徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

癌に春ウコンと乳酸菌

ガンは癌にあらず - 春ウコン研究会
ー春ウコン免疫賦活剤が制する成人病ー
 これは、春ウコン研究会で出版した本(2010年9月1日発行)のタイトルです。このホームページでは、この本の内容の全てを以下に公開しました。

 「末期の肝臓癌. できる限りの治療をした. もはや打つ手はない. 余命は, あと6ヶ月」と大学病院で最期通告を受けた入院患者に,
春ウコン(薑黄(キョウオウ))イ)を摂ってもらった. その癌が3ヶ月で消えて退院となった. 驚くようなことが起こった. 1990年2月末のことである.

 それから20年. 医師の手を離れた末期癌患者に春ウコンを勧めた. 経験したどの種類の癌にも同じように効いた. 癌ばかりでなく,
治らないと言われている糖尿病や原因が良くわからないシェーグレン症候群やうつ症状などの疾患が, 次々と春ウコンで抑えられることがわかってきた. ウイルスにも,
細菌にも, 自己免疫疾患にも効いた. いくつの疾患に罹っていても, 同時並行的に治まった. 病気とは, 一体, 何なのか? なぜ,
このようなことが起こるのか? 

 春ウコンが, 免疫力を著しく上昇させるためである. これが, 行き着いた結論だった.

 なぜ春ウコンで, 癌をも含む様々な疾患を抑えることがでるのか?それは, 「これらのすべての疾患は, 免疫系が非自己(異物,
病原体)と認識している感染症である」との見地に立って, 初めて説明できる. 図で示すように, 加齢とともに免疫力が下がるため, 様々な疾患が発症してくる.
 
 春ウコンの強い免疫賦活力によって免疫力を上げると,多くの疾患を再び水面下に押さえ込むことができるのである.免疫賦活により、これだけ多くの疾患の原因を抑えることができるとは、誰も予測していなかった。
春ウコンの効果は摂取の方法次第で決まる.また, 有効量を摂った多くの例で, 特別の副作用は見られない. 

 一方、多くの世界的権威は,「臨床的に免疫を上げ得た人はいない」、「サプリメントで効果のあるものはない」1),2),7)と言っている. 現在の医薬品では,
臨床的に免疫賦活ができないことは確かであろう. 日頃, 「免疫を上げて」と気軽に話題にするが, 実際にはたいして免疫を上げることはできない. だから,
多くの人が癌で亡くなり, 不治の病で苦しむのであろう.

 最後までお読み頂いた方には, 春ウコンの今後の適用範囲の拡がりがおのずと見えてくるであろう. と同時に,
春ウコンをヒントとして今まで考えられなかった方向に免疫賦活剤開発が発展する道すじも開けてくると考えている. まずは『序章』から,
ぜひ興味の続く限りお読み頂きたい.

追記
 HPで公開した内容は、本書(「ガンは癌にあらず」)と全く同じですが、HPの読みやすさのためにわかち書きし、HPでの表示方法の制限などから、本と若干異なる部分のあることをご承知おきください。また、本の誤植はできるだけ訂正しています。
http://www.haru-ukon.com/index.php?%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AF%E7%99%8C%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%9A




〔飄(つむじ風) “癌は、昔と違って、今は「死に至る病」ではない”
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/434.html
投稿者 一陽来福 日時 2012 年 1 月 09 日 05:08:06: cemRw7zOZ.htc

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/01/post_283e.html

 そうして、生まれた本が『ガンは癌にあらず』だ。著者達は春ウコンのみで自らの癌を克服した。そして、モニターをできる限り探した。その集大成の本だ。その中には、飯山一郎さんの言う、 1.患部の切除  2.抗癌剤の投与  3.放射線の照射の三大治療を拒否して、春ウコンのみを摂取した人は、ほぼ、100%助かった。

