徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

競争から共生へ

みんなが幸せに生き続けるにはどうすればよいか?
  エゴからエヴァへ
 先ほどのような考え方にも賛成できる部分はあります。しかし、このままでは、どうやら今の全人類が余命を全うできるというわけではなさそうなのです。はっきり言うと 「今後数十年以降、共生的な生き方をする良い人間しか地球上で生き残れそうもない。」ようなのです。
 経営コンサルタントの船井幸雄氏が「人類は以前のエゴ(自分中心)的な生き方から、今、エヴァ(共生・調和)的な生き方へ転向しつつある」という意味の本をたくさんお書きになっているようです。基本的に私も賛成です。船井氏以外にも多くの著名な方がエヴァ的な生き方を推奨しているようです。また、パソコン通信上でも 「共生民主主義」を唱える方がおられました。奈良にお住まいの 諏訪光司氏です。元はNIFTYのフォーラムで見つけたのですが、最近インターネットのホームページ上でも同じ論文を公開されていますので、リンクを張ります。是非皆様に読んでいただきたいと思っています。

けっきょく私は何が言いたいのか
 つまり私が言いたいことは簡単なことです。
多くの人は結局は自分が大事だと思っているし、お金が大事だと思っている。しかし、今、地球レベルで環境と政治経済の崩壊が始まっている。もはや自分の家族の健康と銭金だけ考えていたのでは 全人類が共倒れになるかもしれない。だから、自分と家族の損得だけにこだわらず、地球的な規模で(後日アップする予定だが 「宇宙意志的な」)の 助け合い運動を世界中で広めていかないと、 総人類滅亡という最悪の結果を招く可能性が大きい。



先生が塾生に説いてこられた教えの中に“エゴからエヴァへ”、“百匹目の猿”、“マクロの善”などの言葉があります。

特に“百匹目の猿”で思い出すのは、この言葉の原点となった幸島に数回にわたってご一緒させていただいた時のことです。
今はすっかり塾生の間にも定着した百匹目の猿現象の概念、たった一人の気づきが集団に広がり、その数量がある一定に達すると、時空を超えて急速に伝播していくメカニズムについて親しく教えていただきました。

次に“エゴからエヴァへ”という言葉ですが、
当時の私は今思うと自他共に認めるエゴのかたまりでした。

そんな私に「なぜ副会長の役割を?」と考えた時、
ふとある考えが浮かんできました。

もしかしたら先生は、
「資本主義社会に満ち溢れている小欲なエゴイストよりもエゴをむき出しにして生きている人間として私を選ばれたのではないか?」
という想像です。

私のように極度なエゴイストでも、自分の為だけではなく社会全体が良くなることを考えられるような人間に成長することを “エゴからエヴァへ”と言う言葉で表現され、塾生の全てに成長への変化が行き渡るように、いわゆる100匹目の猿現象がおきることを期待されたのではないでしょうか。

一人が変われば世界が変わると言う言葉でも表現されています。
先生から頂いた「船井流元気の出る生き方」の中で、エヴァについて次のように分かりやすく解説されています。

「エヴァとは、エゴの対極にある考え方で、自分も大事だが、他人も大事、
目先も大事だが将来も大事、お金も大事だがそれ以外のものも大事
だという考え方である」

そしてさらに以下のように結んでおられます。

「こうしたエヴァの考え方に立たねば、
これからは有意義なことは、なしえないと思っている。
それくらい世の中を、われわれはすでに傷つけてしまったのである。
良心と自然の摂理に従い、エヴァで生きるような社会のシステムを
一刻も早くつくり出していかねばならない」

1997年に書かれた「エヴァへの道」、「エヴァの発見」の中でも人間社会に対して警鐘を鳴らされています。皆さんもお気づきだろうと思いますが、この後10年間先生が主張されていることは少しもぶれることなく一貫しています。

私たち塾生は、この10年間で、人間として今ある社会を少しでも良くするために、十分に先生から学ばせていただきました。
今後は、塾生全てが幸塾設立当初の原点に立ち返り、先生の教えを実行していくだけです。

“マクロの善”に本当に目覚めた塾生をひとりでも多く増やし、それぞれが生活するコミュニティにおいても100匹目の猿現象を起こしてゆくことが、船井先生のこの10年間に対するご恩に報いることであり、幸塾の今後の使命であると思うのです。

お陰さまで世話人の方々は全国に広がり、100匹目の猿現象が各地で始まっております。
このことは船井先生の庇護から離れ幸塾自体が独り立ちをしていく時期が来たことを示しているのではないでしょうか。

少なくとも私はそう確信いたしました。

不安がないといえば嘘になります。

しかし私たち塾生は、マイナスの波動を自分の心の持ち方次第で、
プラスに変えていくことをすでに学んでいます。
問題の種子は絶えずはらんでいるのが世の常ですが、ピンチの時こそ、
その場をワンランク上のステージに変えていく心の持ちようもすでに学びました。

