徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

癌エイズワクチン

癌・エイズ等難病を治すワクチンは存在していた!

もう不治の病は存在しない!?
ガン、エイズ、心臓病をはじめとする数々の難病を99%以上の確率で癒してしまうワクチンが既にこの世に存在する。そう聞いたら、皆さんはどう思われるだろうか? そんな馬鹿なことがあるのかと信じられないに違いない。
もしそんなワクチンが存在したら、病に臥せる人々の数が激減することになり、なんとも喜ばしい事である。ところが、それは、医師、病院、薬の必要性が圧倒的に少なくなることをも意味する。つまり、医薬品業界にとっては大打撃であり、多くの人々が職を失い、大量のホームレスが生まれる等、世界中に計り知れない変化を与える事になる。
オーストラリアの医学博士サム・チャチューワ氏は、そのような大発見をしてしまったが故に、大きな災難に見舞われることとなった。
1995年夏、チャチューワ博士は、過去15年間の研究が報われ、人生において最も輝かしい体験をする予定であった。その10年以上も前に、彼が開発した療法とワクチンは完成していたが、まずは自分の研究成果を医療関係者に伝えるために世界中を回り、事前に医療機関で臨床実験が行われる必要があった。アメリカのコロラド大学、UCLA、そしてシーダース・サイナイ・メディカル・センター(CSMC)では、他のいかなる治療方法でも効果を上げることの出来なかった患者に対して、彼の開発したワクチンを投与する臨床実験が試みられた。
結果は、99%以上の患者にすぐに効果が現れる、驚くべきものであった。その実験に関わった医師達は皆興奮して、チャチューワ博士の開発したワクチンの奇跡的効果に感激を露にした。自分の開発したワクチンの効果を一流の医療機関で確認して、自信を持ってオーストラリアに帰国したチャチューワ博士は、世界に向けて、まさにその成果を発表する段階であった。
ところが、突然のようにテレビや新聞のインタビューはキャンセルされ、これまで好意的に彼の研究を支持してきた医学者達が態度を急変させた。彼は自分の研究成果を追検証する医療機関に10万ドルの資金提供を申し出ていたにも関わらず、どこの医療機関も彼の研究を取り上げる計画を取り止めてしまった。オーストラリア医学協会の者達は、明らかな嘘を付く詐欺師であるとして、チャチューワ博士を非難し始めた。また、彼の研究を協力していた医学者達ですら態度を一変させて、共同研究の継続を拒否してきたのだ。
チャチューワ博士の研究は、現在の医学界においては常識を逸脱したアプローチであり、その驚異的な効果は医薬品業界を揺るがすものであったのだ。
では、そのチャチューワ博士の研究成果と未曾有の一千万ドル訴訟の行方を紹介することにする。

ガンに冒された父親を救いたい!
1975年、サム・チャチューワ少年が思春期に入った頃、父親にいくつもの骨髄腫(脊髄癌)が見つかった。その時、兄と姉が医学部に進学しており、サムも将来は医学部に通うつもりでいた。そのため、父親はすぐに息子に癌のことは告げずにいた。また当時は、特別な症状が発生しない限り、何の治療も行わない状況であったため、父親はいつもながらの生活を続けることにした。しかし、次第に症状が現れ容態が悪化すると、仕事の鬼であった父親も、家族と友に過ごす時間を大切にするようになっていった。サムは、何とか癌を治す方法を見つけ出し、父親の健康を取り戻したいと切に願っていた。サムは、物理・化学において非常に秀でていた。そして、医学、殊に癌について独学を始めた。
サムは、次のようなことを考えた。超音波は、目標物の密度に応じて異なる発熱係数を持つ。つまり、超音波に曝されるものが、密度が高く硬ければ、より熱くなる性質がある。癌は通常の組織よりも密度が高い。骨に囲まれた父親の癌は、他の柔らかい組織よりも密度が高くなっているはずで、超音波による熱によって癌を殺すことが出来るのではないか?
サムは何人かの癌研究者に連絡を取った。すると、彼らは興味を持ってくれて、まずはそのようなことが過去に試されていないかどうか調べるように彼にアドバイスした。調べてみると、30年ほど前にそれは試されており、僅かながらの効果と同時に、時折害となる反応の方も確認されていることを知った。
そのようにして、過去そして現行の癌治療に関してサムは次々と学んで行き、ほとんど効果が得られていないにもかかわらず、化学療法や放射線療法が広く普及している現状も学んでいった。
そして1977年、サムは18歳にして、のちに自らが命名したIRT(Induced Remission Therapy = 誘導消失療法)の基となる癌の治療法を発見し、前代見聞の若さでオーストラリアの癌研究機関で研究・発表を行うに至った。

