徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

五井野プロシジャー

自然薬五井野プロシジャーを作ってみたくてやってみました。(五井野プロシジャーについてはこちらがわかりやすいと思います。
yuponのロハスな日々 特許を取られていて作り方も載っています。)
材料の霊芝、カワラタケ、ウコギ科の人参はマンハッタンのチャイナタウンの漢方屋さんで購入。何軒か回りましたが値段はピンキリです。
たまたまとても親切だったお店で買ったら思っていたよりずっと安かったです。それがいいのか悪いのかはわかりませんが。
霊芝は霊芝、カワラタケは中国語では雲芝菌(たぶん)、ウコギ科の人参はこの薬には竹節人参が一番いいらしいのですが、どこのお店でも知らない、見たことない、といわれました。
特許に書いてある説明では2番目にオタネニンジン、3番目にデンシチニンジンが挙げられていて、デンシチニンジン(田七人参、中国語も同じ)があったのでそれを購入。

それらを細かくしてお茶のように煮出すのです。その細かくするのが大変でした。きのこ類は園芸用のはさみで切るのが一番かも。
田七人参はカチコチでそのままでは歯が立たなかったので水で戻して包丁で削ぐように切ってそれをまた乾燥させました。
それぞれの材料の割合などは何パターンか書かれているのですが、私は霊芝:カワラタケ:田七人参= 5:10:3で煮出しました。
味はものすごく飲みにくいのを想像していたのですが、普通のお茶代わりにもなりそうなくらい飲みやすい。

この五井野プロシジャー、いろんな病気に効くみたいですが、一番に挙げられているのが抗腫瘍活性、つまりガンにいいそう。
それも人間だけでなく、牛、馬、犬、猫等の広くほ乳類における腫瘍治療剤として使用できるとのことです。

私は今のところ特に不調なところもないので飲んでみて何か変化があった、ということでもないのですが、植物性で自然でそして人間だけでなく
他の動物たちにもいいとなるといつか役に立つかもしれない。試してみてよかったです。
http://nyveganhappyanimals.blogspot.com/2011/07/blog-post_8725.html


三人の患者に五井野プロシジャーを投与したが、一日でプロシジャー特有の身体活性化反応が現出。中でも身体の衰弱がひどく神経系統の腫瘍を抱えている重病の少年(十歳・一面で記述した)は翌日にはベッドの上で動け、一人でトイレに行けたと父親がこの奇跡的効果に喜んでいる・・・

・ベッドで寝たきりの老人(ステージ4のガン患者)は死相が出ていたのにも関わらず翌日にはベッドから起きあがることができ食欲も出てきて持病の肺病による激しい咳も治まり、投与後十日目には自宅に帰ることが可能な状態まで元気になり、毎日不安げに付き添い意気消沈していた家族などは非常に喜び五井野プロシジャーに何度も感謝の意を表していた。
http://plaza.rakuten.co.jp/nomoishiho/diary/201103250000/


今度はロシア連邦、中央ヤロスラヴリオンコロジー病院 (ガン研センター)にて五井野プロシジャーによる 臨床試験が開始された

・・・ 今回臨床試験に参加した患者のほとんどはガン患者であり、そのうち八割はステージ4(身体の各部への転移含む)の最終末期患者、残り二割はステージ3のガン患者である。ステージ3あるいは4というのは現代医学ではその治療方法がないとされる進行性の最終的なガンの状態を示すものである。更にその様なガン患者のほとんどが化学療法、外科手術、放射線療法、その他の療法で身体の機能障害(例として外科手術の後遺症により右腕が左腕の二倍位に腫れ上がり、自由に動かすことが出来ない等)や患者の他の病気(十二指腸閉塞、糖尿病、尿路結石、多神経症、高血圧など)の併発により完治はほぼ不可能とされている患者である。
http://www.avis.ne.jp/~wippii/kiji-7.html


チェルノブイリの原発被害で苦しむ、キエフ(上の写真)の国立ガンセンターでは、50人の子供達が全員回復した。ラトビアの国立ガンセンターでも大成功し、脅威のことだ、信じられないことが起きたとビックニュースとして一面に取り上げられ 、、、
さあ〜これから一人残らず助けようかという時に、創価学会がチェルノブイリはウクライナに来て、池田大作がウクライナ日本大使館に赴任させた外務省の創価学会員I氏に画伯の妨害指示を命令しました。http://nokano.web.fc2.com/10.3.20tyerno.html



要はマンネンタケ トチバニンジン カワラタケ を6:3:1で煎じて 煎じ薬 にするというもの。
この薬の主原料である、マンネンタケ トチバニンジン というのが実に入手困難。 コトにマンネンタケは梅の古木に天然に生える「黒霊芝」という黒いマンネンタケが最高に良いらしいが、それは入手することはほとんど不可能です。(秦の始皇帝が徐福に命じて東海の蓬莱山に探索を命じた、その秘薬とも言われています) 代品として栽培可能な赤いマンネンタケ(赤霊芝)。これなら入手可能ですが、それとてもお高い
http://yupon7635.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/2-f5db.html



五井野プロシジャー(GOP)を作ってみました・・・これってキノコ茶!
2011/6/28(火) 午前 4:33無題自然保護 Yahoo!ブックマークに登録 このレシピでお金儲けをしてはいけません。個人が、自分自身、家族、知人などのために用いることを、目的としています。愛をもってご利用ください。また、私自身が指の筋力テストなどで、確認しながら作った例で、これが正統的なGOPであるかは不明確ですが、とてもいい感じです。

用意するもの
  黒霊芝:100グラム     
  田七ニンジン:60グラム(粉末のものを購入すると使いやすい)
  カワラタケ:200グラム    ※トチバニンジンは今の季節手に入れにくいので、田七ニンジンを使ってみました。

  粉砕機
  保存容器、食品乾燥材
  計量スプーン
  計量器(1グラム単位で測れるもの)
  煎じようパック
  土瓶(ホウロウ鍋・土鍋などでもよい)または自動煎じ器(象印から発売されています)
  あい(LOAの素焼きの玉)・・・これはできれば出よい

作り方
   (敢奸々霊芝、田七ニンジン、カワラタケを、それぞれできるだけ細かく粉砕する。多少荒くてもいっこうにかまわない。
  計量・パック詰め カワラタケ10グラム・田七ニンジン3グラム・黒霊芝5グラム をそれぞれ計量し、パックに詰める。
  煎じる
      土瓶にあいと、800ccの水を入れ、沸騰させる。沸騰したら火を最小の弱火にし、1パックを入れる。
      約3時間で500ccのGOPができるよう工夫する。
      火が弱すぎればやや強く調整してみる。
      火が強すぎるときは800ccよりも多くの水ではじめて、最終的に500ccになるようにする。
 
結構おいしく出来ちゃってびっくりです。かぜで39度の熱を出したわが子は、GOPだけで1日で回復し、翌朝にはけろっとして、学校へ行きました。
友達は、飲んだ直後から体が温まり、目がよく見えるようになったそうです。このキノコ茶?すごいよ!

http://blogs.yahoo.co.jp/ghjmy362/20385943.html

閉じる コメント(3)

顔アイコン

チェルノブイリは大変でしたね。

2012/3/10(土) 午後 10:56 自販機 返信する

顔アイコン

福島は本当は同じくらい大変になったところですが、宇宙人の最先端技術で被害は最小になるでしょう。

2012/3/11(日) 午後 5:50 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

顔アイコン

転載させて下さいね!P!

2012/4/30(月) 午後 11:46 まお 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事