納得のいく人生になります。



Q:この頃つらいことが多いのですが。
現在、三次元から五次元へ次元上昇中です。2012年が区切りでしょう。
それまでに人間の心を神のような心にする必要があります。
今までその人がしてきた善くないこと、カルマを精算する必要があります。
現在の苦しみはその精算が一度にどっと来ているのです。2012年までに時間がないのです。
その精算から逃げないで次々と精算していけば精算が終われば良いことばかり起こるようになるでしょう。


Q:オカルト教団に入信してひどい目にあった。
その女行者は他の垢をつけたのです。
何の垢もつけずに内在神のみを信じていたら、そのようにはなりません。
人間は誰もが内在神を持っているのです。
自分より何万倍も霊性が高いのです。
その神を信じないで、ほかを信じようとするからそうなるのです。
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou


Q:なんでもカネの社会だけど。
人生はカネ、カネ、カネだと、それが今までの資本主義社会でした。
資本主義社会は今、崩壊しかかっています。
これからはそれとは正反対の社会が望まれます。
なんでもカネの社会ではなく、カネの要らない社会。
他人のためになることを何でもやっていれば評価され、食事にもありつける社会。
心が清らかな人が一番尊ばれる社会。神のような心の人が増えていく社会。
そういった社会がこれからは実現していくでしょう。
心構え:宇宙文明の心のありよう http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/8993226.html
心構え:地球文明の浅はかさ http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/8993187.html



Q:人を怨んでいるが。
人を怨んではいけません。人を怨めばあなたにカルマが発生し、長くあなたを苦しめます。
人を呪わば穴二つ、といいます。人を呪うなら、墓穴が二つ要ります。

そいつがあなたに害を加えたのなら、罰は神に任せたほうが良いでしょう。
ちゃんと神はそいつに罰を加えます。現世で罰が与えられないときは死後にひどい罰を受けます。
ですから、罰を加えるのは神だけです。あなたが罰してはいけません。

そいつはあなたが不幸になることを望んでいます。あなたが幸福になれば、そいつが苦しむでしょう。



Q:若い頃やっておけばよかったこと。
若い頃は考え違いばかりしていた。
親への反発から、歯を磨かなかった。それが一生の後悔の元になった。
三流の高校へ入り、いやになり高校中退。一流の高校へ入る能力があったのに。
親と相当に考え方に開きがあって、親からの忠告は無視していた。

高校中退して別の高校へ入りなおせばよかったな。
もっと良いアドバイスをしてくれる人が近くにいたら良かったのにな。
自分の好きな仕事を徹底的にやっていけば、その好きな仕事の達人になれたのにな。


Q:なぜ、多く稼いで豪快に生きていかないの?
そんなに金儲けしても使い道がありませんから、金儲けすることは無駄なんです。
高い宝石買っても、泥棒の心配しなければならないだけだし。
高級な外車買っても、ガソリンを多く食うだけだし。
ご馳走食べても太るだけだし。
御殿のような家を建てても固定資産税が増えるだけだし。
財産を作っても、死んだら持っていけないし。


Q:パラレルワールドとは
我々の体も素粒子からできています。
素粒子は高速で回転しています。
もし素粒子の回転数が高まれば、波動が高まれば、我々から見えなくなり、触ることもできなくなります。
我々から見えない、触ることもできないところは異次元です。
地球は異次元が同居している多次元世界です。パラレルワールドです。



Q:自殺したい
この人生の苦難から逃れるために自分の命を断った霊魂が、霊界のどのような境遇に置かれることになるかということは、多くの霊界通信が明らかにしているところです。間違いなく生前の苦しみはそのままで、しかもそれを何十倍もスケールアップした世界にいるわけです

現在の何十倍も苦しみたければ、自殺してください。


Q:月着陸にニセの映像が使われた理由は
太陽が光源であるはずなのに影の向きがバラバラ、月面には空気がないのに旗がはためいている、空の部分に星がない、などの画像の不自然な点がいくつも指摘され、「情報操作説」が浮かび上がった。

もちろん、アポロ11号によって人類が月に降り立ったのは事実であろうが、問題は発表された写真や映像の方である。人類初の快挙を、一部とはいえ、やらせの映像に差し替えたり、写真を修正する必要があったのだろうか。(NASAからは疑惑の写真にそれぞれ説明がなされている。)

結論としては、月面で撮影したものの中に、人類には見せられない、あるいは放送すべきではないだろうと判断された「何か」が映っていた、ということである。そしてその部分に修正や差し替えが行われて発表された。

この説を裏付けるような、有名な交信記録が残っている。
アームストロング船長 「おい、あれは一体何だ?」
管制室 「こちらヒューストン。アポロ11号、応答せよ。」
アームストロング船長 「信じられないだろうが、すでに月の上には巨大な宇宙船が停まっているんだ! クレーターの向こう側にずらっと並んでいて、あいつらは月面で俺たちを監視している!」

閉じる コメント(2)

顔アイコン

知恵袋の記事はほとんど堀進が書いたものです。

伊勢白山道の記事はすべて伊勢白山道さんの記事です。

2009/4/29(水) 午前 6:39 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

ありがとうございます。できる限りそうするつもりです。

2009/4/30(木) 午前 6:58 [ hor*s*sum*8 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事