徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

ガンから生還〜命のバトン5

ママンは最近になって人間はイメージしているものを呼び寄せることの出来る力を持っているということを知りました。

ママンには今年25になる息子がいるのですが、彼は生まれた時に重度の脳性小児まひで、手も足も動かせずにかろうじて手の親指をぴくぴく動かせる程度の運動能力しかありませんでした。
ママンは、実家にて新しいお母さんの子供たちの面倒を見ていたので、五人めの赤ちゃんが手元に来たようなもので何が普通で何が普通でないかはすぐにわかりました。
なにしろママンは知恵と勇気と科学の子。
観察眼の鋭いママンにかかっては、病院の先生も,保健所の保健婦さんもたじたじ。w


03月04日 (木)
さつまいものジュースを3kg毎日しぼって飲んだ実験ではガンが良くなる事はありませんでした。
実際、ママンがやった方法ですが
朝起きたら、まずメロンとニンジンとりんごのジュースを手回しジューサーでしぼって200mlほど飲む。ジューサーは普通のジューサーでもミキサーでもダメです。
栄養素や酵素がちゃんと生きているものを頂くためです。
どうしても電動でという事ならば、生き生き酵素君 というジューサーがあります。
朝のジュースが終わったならばその後2時間おきを目安に、レタスとにんじんとりんごのジュースを飲みます。レタスは丸いものでなく、白菜のようなかたちをしているローメインレタスやサンチェを使います。(うちではローメインレタスが高価なため、サンチェを水耕栽培にして株を残して葉っぱをそのつど収穫しジュースにして飲んでいました。)そのジュースを一日2リットルになるように飲みます。とにかく忙しいです、しょっちゅうジュースをしぼっていないといけませんし、(野菜を短冊に切ってないとダメ)ジュースは絞りたてを飲まないと野菜の力が亡くなってしまいますからね。そして、午前に一度、夜に一度、コーヒー浣腸をします。これで肝臓の機能を高めてあげます。コーヒーはドリップで入れたものを無糖にして3倍にうすめて、その人にもよりますが、700ccほど作って入れれば良いと思います。

食事は食べられるならば玄米粥を。でもだいたいがいつもジュースでお腹かぽかぽで入らないと思います。そんなもので栄養が足りるのか?というと足ります。この方法で、体の余分なものを徹底的におしっこにして流して体質改善を図ります。
魚は少々食べてもいいですが肉は食べません。
必要最小限のものしか体に与えないでおくと、体は勝手に自浄作用を起こしてガンも消えていくのではと思います。まぁちょっと食べないと体に良くないというヘンな常識をうえこまれて病気への道をただひたすらに歩き続けている、一般の人にはちょっと理解してもらえないかもしれませんが。

これを毎日毎日ひたすら続けると、まず体が楽になります。
軽くなりますし、ちょっと霊的に敏感になるかもしれません。
あと、小さな幸せを喜ぶクセを付ける事も大切です。それに自分は絶対治る。
治って{やったぁ!!}と喜んでいるイメージを常に持つこと。そしてその時の感情を繰り返し持つ事。(つまり脳内にドーパミンをあふれさせていい気持ちになる事)
やがて食への欲望が薄らいだ頃にはガンが小さくなっていると思います。

あと大切な事ですが、死に対して「それもよし」くらいに思っとく事です。
死なんて、たいした事ないですから。
それよりも、死に対して恐怖を膨らまして痛いんじゃないか、苦しいんじゃないかって思う方がずっと体に悪いし、時間の無駄です。
いまそこにあるものから、何を学び取ってこれるか?
これがすべてなんじゃないかなってママンは思います。
こんな感じで、やっているうちにガンが消えてしまいました。

でもこれは、本当に大変な事で、絶対に家族の全面協力が必要です。
家族総出で戦うと言った感じでした。
今でも量は減りましたがジュースは続けています。
やろうと思う方はやってみる価値はあると思います。

それに付け加えて言うと、今ではジュースの他にぷるぷる健康法というのをやっています。
これはなかなか簡単ですぐできて、効果が高くてお勧めです。


03月05日 (金)
みなさんは自分のうんこをしっかり調べたことがありますか?
何と何を食べて出てきたうんこ、ということで割り箸などでくずしてみるといいです。どれだけ消化できていないことか!油だけは体に残って、野菜なんかほぼそのまんまが多いです。健康にいい金ごまなんてそのまんま。これ食費の無駄じゃないですか。それとこれ見て言えることは消化にいい状態のものをちょっと食べてお日様に当たってニコニコしていれば私たちは充分生きていけるんです。現代人は食べ過ぎ。これも食品業界の消費を促す宣伝によるものだとママンは思っています。

私たちの体は私たちの心と密接な関係を持っているみたいで、体をとことん信じてあげると、体はそれに答えてくれるとママンは思っています。
だから、薬は飲まないし医者の治療は受けませんでした。検査のみです。

お医者さんにご家族の方やご本人が「おまかせします」「お願いします」といっただけでも、体の方は生きることへの放棄と感じ取って免疫力が著しく低下するとママンは思っています。


03月14日
ママンの恐怖や不安の克服法
ガンなどの病気を持っていたりすると、病気がすすんでないかとか、また突然疼痛が襲ってくるのではないかとかとても心に不安や恐れをもってしまうものです。
じつはこれが、病気をすすませてしまう一つの原因でもあるのですが。

