徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

ガンの予防や治療に役立つといわれているビタミンB17、アミグダリンについて、今から徹底的に検索します。

世界中にはガンのない他とは違う人種または人々の集団がある。Abkhazian(アブハズ人、アブハズ語◆グルジア共和国のアブハジア自治共和国)、Hopi and Navajo Indians(ホピとナバホインディアン), Hunzas(フンザの人々), Eskimos(エスキモー) Karakorum(カラコルム)などだ。彼らに共通なのはビタミンB17を豊富に含んだ食事を摂っていることだ。野生のブラックベリーやアンズの種などの食べ物はビタミンB17を多量に含んでいる。

アミグダリンとは、ビタミンB17とも言われ、杏(あんず)・アーモンド・びわ・梅・桃等の種子他に含まれています。 特にあんずの種子には多く含まれ、それを結晶化したものを 「リトリール」 と呼びます。 外国では不治の病に注射液として使用されているところもあります。 健康維持に注目されいる栄養素です。 主成分である「あんにんの粉末」は、あんずの種の核をすりつぶして粉状にしたものであり、アミグダリンの他に、健康・美容に注目されているさまざまな栄養素(オレイン酸・パルミトレイン酸・パルミチン酸・ステアリン酸・リノール酸・他)が豊富に含有され、特にビタミンB17(アミグダリン)は、他の果物と比べて群を抜いて多く含まれており、美容・健康に役立つとして注目されています。

アミグダリンは体内で血液のpHを整えて血液を浄化します。体内でのこの化学変化が
炎症を治癒する作用をするので自然治癒力を復活させ、鎮痛、消炎、制ガンなどの働
きをすることになります。肩こり、腰痛、心臓病、高血圧、肝臓病などの成人病や頭
痛、神経痛、婦人病、自律神経失調症、切り傷や各種皮膚病、建胃整腸、利尿効果な
ど実に広範囲に及ぶ効用が万病に用いられるゆえんなのです。

動物園の猿や霊長類に新鮮な桃や杏を与えると、甘くて肉づきのいい美味い部分を
食べますが、続いて硬い種殻を砕き中の仁も食べます。それまで見たこともない果物
を与えても動物の本能がそうさせるようです。自然界のどこにでも分布するビタミン
B17はとくに果物のタネに濃縮されています。

クレブス博士は、壊血病やペラグラと同じように、癌はバクテリア、ビールス、毒素
などに起因するものではなく、近代人の文明食の中に必須成分が欠乏しているために
起こる、一種の栄養欠乏症だという理論を展開しています。さらに博土は、その必須
成分は1200種以上の食用植物に含まれていて、世界各地で発見できる「ニトリロ
サイド化合物」であると指摘しています。苦扁桃、杏、さんざし、サクランボ、ネク
タリン、桃、梅、カツサバ、亜麻のタネ、リンゴのタネなど、主としてバラ科の種実
の中にとくに多く含まれているアミグダリン(ビタミンB17)です

ロジャー・ウイリアムス博士は「ビタミン強化パンを与え
たネズミは栄養失調で死亡するかひどく発育が遅れますが、自然の飼料を与えるとほ
とんどのネズミは健康を取り戻す」と証言しています。

「ビワの葉」の4つの効果 抗ガン作用 鎮痛作用 殺菌作用 血液浄化作用
ビワはバラ科の植物で、アンズ、モモ、リンゴ、ナシ、サクラなどの仲間です。
ビワの葉の成分としては、ブドウ糖、蔗糖、果糖、マルトース、澱粉、デキスト
リン、酒石酸、クエン酸、リンゴ酸、アミグダリン、タンニン、サポニンなどが
あります。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事