 春ウコンを中止し、三大治療を追加した人は、ことごとく失敗した。

 原因は一つである。それは免疫不全・・・・。

 解決法は一つである。免疫賦活である。その成せる技が、春ウコン、乳酸菌・・・・、これほどの明快な回答はないではないか。

では、今後どうしたらいいか?
 1.先ず、上に書いた3つの荒療治は、絶対に受けてはいけません。
 2.次に、免疫力(=血中のマクロファージやNK細胞の数)を上げるために
   腸内の乳酸菌の密度を濃くすること。
   そのためには、乳酸菌の密度が濃い豆乳ヨーグルトが最適。
   普通、米とぎ汁乳酸菌の乳酸菌密度は、1cc当たり、数百万個。
   ところが、良く発酵して酸っぱい豆乳ヨーグルトは、1cc中数億個!
   この濃密な乳酸菌が腸内に入ると、血中マクロファージが激増する!
 3.あとは、激増した血中マクロファージが癌細胞を呑食します。
   これを自然治癒力と言います。癌が自然に治る力です。
   この自然治癒力は、癌が消失するまで続きます!
 4.そのほかに、気をつけることは…、
   A.少食。食べ過ぎると癌細胞が喜んで増える。
   B.温暖。身体が冷えると免疫力が落ちる。
         身体が温まると癌細胞は増えない。
   C.散歩。速足・大股で汗が出るまで歩くと新陳代謝が亢進し、身体が温まり、免疫力があがり、癌細胞が減ってゆく。
   D.色素。春ウコンなど、色素、ミネラル、ポリフェノールの多い食材は血中のマクロファージやNK細胞の数を増大させる。
   E.感性。そうなんだ!貴男が飯山さんに聞いた方法でEんだ!という自信と確信をもって二人して生き抜いていく仕合せ…。
清水さん、以上の文章を何度も読んで、自信と確信をもって、奥様と二人、力をあわせ、心をあわせながら実行して下さい。必ず!長生きします。
                             飯山一郎 拝
《メール引用開始》
春ウコンで劇的にガンから回復されるケースがある一方で、ガンになった方が、春ウコンを飲まれても全く(あまり)効果がなかったと考えられるケースも少例ですがあります。
劇的に回復された最近の例は、今年8月膵臓がんの末期になった方から、ご本人としては最後のあいさつのつもりで(声もたえだえに)私に電話をかけて来られた方のことです。
すぐに春ウコンをきちんと飲むよう伝えたところ、約1ヶ月(実質3週間)でお腹の腫れが引き、痛みが消え、物が2重に見えるのも直り、2ヶ月経って、私の家まで6時間かけて車で出て来られるまでになりました。
私も、治るのは当然とは思いつつ、とてもうれしかったです。(地方の大病院によるその方の診断書も見せていただきました。打つ手がなく、緩和ケアのみと書かれていました。病院に行くのを止めたあと、それでも、病院から7回も入院・治療するよう電話があったそうです)
「知り合い」の「知り合い」の方のB型肝炎に効き、(キャリアー)反応が なくなり生命保険に入ることができた人がいます。
C型肝炎には効くことが本(癌はガンにあらず)にでていますが、B型にも有効でした。
効果が無かった方は、春ウコンはきちんと飲んでおられたにもかかわらず、肝臓が機能しなくなり、亡くなられたケースです。
(た だ、転移は全くなかったそうです)
ガンが感染症であること、免疫を上げれば治まることは全く間違いないと思います。ただ、春ウコンを飲んでも良くならない方もおられるのも事実です。どのような理由で回復できないのか、とても知りたいところです。
《メール引用終了》
投稿者 飄平 日時 2012-01-07 18:29

閉じる コメント(5)

顔アイコン

転載させて下さいね。情報ありがとうございます!P!

2012/5/7(月) 午後 5:37 まお 返信する

顔アイコン

拡散していただければありがたい。

2012/5/8(火) 午後 9:37 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

顔アイコン

「春ウコン 買いたい」で検索してください。
「豆乳ヨーグルト 買いたい」で検索してください。

2012/5/10(木) 午前 11:56 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

顔アイコン

初めて投稿します。 友人の子供さんが突然てんかんの発作が起こり度々発作に苦しんでいます。春ウコンを薦めていいでしょうか?医者から発作を止める薬を毎日飲んでいますが、精神的に副作用が出ることを心配しています。私もそのことで悩みます。ご指導ください。 削除

2013/9/27(金) 午後 8:01 [ akiko ] 返信する

顔アイコン

春ウコンは免疫を高めるもので、何にでも効果があるそうです。私がもし、てんかん発作を起すようになったら、春ウコンを食べ続け、薬をしばらくやめてみます。それで、てんかんが再発するようなら、薬を飲みます。

2013/9/28(土) 午前 7:33 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事