徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

空中静止する飛行艇

飄(つむじ風)
画期的な、空気をつかんで、泳ぐ飛行機!!

 UFOのようだ、と形容する方もいるが、むしろ『空気に泳ぐ飛行機』と言う風な感じである。いろいろ工夫は、無尽蔵な希望を感ずる。技術は、工夫である。工夫すれば、もっと安全に効率的に環境適応型で便利なモノが出来るという期待は大きい。
 
 そう言った、自由で楽しい工夫技術が推奨されるべきだ。こういったモノが封殺される時代が長く続いた。既存利権が邪魔をしてきたきらいが否めない。金融資本主義の詐欺性が暴露され、博打カジノが淘汰されれば、本物の技術・発明が百花繚乱する兆しが窺える。
 本来人間は、自然にありのままに情報を共有すれば、その対応力は無限に発揮されるモノだと思う。寒ければ服を着るし、火を起こし、熱ければ服を脱ぎ、水を浴びる。その延長線上に、暖房を発明し、冷房を発明する。車を発明し、海を渡り、空を飛ぶ。石油を活用し、原子力まで活用する。水、空気、そして、未知のエネルギーを発見し、活用するのは自然で必然の成り行きであろう。
 そう未来に悲観することはない。それを阻害するものは何か。欲得で隠し、支配の意図を持って抑圧するからである。石油に依存するのは、依存させられているからである。石油を支配する者は、石油による独占利益を意図して、その他の技術を封殺する。それだけのことだ。
 独占利益を打破しなければならない。そうすれば、様々な技術・発見・発明が花開くであろう。もう、そう言う時を迎えているのかも知れない。
 先ずは、動画でご覧頂こう。はっきり言って感心する。

 ゞを泳ぐ飛行機 
【転載開始】逆説理論で“開発” 宙に浮く飛行艇 2009/3/30
長さ約3メートルの発砲スチロール製のベルシオン飛行艇のテスト機世界が栃木県の片田舎で生まれた発明に大きな注目を寄せ始めた。驚異の飛行艇が現れた。
 その飛行艇は両翼がない。魚のマグロが3本寝たような形状である。ほとんど滑走することなく垂直に近い角度で上昇し、180度旋回や横転を瞬時にこなす。圧巻は、空中停止。そのままゆっくり下降して着陸できるが、上昇や直進を再開することもできる。まるで水中を泳ぐ魚のように自由自在。見た者誰もがUFOの実在を信用するようになる。
 ≪全く新しい航空理論≫  飛行艇の名は「ベルシオン飛行艇」だ。栃木県に研究施設を持つベンチャー、グローバルエナジーが開発した。
 視察に訪れた航空理論のある専門家は目の前で見ていながら信用せず「どういうトリックを使っているのか」と声を荒げた。
 通常の航空理論は機体に備わった両翼の上下間で、機体が直進滑走する際に発生する気圧差により揚力を発生させ、空中へ舞い上がる方式であるからだ。直進速度が落ち揚力が減少すると失速して墜落する。だが眼前の機体は空中停止し、両翼がないのだ。
 開発者の鈴木政彦会長は「空気をつかむ、という新しい考え方で飛んでいる。正統な航空理論を学んできた方は自己否定になるため信じないが」と笑う。
 “空気をつかむ”とは、両サイドの胴体で空気を逃がさないように空気抵抗を作り“抵抗の反作用で浮く”ことだという。例えば、水泳は水をつかんで後方へ押しやる時の反作用で体を前へ進める。空気中も同じ。空中停止はさながら立ち泳ぎだ。
 
 同社は実は、回転時に発生する負のトルクがなく、微風時から回転し騒音もない「ベルシオン式風車」で知名度を上げつつある。現在、関連のベルシオンパワー(杉崎健COO)が事業化を進めており、大手コンビニが環境対策の一環で広島県呉市内の店舗で導入テストを始めている。ゆくゆくは各店舗の使用電力を風力発電で補う構想だ。
 ≪外国企業が殺到中≫
 鈴木氏は「最初開発したのはベルシオン式風車の方。従来の風車理論とは逆説の位置にあり、学界から批判された。従来の風車は航空理論から生まれたもの。つまりベルシオン式風車の力学を証明するには、飛行艇の開発が必要だった。逆説の正しさを証明したかったのだ」と語る。
 飛行艇の情報はやがて口コミで伝わり、各国から視察や交渉申し込みが現在、殺到している。米、独、印、中、東南アジアや中東諸国の企業や研究所、政府関係者だ。「知的財産権交渉が中心となるので、各国で知的財産権を確立しておくことが課題。世界で500件以上を出願する予定で、著名な米国知財弁護士であるヘンリー幸田先生と相談し、戦略的に進めている」とする。
 一方、国内組の出足は遅い。鈴木氏は「権威も実績もないベンチャーが日本で認めてもらうには、海外で認めてもらうことから始めなくてはいけないことが分かった。残念なことだが仕方ない」と、ため息をもらす。
 「今夏、人が乗れるグラスファイバーかカーボン製の長さ5、6メートルの実機を作成し試験を許可してくれるどこかの湖上で飛ばしたい」と鈴木氏。最初に乗って飛行するのは「もちろん自分だ。機体が大きくなるほど空気をつかめ、安定して飛べるはず」と少しも恐れていない。
 歴史上の大発明家と変わらぬ、旺盛な開拓者精神がそこにはある。(知財情報&戦略システム 中岡浩)【転載終了】投稿者 飄平 日時 2009-04-05 20:23

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/cat10239199/index.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事