徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

癌の正体見たり枯れ尾花 寅蔵★阿修羅♪ > 不安と不健康15 > 228.html

http://www.asyura2.com/09/health15/msg/228.html

ガンは生体を守るために発生している生命維持装置。毒素をコンクリートのように細胞で固めて、全身から隔離して全体を守っているのがガン細胞の正体
これを三大治療で強制破壊すると毒のカプセルが炸裂して毒素が全身に拡散する

ガン細胞を成分分析すると、ガン細胞は通常の正常な細胞に比べて多量の有害化学物質や毒素を検出している。
また毒素の種類によってたまりやすい場所に差があることが分かっている。
脂肪に蓄積しやすい毒素、肝臓に蓄積しやすい毒素など種類があって、多様なガンを作っている。肝臓が悪化するとガンは急速に悪化する。
酒でガンになりやすいのも解毒機関に負担をかけるため。

ガン細胞が異常な細胞が分裂している増えているのではないことは明らか。
ガン細胞は決してブレーキが壊れた細胞として無限に増殖しているのでは無い。体内の汚染を一点集中させているにすぎないから、汚染源を突きとめて、体内の汚染が止まれば、あとは自然に縮小して消滅していくのは、ごくごく当り前のことにすぎない。

しかしナチュラルキラー細胞理論と同様に、これらのガン細胞を成分分析した事実は既存のガン治療にとって非常に不都合な真実であるために、医学教育
では一切黙殺されている。ガン産業にとっては、あくまでもガン細胞が無限に増殖して患者を殺す恐ろしい細胞であってもらわなければ商売上困るからだ。
過去の治療が根本的に誤っていた決定的な証拠であり、既得利権を根本から崩壊させる不都合な真実であるから、彼らは絶対にこのガンの事実を認めない

●がんは「排毒」の腫瘍である
「排毒」とは、読んで字のとおり毒を排する、つまり、体内に溜め込んだ毒素を体外に排出することです。東洋医学的な考え方では、この生体反応が、がん
にしろ風邪にしろ、病気としてあらわれると見ています。
たとえば、風邪をひいて、発熱し、発汗し、せきや庚が出、下痢や嘔吐を起こすのは、こうして体内の毒素を体外に排出しようとする「排毒」現象なのです。
がんも同じです。体内の毒素を一カ所に集め、そこから排毒しょうとして腫瘍が形成されるわけです。

人が生まれてからこれまで何を食べてきたか、それ以前、胎児であったときに母親が何を食べたかによって、どんな病気になるか決まるといってもいいのです。
さまざまな食品添加物、農薬や化学肥料によって汚染された農作物などはともかく、日常何も気にせず口にしている肉、卵、牛乳、乳製品、魚のたぐいま
で「毒物」と決めつけられたら、びっくりする人が多いでしょう。
こういったものを多量に摂取していると、長い年月の間に毒素として体内に蓄積され、最終的にがんその他の病気の形をとって体外に排出しようとします。

体内の毒素が一カ所に集まって形成された腫瘍、つまり、がんはある時期になると溶けて体外へ流れ出します。しかし、さらに毒物を摂取しっづけている
と、がんはどんどん大きくなっていく。

●手術するのは痛いぶん損
がんの病巣と見なされる臓器を外科手術で切除したとしでも、先にのべた体内の毒素はいぜん蓄積されたままです。ですから、体はその蓄積され
た毒素を排出しようとして、ふたたび毒素を一カ所ないし数カ所に集め、腫瘍を形成します。がんの再発が、これです。

結局、手術をしてもしなくても、生存率はあまり変わらない、痛い目に遭ったぶんだけ損という気さえします。

手術は人体を切り開き、内臓器を空気にさらすことですから、必然的に体を酸化させ、また、手術には酸化力の強い麻酔剤の投与が不可欠です。さらに手
術後、これまた酸化力の強い抗がん剤の投与や放射線の照射がなされます。
その結果、人体はよりいっそう酸化し、いっそう発がんしやすい状況を体内につくり出してしまいます。先にのべた毒物とは酸化物質であり、これによる
人体の酸化こそが人体を発がんさせる張本人なのです。


金属に関しては、出す能力が人間はものすごく少ない。ケミカル(化学物質)もそうです。なぜか?
これらは(近代社会になって)最近来たものだから、人間という生命体は排泄機構がまだない。非常に少ない。まず入ったということに気付かない。

ガンという病気が治ろうとする直前の現象が、腫瘍が大きくなるという現象としてあらわれてくる。

一般には、ガンというと、体のいろいろな部分にできるガン腫(オデキ)になったところだけがガンだと思われています。
しかし、これはまちがいです。
そのオデキをつくらせた蔭の悪魔は何でしょうか。それは「血液の汚れ」なのです。さきに、血液が汚れると、それが体のなかのいろいろなところに炎症をおこさせることをお話ししましたが、その炎症の一つが、まさにこのガン腫です。

敗血症では二〜三日であの世行きとなる人が、ガンというオデキが体内にできたおかげで二〜三年は生きのびられるようになったわけですから、ガンにた
いして感謝しなければバチがあたるというものでしょう。
血の汚れを治すために積極的に努力し、生活改善をはかれば、ガンが治ってしまうのです。
血液がすっかりきれいになれば、体がやむなくつくりだしたガン腫はお役御免になり、自然に消えていってしまいます。