10年前、先生に種をまいていただいたものが、
つぼみとなりこれから花を咲かせようとしています。

各人がそれぞれの特性を活かしながら、
これからも幸塾からさらに良い波動を発信し続けることで、
これから人間社会を担って行く子供たちにとって、
より良い社会が実現するように頑張りましょう。

「ただ今ここから大きな愛が生まれ、
その愛の波動が全ての良きものと共鳴し、永遠に響き渡るように!! 」

http://www.saiwaijyuku.gr.jp/index.php?%A1%D8%C9%B4%C9%A4%CC%DC%A4%CE%B1%EE%B8%BD%BE%DD%A1%D9%A4%F2%B5%AF%A4%B3%A4%B9%B2%F1



経済政策は競争から共生へ・今西錦司の共生論に学べ 2007/01/17

 小泉、安倍政権下では「市場原理主義」の政策が欧米流の経済学者によって進められている。市場原理主義は「強いもの、環境により適応したものが生き残る」とした「ダ−ウイン進化論」の自然選択説を市場経済に当てはめたもので、20世紀初頭、モルガンやロックフェラー等は自分達の強欲な経済活動を正当化するためにこの考え方を利用した。

 ところで日本の進化論者である今西錦司氏は「ダ−ウイン進化論」と対極にある「棲み分けによる共生論」を唱えている。今西氏は生物界を種社会による有機的調和体とし「進化とは競争で相手を淘汰するのではなく、切磋琢磨によってより強い共生関係を作り上げていく」という考え方を採っている。

 今西進化論を社会に当てはめると「進歩は自由競争によって獲得されるようにみえるが、実は社会の中で形成された共通の文化と、その文化が持つ共生のメカニズムによって創られる」のであろう。日本人は元来レベルの高い文化を保有しており、その文化に根ざした経済環境を作ることこそ国家の力を高めていく事になる。

 安倍政権も「美しい国」を実現したいのならば、国民を競争で煽りたてホリエモンのような金儲けの上手い人間を優遇する狩猟民族的政策ではなく、民主党の小沢一郎代表が掲げる「共生」の理念を基本に、道徳的倫理観や礼節、弱者への思いやりといった日本文化の良さを生かした新しい経済政策を打ち出すべきだろう。

(妹尾晶夫) http://www.news.janjan.jp/government/0701/0701168191/1.php



●第3章 いま、「エゴ」から「エヴァ」へ移行中●
上手な生き方は「自然の摂理」に合わせ、一体化すること
正しい生き方は、自然の摂理に従うことです。自然の摂理に従うと、すべてがうまくいくようになります。自然には、競争はほとんどありません。共生しています。そして調和し、一体化しています。複雑ではなく単純で、相似象になっています。フラクタルです。
宇宙も、われわれの体も、原子の世界も、同じ構造を持っています。循環し、ゆらぎながら、生成発展しています。そのような自然の摂理に従うと、上手に生きられるし経営もうまくいきます。
資本主義はマクロにみると自然の摂理に反しています。根元的な視点に立てば自分が何よりも大切だ、基本的には自分だけよければいいというエゴの発想は、世界を潰すことがわ かります。いままでは大半の人が、自分だけ、目先だけ、お金だけと考えてきましたが、現在は変化が見えてきました。
これから人々の求めるものが変わりそうです。たぶん共生、愛、節約、公開、エコロジー、アナログ、本物、一体、調和、などの志向が高まってくるでしょう。いま一体化の動きが出てきましたが、これも大きな変化です。
右脳と左脳を一体化しようというのも、こうした一体化現象の一つです。たとえば、目先と将 来の一体化、競争と協調の一体化、競争と共生の一体化、エコロジーとエコノミーの一体化、本音とたてまえの一体化などが、いまの一つの社会現象として挙げられます。
最終的には、これまでは絶対に一体化が無理だと考えられていた、善と悪、敵と味方、プラス発想とマイナス発想など、相反し、敵対化していたことすべてを一体化するようになるでしょう。いろいろなことが変化していくと思います。
たぶん一体化することによって、悪は善に、敵は味方に、マイナスはプラスに包みこまれ淘汰されていくでしょう。また男と女、右脳と左脳のように、異なるけれど対等であるといったものは、その共通の概念に統合され普遍化されると思います。
私たちの生活自体も一体化することで、さらに楽しく生きられるようになります。たとえば趣味と仕事と遊びを一体化する。そして優れた人ほど行動と言葉、言行が一体化していくでしょう。本音とたてまえも一体化します。心と体も一体化するでしょう。これからの生き方のコツこそ、一体化にありそうです。
http://www.fuun-sha.co.jp/pdf/01.pdf#search='エゴからエヴァ';

閉じる コメント(2)

いつも楽しみに読んでいます。今の時代、とてもためになる内容で学び取る事が出来まして感謝してます。ありがとうございます。

2009/4/30(木) 午後 0:30 [ 442442442 ]

顔アイコン

ありがとうございます。できるだけ人のためになるようにしようと思います。

2009/5/1(金) 午前 7:15 [ hor*s*sum*8 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事