徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

転載:ガンの原因はウイロイド?!真菌ではない?! 888(スリーエイト)★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ59 > 107.html
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/107.html

飄(つむじ風)様ブログ
ガンの原因はウイロイド?!真菌ではない?!
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/11/post_fdb3.html

(以下に全文転載)
ガン=ウイロイド=感染症!!
あ〜あ、言ってしまった・・・・・これで、命が危うくなった?!(笑)そう考える故に、拡散を求める!!第2弾

ウイロイドって、何だ??実は、投稿者も知らなかった。端的に言えば、核酸だ。デオキシリボ核酸(DNA)と、リボ核酸(RNA)だ。

生命ではないが、生命様の態様を発揮する。既に、植物病原体としては認知されている。動物にも近いうちに認知されるだろう。が、電子顕微鏡ですら、見ることは出来ない。単なる塩基配列の有機物体でしかないからだ。

しかし、自己増殖作用がある。細胞に食い入って、その中でコピーする能力がある。だって、核酸だからである。


ウイロイド
ウイロイドによる植物の病気
これまで、ウイロイドによって引き起こされるように、少なくとも40回の植物病害が示されいる。
最も重要なウイルス様体植物病害は、ココナッツのカダンカダン病病と、ポテトスピンドル塊茎と、柑橘類exocortisと、アボカドsunblotch(図14-68Aと14-68B)と、キク妙技(図14-68C)と、りんご傷跡皮膚(図14-68Dと14-68E)だ。
検出、分離、および同定法が大いに向上したとき、ずっと多くのウイロイドが、検出されて、研究された。
今までのところ、植物がウイロイドによって引き起こされるように、動物も人間のかかる病気としては見つかっていない。
しかしながら、ウイロイドは遠からず、動物と人間と、多くの状況で、「説明されなかった」病気の原因として注目されるだろう。<以下、略>

ここで注目すべきは、『人間乃至動物の病原体として、ウイロイドが注目されるだろう』とあるのは、既に、見つかっていることを意味している。隠されているのである。
だから、ガンはウイロイドを病原体とする、感染症であると宣言することは、命が危うくなることを意味している。こう考えて間違いない。
ガンは、感染症であるが故に、免疫賦活(ふかつ)で簡単に治る。これは誰でも考える事が出来る。投稿者のように、医学にド素人であってもそう思うのであるから、碩学の士にそれが分からないことがあろうか?!
それが、『ガンは癌にあらず』を読んで、直ぐに解った。
ガンは癌にあらず←ここに全ての解答がある。
個数
価格5,250円(内税250円)送料350円全国一律

ガンは感染症である。だから、ほぼ、数ヶ月で蔓延する。見つかった時は、殆ど末期癌であることが多い。歴然たる癌は、間違いなく、末期癌である。しかし、免疫賦活(ふかつ)で治癒するのも数ヶ月である。
これは驚くことではないか?!
『癌は真菌による感染症である』という知見も、知見である。しかし、今では結果であると考えるようになった。
まずは、この事を拡散したい。そして、少々高いが『ガンは癌にあらず』を読んでほしい。想像であるが、この書籍は、一般の書店に出ることはないであろう。アマゾンでも難しい。その事を望むが、一斉に姿を消すことになる恐れがある。

その理由を読んで考えてほしい。それが拡散の目的である。急遽、お願いして取扱を可能にして頂いた。目的は火を消さない事、今にも必要に迫られる方が居るはずであろうからである。
その意味では、5000円は安い。高いが安い。必要に迫られている方にとっては、50万円でも高くはないであろう。ガンは必ず、治るのである。末期癌でも3ヶ月で治る。それだけではない。しかし、多くを語るまい。読めば分かることだからである。
しかし、本を売ることが主目的ではない。情報を拡散することがもっと重要だ。5000円を節約したい方なら、『ガンは癌にあらず--春ウコン免疫賦活剤が制する成人病
』がWebサイトとして、立ち上がっている。そこには情報の全てがある。

喜ばしいことには、拙稿ウェブサイトを自分で作るに触発されて、公開された言うことだ。そんなことはどうでも良いことだが、その内容に驚いた。そして、緊急拡散の必要性を痛感した。

まだ日が浅い。本も出版されて、3ヶ月と経たない。Webサイトは1ヶ月に満たない。先んずれば、敵を圧倒する。この本、Webサイトは、内容故に見えない敵がすぐに現れる。確信した。だから、拡散する。そして、すぐに確認して拡散してほしい。
勿論、拙ブログを通じて、拡散に次ぐ拡散だ。決心した。
情報は全て格納した。従って、決して失われることはないであろう。しかし、いち早く拡散が是非とも必要だ。それには理由がある。まだ、守るべき大切なものがある。それについては次回以降書こうと思う。

(以上、転載終了)