18歳の少年の閃き
癌に関して学んでいったサムは、ある現象に関心を持った。どんなに悪性でも、ある器官・組織は癌の攻撃に抵抗力を示すことである。それは小腸である。小腸だけは、癌の拡大に抵抗力を示すばかりか、癌を進展させることがほとんどないのである。小腸はパイアー斑と呼ばれるリンパ組織の小節で自らの免疫保護力の恩恵を受けている。おそらくそれが癌の進行と腫瘍の拡大を妨げるものと考えられる。
サムは考えた。胸腺は脊椎動物の免疫機能に重要な物質を分泌する内分泌腺であり、ヒトの場合は首の付け根に近い胸部にある。しかし、例えば鳥の場合、免疫を司る器官は胸腺ではなく、未発達状態の腸内にある。ヒトの免疫のこの部分は、進化の過程で、不公平にも退化して譲り受けてきたのであろうか? 
他の動物にとっては命取りとなる病気に対して、ある種の動物達は完全なる抵抗力を示す能力は、ヒトの小腸が示す免疫能力と関連付けられる。例えば、HIVの場合、人間にだけ感染し、死をもたらすものである。実験を行ったほとんどの動物達は、その感染を退ける抵抗力を持っている。それでは、どうしてエイズに対するワクチン生成のために、動物の免疫反応を利用しないのだろうか? 
薬学が未発達の時代には、医者達は、狂犬病、灰白髄炎、天然痘や他の伝染病等の治療に馬の血清を用いていた。どうして今日でも同じ理論を用いないのだろうか?
サムは、それを応用しようと試みた。過去の治療法においては、ウィルスの突然変異という問題が見られたが、彼はそれを解消し、動物の持つ抵抗力を人間に移植して完全なる治癒を実現するワクチン開発を考えたのである。サムは1984年にメルボルン大学医学部を優等で卒業して、正真証明の医者になった。そして、動物の免疫反応を利用するという独自のアプローチは、動物実験においても、人間に対する臨床実験においても、注目すべき成功を収めていった。

自発的消失現象と癌のミステリー
これまでの歴史において、癌のように、通常ならば治るはずのない病気が、奇跡的に消失してしまうという、常識では考えられない現象がいくつも報告されている。チャチューワ博士はそのような現象に興味を持って調べてきた。突然のように病気自体が自発的に消失してしまう奇跡のような現象である。多くの科学者達は、ある病気に掛かっている際に、別の感染が起こり、それが癌細胞を破壊する能力を有していたのだと結論付けた。
そこで、癌組織を殺すためにウィルスやバクテリアのエージェントが使われてきた過去がある。その攻撃的な感染により、一時的に癌を抑制する効果がしばしば見られたが、時に強烈な病状がしっぺ返しに現れ、患者たちは死亡するケースが多かった。このような試みは期待に応えるものではなかったが、大いなるミステリーを投げかけるものであった。
過度に熱心な医者達は、普通の人であれば死に至らしめる天然痘、マラリア、脳炎や他の感染症のウィルスを癌患者に投与したが、彼らがその感染によって死ぬケースはほとんど無かった。癌患者達は、それらの強烈なウィルスの攻撃に対して、自らを守ることができるのである。また、白血病の場合、子供が麻疹に掛かると、そのウィルス粒子が白血病細胞の内部に見られるようになる。3週間以内で、発生した麻疹に対抗する抗体が、麻疹のウィルスとすべての癌(白血病)細胞を破壊してしまうのである。
統括する要因は、癌が発病している間に、病気に対する免疫反応を効果的に発動させる患者自身の能力にあるようであった。
そして、数年に渡る動物実験を繰り返した後、チャチューワ氏は、癌は洗練された免疫学的メカニズムを持つことを突き止めた。癌細胞は生体をその母体内で被包し、その細胞と取り込まれたものを破壊するために、抗体を発することになる。体が打ち負かす事の出来ない感染がみられれば、癌細胞はそれを被包しようとして急速に成長しようとする。しかし、感染を受けた生体を注入すると、単純に癌が広がることはない。癌細胞は広範囲に抗菌・抗ウィルス性のエージェントを発生させるが、その中には、HIVに対してさえ効力のあるエージェントも含まれるのである。

http://web.archive.org/web/20060113114101/http://www.knetjapan.net/mizumori/articles/chachoua.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事