徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

癌は重曹で治る

*Dr.牧瀬サプリメントクリニック*がん重曹(じゅうそう:炭酸水素ナトリウム)

r) 重曹(じゅうそう:炭酸水素ナトリウム)

ベーキングパウダーの原料として知られている、いわゆる「じゅうそう」です。
このただほど安い物質ががんに効果があるのです。
この発見者はイタリアの内科医、ドクター・シモンチニです。彼の観察によると、すべてのがんは真菌の一種、カンジダ菌によってくっつきあっているというのです。
カンジダ菌は酸性のにかわ状物質をだし、がん細胞同士をくっつけおり、また、がんのアポトーシス(自然死)を妨害する毒を出しているというのが彼の見解です。

そこで、カンジダ菌を殺せばいいということになります。
したがって、抗真菌薬を使えばいいと誰しも考えるのですが、そうはうまくいきません。未だ、だれも抗真菌薬でがんを治した人はいないのです。ところが、重曹がカンジダ菌を殺し、がんを治してしまうのです。

5%の重曹を500mlの水に溶かして、一時間かけて静脈注射します。一週間のうち6日行います。がん細胞に直接に注入できるような場合(たとえば乳がん)は、がん細胞に直接注入します。
ビタミンCの大量注射(100g)を、重曹の注射と一週間おきにします。つまり、1週目は重曹、2週目はビタミンCで、この2週を1サイクルとします。

ドクター・シモンチニによると、これを3サイクル行うと、ほとんどのがんは治ってしまうということなのです。
実に簡単すぎて、嘘のような話ですが、少なくとも転移のない初期のがんにはかなり効果があるようです。
もっと詳しく知りたい人は、
Dr. Simoncini Sodium Bicarbonate Cancer Therapy
http://www.curenaturalicancro.com/
で検索してください。

私自身は、この目で確かめたことはありませんので、情報だけをここに書いておきます。

ここに述べたことは、あくまで一般的な参考としての情報であり、読者が医学知識を増やすための自習の助けになるものであり、それを越えるものではありません。また、ご自分の症状を正確に把握せず、ここに書かれてあるサプリメントをとったり、治療法を行い、症状が悪化しても、いっさい責任はとれません。

http://www.drmakise.com/supplementbible/50.html

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

情報をありがとうございました☆

2010/2/27(土) 午後 5:44 [ mylovelybunny2003=プリっち☆ ] 返信する

顔アイコン

「5%の重曹を500mlの水に溶かして」の意味が解る方居ますか? 削除

2017/2/27(月) 午前 10:23 [ みきお ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事