ガンは決して悪魔などではなく、自分の血液をきれいにしてくれる浄血装置なのですから、ガンにたいして毎日、感謝の気持をもつことです。

ガンを治療するにあたっては、「ガンは恐くない」ということを頭にたたきこんでおくことが重要です。
患者自身が「私の病気はガンだが、まちがった治療さえしなければ、かならず完全に治るはずだ。そのために、まず食物の重大さを知り、食生活改善を中心にした生活改善を
しよう。そうすれば、ガンなんてかんたんに治るさ。ガンは恐くないんだ」という強い信念をもてば、それだけでガンはもう半分治ってしまったといってもいいくらいです。

ガン治療の三大ポイントは「精神の安定」、「適切な運動」および「正しい食事」ですが、この精神的な問題は根本的に重要なことです。

食事療法などを提唱、実践している医師たちは「ガンは爛乾濛洵瓩澄廚噺世Αつまり体内に微量毒物がジワジワと侵入してくる。これは血液を汚し、そ
のままでは血液が腐敗し敗血症をおこしてしまう。すると一週間ほどで死んでしまう。そこで、緊急避難として、体の一部が、その毒素を抱え込む。いわば
毒素が外に漏れないように包み込んだ″ゴミ袋″それがガンだ……というのだ。
そこで弱い臓器が、全身を救うために犠牲になる。

ガンは放置してもほとんど大きくならないというデータを出して、批判する医師達もそんなこと常識であると認めている。

もし抗ガン剤でガンが縮んだとしたら、その毒素が破壊されて体内に漏れ出したと言うことである。ドラム缶に詰め込んだ放射線廃棄物がまき散らさ
れたのと同じで喜んでいる場合ではない。

もし間違いを認めることになれば、凄まじい債務超過と大罪を背負うことになるのだ。10兆円の利益確定してきた製薬会社もあっという間に紙くずである。
一気にマイナスの奈落の底へと突き落とされるのである。彼らがそんな恐ろしいことを絶対に認められるはずもない。躍起に否定するのも当然だ。
彼らは殺戮、殺傷これからもを続けるしかないのである。嘘をつくために次の嘘を重ねなければならないという悪循環で壮大なペテンを繰り返して悪循環
に陥っているのが今の医療産業である。

今の治療やガンを大きくしないためのクスリの開発や治療行為は、根底から、発想が勘違いしており、まったく何の意味もなく、治癒効果もまっ
たくゼロ。ガンを小さくすればいいという発想自体が根本的に完璧に間違っている。抗ガン剤治療でガンが大きくなるのは、それによって毒を集めて全体を
生き延びさせようとしている生命力である。

ガン細胞もガンという病気全体から助けよう、治そう、浄化しようとしている症状に過ぎない。抗ガン剤や放射線でガンが縮む、もしくは消えることはおめでたいことではなく、全体悪化という悪夢の始まりである。

抗ガン剤の副作用は想像を絶する苦しさだという。毒を盛られたのだから、当然であろう。
下痢、嘔吐、食欲不振、不快、苦悶……。やせ細って衰弱し死亡するガン患者も多い。

世界でも、アゼルバイジャンやカラコルムなどの、アジア大陸内陸奥地は化学物質汚染がほとんどない地域で、がんも非常に少ない。80年代の調査では
フンザにはまったくガン患者が居なかった。汚い水、汚染された空気、食品添加物などの文明手術生活による化学物質とは無縁の生活を送っていたからガン
になる必要もなかった。
「アメリカの文明が入りこむ以前は、アラスカ原住民イヌイットにがんはほとんどなかった」と述べている。

肺ガンは主に空気の汚染によって、肺に有害な化学物質がたまることで起きている。都会の生活、シックハウス自体がガンの原因になっている。

コンビニ弁当などを食べたら、常に吐いて食べられないという症状が本当はまともな人間の健康な証なのである。
西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によれば、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたと
ころ、奇形や死産が相次いでいたことが分った。

たとえ若い人でも、健康な人でも、一日に約三〇〇〇個〜五〇〇〇個くらい、ガン細胞が発生しているんです。

わたしは前著『抗ガン剤で殺される』(花伝社)で「毎年三一万人が犹爐鵑任い覘瓩箸い錣譴襯ン患者の約八割、二五万人は、抗ガン剤や放射線、手
術など爛ン治療″で殺されている」と満腔の怒りをこめて告発した。
わたしは、この書で、日本のガン専門医たちを犹人者″犁垰者″と断じた。なのに、全国、数万人はいるはずの彼らからの抗議はゼロだ。犖蹐蝓蹐了愿Δ垢蕕覆ぁ

(米は花期以後は無農薬なので残農薬の心配要らない。)

閉じる コメント(3)

顔アイコン

為に なります。

2010/2/13(土) 午後 5:50 [ - ] 返信する

ところで、玄米をとると癌はどうなるんだろ?
縮むのな?
体外に排泄?

2010/2/16(火) 午前 1:33 [ setsuna ] 返信する

顔アイコン

体に有害なものを摂っていない限り、癌はだんだん縮小していくと思います。

2010/2/16(火) 午後 2:39 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事