コメント

ハーブでガンの完全治癒
ハルダ。R。クラーク著、フォレスト出版―株-1996年11月12日所版
序文より抜粋
この本はガンの軽癒について書かれたものではなく、完治について書かれたものです。ガンの完治が可能になったのは、1990年に私がガンの真の原因を発見したからでした。その原因とは、ある種の寄生虫です、ガンの種類にかかわりなく、すべてのガンの症例に、私はその寄生虫を発見したのです。
現在いろいろ言われていることは、ガンの真の原因ではないのです、ひとたび真の原因が発見されれば、ガンの治療法は明白になります、しかし、この治療法は本当に有効なのでしょうか。私は、私の発見を公開する前に、100の症例が治癒されることを目標にしました。その基準が達成されたのは、1992年12月でした、すべての原因と完治法の発見は、時間のテストに耐えたのです、その結果がここにあります。
アメリかでベストセラーになった本ですが、あまりなじみのないハーブが出てきます、アメリカでは普通に売られているようですが。
ガンになりたくない人、成人病で苦しんでいる人には必読の書だと思います。

04. 2010年11月26日 13:44:23: wIcpB1Tc7I

>03コメントで試しに拾ってみました、関心は高いです
>人が飲む虫下しが売られていない現実とは無関係? ペット用は多いが。
(フォレスト出版「ハーブでがんの完全治癒」)これは日本でも邦訳が出て出版されたが、
小泉政権時に「がんが治るとかいてあるような本は出版中止に」という方針が出て絶版に。
ハーブでガンの完全治癒 ガンの原因は寄生虫
http://highknowledge.seesaa.net/article/109432545.html
要は、ガンの原因は寄生虫だから、その寄生虫と、寄生虫のエサとなる物質を体内から取り除けば、ガンは治りますよ、という話。
『ガンは寄生虫が原因だった』
http://asyura2.com/sora/bd12/msg/802.html
Re: 『ガンは寄生虫が原因だった』
http://asyura2.com/sora/bd12/msg/1075.html
癌を治さない、癌を造る米国医療医療殺戮より
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/116.html
楽しい時代は我々が創り出す!数々の行政処分の背景にある抗がん剤ビジネスの
利権とは?プロピレングリコール禁止法案の提案
http://www.asyura2.com/08/senkyo47/msg/898.html
総会屋庁(別名消費者庁)という悪夢とガン産業所得倍増計画と亡国の人物
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/133.html
小泉政権の「がん患者倍増計画」<疑惑の抗がん剤>
http://www.asyura2.com/08/senkyo48/msg/287.html
究極の自然療法である「尿療法」についてご案内申し上げます
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/107.html
検索→ site:asyura2.com/ ガンの原因は寄生虫
検索→ site:asyura2.com/ ハーブでガンの完全治癒
検索→ site:asyura2.com/ ハーブでガンの完全治癒 原因は寄生虫
検索→ ハーブでガンの完全治癒 ハルダ R クラーク
検索→ 書評 ハーブでガンの完全治癒 ハルダ R クラーク
検索→ ガンの原因は寄生虫 ハーブでガンの完全治癒
検索→ ハーブでガンの完全治癒 原因は寄生虫
検索→ 書評 ハーブでガンの完全治癒 原因は寄生虫

05. 2010年11月26日 21:41:58: c6qd8xMjh2
どなたかお願いです。「医猟地獄の犠牲になるな」を保存しておられましたら、コピーさせていただけませんか?
キャッシュも全然ありません。綺麗に消されています。
それだけ、真相に迫る内容だったという事でしょう。長文でしたので、ゆっくり読んでいこうと思ったのが間違いでした。

06. 2010年11月27日 02:20:07: zLkcn97po6
03>です、
春ウコンが手に入りました、買って早速飲んでみました。
秋ウコンは胃腸の弱い私には無理でしたが春ウコンは飲みやすいです。
私はガンではありませんが、10年ほど前にこの本に出会いアメリカのハーブ会社に問い合わせをしてハーブを買った覚えがあります。英語も解らないのに.
そしていろいろな人に会っているうちに、アメリカインディアンはそのことを良く知っていて現在でもその末裔が霊能力とハーブで病気を治しているということ知り、コンタクトをとってハーブのセットを送ってもらったことがあります。
その人が言うには。
悪の支配者が皆長生きしているのは病気なると自分たちの売っている薬は飲まないでこういう人たちの世話になるそうです。だからみんな長生き。
ハルダ博士の理論と、松井教授の理論を理解して進展することでガンが撲滅される可能性を感じます。

07. 2010年11月27日 12:11:49: wIcpB1Tc7I

>ここに良い話が載ってます、興味ありましたら関連を連鎖検索。
*Dr.牧瀬サプリメントクリニック*がん
http://www.drmakise.com/supplementbible/30.html
ハーブでガンの完全治癒の本と・予防原則
http://homepage2.nifty.com/syoutennkai/haabu.htm
2009-10-26 - 食品安全情報blogハルダ・クラーク ガンで死亡?
http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20091026#p11
>検索→ ハルダ・クラークガンで死亡(Hulda Clark died of cancer)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事