徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

義経伝説、信長と光秀

たぶん、真実でないものもあります。

    義経伝説

杉目太郎行信は義経と年齢、容貌も瓜二つだった。
杉目は身代わりに首をはねられ、首を鎌倉へ運ばれた。
義経は弁慶と共に北に向かった。
義経31歳。北海道で義経伝説は終っているが、義経はその後、海を渡ってモンゴルへ行き、チンギスハンとなったという説がある。
奇襲戦法を義経もチンギスハンも得意としていた。

国名「元」は「源」に通じる
年齢もほぼ同じ。義経が衣川で討たれたのが30歳で、その数年後ジンギスカンが表舞台に登場するようになった時期の年齢が30代半ばであるなら、辻褄が合うのではないか。
ジンギスカンの前半生には空白部分が多い。
両者とも背は高くなかった。酒も全然飲めなかった。
戦術も同じ、戦い方もそっくりであった。

北海道と大陸の間に昔からアイヌの行き来があって、義経一行はしばらく北海道に滞在した後アイヌの水先案内人によって大陸に渡った可能性が十分に考えられるのではないか。
成吉思汗が1206年にハーンに即位した時の「九旒の白旗」の建立は源氏の氏の長者、武家の棟梁の宣言ではないか。「白旗」は源氏の旗印であり、「九旒」は九郎判官を意味するものではないか。
成吉思汗は紋章として笹竜胆を使用した。笹竜胆(源氏の紋章)を尊び、九の数を好むのは己の名の九郎に因んだからではないか。
成吉思汗はニロン族、すなわち日の国よりきた人として蒙古に伝えられている。この「ニロン」とは「ニホン(日本)」のことはないか。
成吉思汗は別名を「クロー」と称した。これは「九郎判官」ではないか。また、軍職の名は「タイショー」として現代に伝わる。蒙古の古城跡では「城主はクロー」と称していたという言い伝えがある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E7%B5%8C%3D%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B3%E8%AA%AC



    信長と光秀

昔処分した本に透視内容が有りました。光秀が信長から領地没収をされた頃、いくさの陣内で光秀が秀吉と密談をしていた。「いづれは秀吉殿も信長殿に使い捨てになる。わしが信長を討った後は死んだ事にして世捨て人になり、唐に渡る。代わってそなたが天下を取れよ。その代わり、お濃の方(斉藤道三の娘、信長の正室)はわしが面倒を見させて貰う。」という内容でした。http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/0ef74a961d2534be0a082c9746de4527

千利休が明智光秀というのは、ある本で読んだことがあります。

徳川家康と明智光秀の関係を昨日テレビでやってました。その中で徳川家光の光は光秀の光。明智光秀は農民の竹槍で死んではおらず家康が密かに救いその天海大僧正になったと。数々の証拠となるものも出ておりました。
この2名は同一人物ではないが、兄弟か親戚の可能性が非常に高いですね。

光秀は秀吉と相談していた。光秀は本能寺で信長を討った。秀吉は光秀と形ばかりの戦いをした。光秀は亀山に逃れ、妻と余生を暮した。千利休は光秀の名誉回復を願い出て切腹させられた。家康に利休の霊が憑き、豊臣家は滅ぼされた。 

信長はムーの王の霊にとり憑かれ、言われるがままひどいことをした。森蘭丸は信長の隠し子だった。 ☆ 昔、ムー大陸の王であった人の霊が信長に憑いて、能力を授けてくれる代わりに、どんな命令にも従ったのでしょう。死後はひどい目に遭っている。

織田信長さんは、「本能寺の変」では死んでいないんです。小姓の森蘭丸さんが、身体を張って、「美濃の国」へと逃がしたそうです。その後の織田信長さんは、僧侶の姿に身を隠して、87歳で、その生涯を閉じるまで、質素に暮らしていたそうです。カガリ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事