本当は、悪いことは考えないようにしてポジティブ志向で笑って笑って〜ってしたいし、そうしているつもりでもふっとまた痛みがくるのではないか・・なーんて。

そんな時、ママンはこんなことを考えます。

昔、TVかなにかで人間の体の細胞の写真や、血液の白血球や赤血球等の写真を見たときにまるでそこは宇宙みたいだって思いました。実際何かの本で人間は体の中にたくさんのミクロの宇宙をもっていると読んだ事があります。で、今私たちが住んでいる地球と同じような星が、この体の中にあってやっぱりそこには知的生命体がすんでいて、毎日お日様ありがとうって空を見上げているかもしれない。
たとえば、ガン腫瘍の細胞の宇宙の星は、どうなっているだろうか?
ひょっとしたら毎日毎日戦争が続いて、その星にすむ生物が毎日悲しんだり怒ったりしていて、そんなネガティブな世界が星から星へ伝わって、宇宙全体が憎しみや悲しみに覆われてそれが細胞単位になって広がっているとしたなら、わたしはその星や宇宙に何をしてあげたらいいだろうか?って。

ママンはそこに、優しさを送ってあげたら良いと思いました。

だから、ジュースを作るときに野菜をひとつひとつ切りながら、野菜にありがとうをいって体に入ってどうかあの子たちにこの思いを届けてくださいってハンドミキサーでくるくるしぼるんです。
そして、なるべくいい水を送ってあげる。臓器の負担を軽くしてあげる。そのためにとことん消化しやすいものを食べるようにして、体の気をととえてあげたりしていました。それは今でも続いています。

今,なんだか世界は良くない方向に向かっているようで、地震兵器やウィルス散布なんかやっているようですが、これも同じで、なんか今私たちのいる星の宇宙を持っている大きな体は、ガンと戦っているのかもしれない。
そうであるならば、その大きな体に向かってせめて応援の気持ちを送ってあげたらいいんじゃないかと。
ちょっと思ったんです。もし私の腫瘍にすんでいる無数の星の住人が、私にがんばれがんばれっていってくれていたら、なんてすてきかしら!
って。そしたらきっとママンはもっとがんばっちゃう。体を大事に大事にしちゃう。

こんなふうに思っていたら、病気への恐れとか不安が消えちゃってたんです。

だから、ママンは腫瘍を切ったりしないんです。
薬も飲まないんです。
いい水と野菜と少しの玄米と太陽の光。地球のエナジーでちゃんと元気になれるんじゃないかと思っていました。
もちろん痛みもありました。ガンの疼痛は息が止まってしまうくらい痛いんですが、体をかがめてこらえながら星にすむ人に向かって「ごめんね ごめんね もうちょっとまっててね。気がつくのがおそかったね。」っていいながら波が去るのを待ちました。
こんなに私の体が痛むんだから、きっと星では星そのものが爆発して破壊してしまったかそのくらいの大変動でしょう。たくさんの小さな命が消えていったにちがいありません。

なんだか、こんなふうに考えるようになってから今の私たちの星も同じに思えてしかたありません。

そして、わたしがこうやってガンを消してしまったように、みんなが自分の体に持っている小さな宇宙に気がついてみんなが実は神様なんだと気がついた時、もっと自分の体を大切にして労って優しく思ってあげて、それが全身に行き渡ったらきっとこの地球には、もう戦争もなくおだやかでみんなが助け合って住んでいる自然豊かな地球になっているんじゃないかなって思います。

少し恐怖や不安の思いの消し方、わかっていただけたかな?
むずかしかったかな?

だから、奴らがどんなことやったとしても、しっかり自分を信じて「考えるな!感じるんだ!」の精神で、私たちの宇宙をいただく巨人へ、ありがとうとがんばれーの応援の気持ちを送って、すてきな未来を信じていればなんもこわいことなんかないんじゃないかと。といいつつ各省庁にニッポン人もっと大切にする政治してもらわんとあきまへんで〜みたいなメール送っているママンです。(すんません すんません)

http://ganglioside.blog56.fc2.com/page-5.html

閉じる コメント(2)

顔アイコン

はじめまして!
私の母親がつい先日肝臓癌だと言われました。79才で認知症で今は寝たきり!病院にも前向きな話は得られず、よーしそれなら、せっかく初期で見つかったのだから、私が奇跡を起こそう!と思い、二週間前から野菜と果物のジュースを初めています。3ケ月毎にマーカーの検査。そして、6ケ月毎にレントゲン。その月を目処に、癌細胞をやっつけょうと、日々私も楽しみながら頑張っています。それで質問ですが、市販の野菜ジュース100%では、駄目なのでしょうか?誰に聞いても、首を傾げています。でも分からないまま、生ジュースだけは、続けています。 削除

2012/6/28(木) 午前 0:06 [ おかん ] 返信する

顔アイコン

アルミ缶入りの野菜ジュースは缶からダイオキシンが溶け込む恐れがあり、やや駄目です。
普通の野菜には農薬が入っているから、やや駄目です。無農薬野菜ならよいでしょう。
色々な野菜、特にきのこ類を混ぜて食べさせるとよいと思う。
お母さんのやりたいことをいっぱいやってもらって、ストレスの無いようにしたらよいと思う。

2012/6/29(金) 午前 5:39 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事