徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

アバスチンの標的分子は,VEGF(血管内皮増殖因子)というたんぱく質です。VEGFにより血管の細胞は増殖し
, VEGFが分泌される場所にむかって血管が伸びたり,新しい血管ができます(血管新生)。
アバスチンは,がん細胞への血管新生を抑制し,がん細胞の増殖を抑えます。

血管新生とがんがどのように関連するのか?がん細胞の増殖速度は通常の細胞に比べて早く,
多くの栄養分を必要とします。そこで,がん細胞は血液から栄養分を得るために,周りの細胞に向かって
VEGFを分泌し,がん細胞への血管新生が起こします。

血管新生が起こるためには,VEGFがVEGF受容体と呼ばれるたんぱく質に結合する必要があります。
アバスチンはVEGFに対するモノクローナル抗体というたんぱく質で,VEGFと結合します。すると,VEGF
はVEGF受容体に結合できなくなり,血管新生が阻害されます。こうして,がん細胞への血管がなくなり,
がん細胞の増殖速度が低下します。つまりアバスチンをつかって,がん細胞に兵糧攻めをしかけるということです,。

アバスチンは,がん細胞がの増殖を抑制します。しかし,アバスチンはできてしまったがんを縮小することは
できません。がんを縮小させるには,一般的な抗がん剤が必要です。アバスチン+一般的な抗がん剤という
組み合わせを用いると,これまでの抗がん剤の作用を増強することが,臨床試験で示されました。

今のところ,アバスチンが効果を示すがんは大腸がんなどの限られたものです。しかし,血管新生はさまざまな
固形がんで起こると考えられるので,今後の臨床試験での有効性が期待されます。
==============================
ウクラインとは
http://www.ukrain.ua/lang/jp/index_jp.html
クサノオウの特別な抽出液を主体とするウクラインは様々な癌の治療に用いられます。

ウクラインは、先ず何よりも専ら癌細胞にのみ作用する抗癌剤で、投与から数分以内に癌細胞に集中します。
ウクラインは癌細胞の細胞死を引き起こしますが、化学療法と全く異なり、治療のための投薬量では、正常細胞
にダメージを与えることがありません。

2004年と2006年、ウクラインの開発者であるワシル・ノヴィッキー博士は、ノーベル化学賞にノミネートされています。

背景
クサノオウ(Chelidonium majus L.)は、薬草として、既に3000年以上、良く知られています。クサノオウから出る
乳液は、主に皮膚のいぼ治療に用いられてきました。けれども、クサノオウの内科的使用は、その高い毒性の
ため、極めて限られていました。ところが、特許の製法によって開発された製品は、静脈注射による投薬が可能と
なり、しかも癌細胞との親和性を特徴としています。開発者は、祖国の名をとって、この製品をウクラインと名付けました。

各国での認可状況
ウクラインは、抗癌剤として、アラブ首長国連邦(登録番号4987-6179-1)、ヨーロッパの幾つかの国々
(その一例はウクライナで、最初の認可が1998年10月18日、#3641、再認可が2003年9月2日、
#3641)、メキシコ(登録番号036M2005 SSA)で認可されています。
ウクラインは、アメリカ(認可申請#03-1693)とオーストラリア(ファイル004/009839)で、膵臓癌に対する
稀少疾病用医薬品に指定されています。ウクラインは既に264回、国際化学療法学会、アメリカ癌研究協会、
米国国立癌研究所、欧州癌研究治療機関の癌治療薬品に関する年次会議など、数多くの国際会議や学会
で紹介されています。1997年、オーストリアのシドニーにおける第20回国際化学療法学会では、ひとつのセクションで
、ウクラインのみがテーマとされています。ウクラインをテーマに、既に257に上る専門研究が公表されています。

特性と作用のメカニズム
ウクラインは、先ず何よりも専ら癌細胞にのみ作用する抗癌剤で、投与から数分以内に癌細胞に集中します。
ウクラインは癌細胞の細胞死を引き起こしますが、化学療法と全く異なり、治療のための投薬量では、
正常細胞にダメージを与えることがありません。

ウクラインは、血管新生阻害作用によって腫瘍部分を包み込み、こうして外科手術を容易にします。

ウクラインの薬効作用は極めてユニークなメカニズムを有し、この点で、他の医薬品と全く異なっています。
ウクラインは、チューブリンの重合を阻止することによって、癌細胞の細胞死を誘導します。
これによって、細胞生成がG2M期でストップします。このメカニズムは、ゲムシタビンから明確に異なっています
(ゲムシタビンはピリミジンと同様の性質を有するものです。シチジンとは違い、ゲムシタビンはDNAのらせん
構造の中に形成され、DNAの合成が止まります)。同様に、エルロチニブとも異なります
(これはチロシンキナーゼを選択的に阻止するもので、ヒト皮膚成長因子受容体を経ての成長シグナル
伝達を妨げます)。これら2つの医薬品と全く異なるウクラインは、従って革新的な作用メカニズムをもつものです。

加えてウクラインには免疫機能を活性化する作用があります。このため患者の総合的な状態を改善し、
単に延命ばかりでなく、多くの症例で、病気からの回復に寄与しています。

ウクラインの投与許容量(TI)は1250で、通常の細胞増殖抑制剤の投与許容量1.4〜1.8に比べて非常に
高い数値であり、このため、癌細胞に対して有毒な投与量では、患者の身体には一切悪影響がありません。
ウクラインを皮下注射しても何ら人体組織の壊死を起こさないのも、このためと考えられます。このユニークな
特性は、様々な国々の専門家による多くの臨床研究で実証されています。
==============================
費用:
http://www.1ginzaclinic.com/ukrain/ukrain.html
UKRAIN は静脈内注射にて投与されます。1アンプル(5mg)が10000円です。
1回の投与量は5〜20mgであり、1週間に1〜2回注射します。腫瘍の大きさや増殖スピード、腫瘍の広がり、
免疫力の状況によって量が決定されます。最初のうちは、1週間で2〜8万円程度(2〜8アンプルとして)かかります。
2〜3週間治療して効果がなければ中止します(総量が50〜100mgの段階で全く反応がみられなければ中止)。
治療は腫瘍が完全に縮小し、投与後の反応が見られなくなるまで行います。
効果が現われれば、腫瘍の大きさや効果の程度に合わせて週に2〜4アンプル程度に減らすこともできます。
平均的には1ヵ月に8〜25万円程度かかりますが、薬剤の価格自体が高いのでご了承下さい。
日本では未認可医薬品ですので、保険は使用できません。
医療機関における治療ですので、確定申告の医療費控除の対象になります。

http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/210315.htm

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事