徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

インナーチャイルド2

アダルトチルドレンの特徴としては次のようなものが挙げられます。

1、ありのままの自分を受け入れられず常に自己否定感がつきまとう。
2、周囲の期待に応えようと常に行動してきたため、自分の欲求がわからない。
3、本当の自分を主張できない。

またその虚無感をを埋める為に、これらの人たちが陥りやすいものに、「アルコール依存症」、「セックス依存症」、「薬物依存症」、「買い物依存症」、「仕事依存症」など、ある特定の物事に没頭して行動し、それが自分にとって不利益な行動でもそれを習慣化する傾向にあることがわかっています。

これに対して、インナーチャイルドとは「内なる子供」の事を指し、これは子供時代に感じた感情、記憶のことです。インナーチャイルドには3つの側面があるのですが、そのうち皆さんにもよく知られているものが「傷ついたインナーチャイルド」ではないでしょうか。

この傷ついたインナーチャイルドというのは、誰の心の中にもあるものです。普段の日常生活ではなかなか気付きにくいものですが、このアダルトチルドレンにみられる傾向と若干似通っている性質があると思います。人生に満足できない、虚無感、不安感、自分を信頼することができないなど。。。

アダルトチルドレンも幼少期時代に傷ついた内なる子供がいます。どちらにも必要なのはまず傷ついている自分がいることに気付き、それを認めるということ。幼少期の環境によって抑えなければならなかった感情。満たされなかった自分。子供らしくいることを許されなかった自分。自分の心としっかり向き合い、ひとつひとつ開放して癒してあげることです。

それは環境があなたをそうさせただけで、本当のあなたはもっと輝いて自分の素質を活かすことができます。そのステップは時に苦しいかもしれません。でも、それを乗り越えたときに、必ず輝いたあなたがいます。必ず傷は癒されます。


インナーチャイルドの育て方

インナーチャイルドは誰の心の中にもいる、内なる子供です。私達はそもそも自分を自由に表現することのできる存在です。その個性は誰一人として同じものはありません。それぞれが替え難い素晴らしい個性を持ってこの世に誕生しました。

大人になるにつれ社会に適合するためにどんどん本来の自分とはかけ離れた自分に変化してしまいます。小さい頃の家庭環境、学校環境などは私達の人格に大きな影響を与えます。

小さい頃に周りの大人に認められなかったり、否定されたり、拒否されたり、という、はたからみるととても些細な出来事が、私達に中にあるインナーチャイルドの傷ついた部分となって大人になってもずっとそのまま残っています。そしてそれにより、私達の人生の行動パターンが大きく影響されてきます。

では、本来自分の持っている個性を活かし、活き活きとした自分を取り戻すにはどのような方法があるのでしょうか?

それは、この傷ついたインナーチャイルドを癒すことです。まずは、自分の中にいる傷ついた子供の頃の自分に気付いてあげましょう。そしてその時に思い出してみましょう。小さい頃、自分はいつもどんな子供だったか。いつ、誰の言葉によって、行為によって自分の心が痛んだのか。

そしてそれに気付いたら、こう小さい頃の自分にこう、話しかけてあげてください。「怖かったね、悲しかったね。でも、もうあなたは一人じゃないよ。ごめんね、一人にして。でも、もう大丈夫だからね。私が沢山抱きしめてあげる」と。

そうしていくことで、あなたの傷ついたままのインナーチャイルドがどんどん癒されていきます。インナーチャイルドが癒されると、あなたの心も癒されます。

ここで同時に必要になってくるのがインナーアダルトの存在です。インナーアダルトは、インナーチャイルドを応援し、励まし、支えてくれるあなたの中にいるいわば大人の側面ですね。これにより、私達は何が起きても自分を信じて乗り越えていく強さをもてます。

私の知り合いで小さい頃親にあまり誉めて育てられなかった人がいます。でも、彼女は自分の天職を見つけとても活き活きとしています。不思議に思って聞いてみるとこう応えたのです。「途中から親に誉めてもらおうとしなくなったの。」と。

これは別に何も人生を投げやりになるということでなく、自分のために生きると決めたことによって、自分の判断に対する絶対的な信頼感、すなわりインナーアダルトの側面が育ったということですよね。

このように、あなたはあなたを絶対的に信じて応援することにより、自分の人生を活き活きと生きることができるのです。あなたの人生はあなたのものですから。


インナーチャイルドとの出会い方

インナーチャイルドに出会おうと言ってもまずは出会うための自分の心の準備が必要です。自分と向き合う作業。自分と向き合うという行為は時に目を背けたくなることもあります。

特にインナーチャイルドは、自分の子供時代に何かしら原因で負った心の傷を抱えた子供の自分だからです。思い出したくない過去もそこにはあるでしょう。だからこそ、気付かないふりをして生きてきたのですから。

でも、今もしあなたが今の人生に満足できてなかったり、何かしら人間関係の悩み、親子の悩み、恋愛の悩み、繰り返してしまう悪い癖、依存症など抱えているとしたら、それは確実に自分の中にある、その傷ついた部分が原因で起きています。

そして、それは自分で自分の心の中にぎゅっと押し込めているものです。これ以上傷つかないように。そしてそれを癒すことができるのは、誰でもない自分自身なのです。

自分の中の傷ついた自分に気付き、それを受け入れ認めることができたら、そんな自分とさよならすることが可能です。

本来の自分に気付き、きっと自分をもっと好きになれるはずです。あなたを癒すことができるのは誰でもないあなた自身なのですから。

では具体的にご紹介していきましょう。

まず、目を閉じてリラックスしてください。そして子供時代の自分を思い浮かべてみてください。

いつの自分でも結構です。そこには何歳の自分がいますか?一人ですか?その子は笑っていますか?楽しそうに遊んでいますか?もし、その子が泣いてたらあなた自身でその子を慰めてあげてください。「大丈夫だよ。一人じゃないよ。寂しかったね。一人にしてごめんね」って。

その子の気の済むまでやさしく慰めて、沢山抱きしめてあげてください。しばらくしてその子が泣きやんだら、こう言いましょう。「また遊びにくるからね。またね」って。

ゆっくり目を開けてください。気分はいかがですか?

この方法を少しずつ続けていくことによって、あなたの心の傷は少しずつ癒されていくことでしょう。子供頃の自分を癒すことによって、今の自分が癒されます。無理に心の傷を消す必要も失くす必要もありません。

ただ、ありのままの自分を認めること。それが一番大事なのです。あなたはこの世でたった一人の存在なのですから。自分で自分を癒してもっと自分を愛してあげてください。

http://innerchild.money-pop.com/


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事