徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

癌治療あれこれ

2012年06月09日 ガンの化学療法を拒否するガン専門医

西洋医学は根本的に勘違い医学だと思います。。。病気になると、とりあえず病院に行きます。そして医師に与えられた薬を疑いもなく飲み続け治ったと思っています。でも、それは、薬のお陰で治ったのではなく、本人の自然治癒力で治ったのだと思います。薬は痛みや症状を覆い隠しますが身体のゴミ(病気の原因)を掃除するとはできません。それを一番知らなければならないのが西洋医学の医師なのではないでしょうか。

ということで、以下の記事にアメリカのガン専門医に対するアンケート結果が載っています。
http://sherriequestioningall.blogspot.jp/2012/06/3-0f-4-cancer-doctors-would-not-take.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+SherrieQuestioningAll+(Sherrie+Questioning+All)
(内容)
ガンの自然療法についての情報を集めています。よく効くガンの自然療法という項目の中に、細胞に酸素を供給しガン細胞を死滅させるという過酸化水素療法が、ガンに一番効果的な治療法だということが何度も証明されていると示されています。また、eブックにリンクし、酸素療法の写真をご覧ください。ターメリックもガン細胞の成長をストップさせます。ここに、ガンの専門医に対するアンケート結果についての記事をご紹介します。

ガン専門医に対するアンケート:もし自分がガンになったら化学療法を受けるか、という質問に対し、全体の4分の3の医師がノーと答えました。その理由は、化学療法は身体や免疫システムに壊滅的な影響を及ぼし、また成功率も非常に低いからということです。
記事によると、医師は、以前は、患者の血液を抜き取ることで、悪魔の病を身体から消し去ることができると考えていました。しかし、そうすると患者の身体をさらに弱くしてしまい、患者の身体をむしばむ病と戦う治癒力を奪ってしまうのです。そして患者は生きるための戦いに敗れ、寿命を短くしてしまうのです。全ての種類のガンのうち、わずか2%〜4%のガンだけが化学療法に反応し寿命を延ばしたのです。しかし、今でも、全ての種類のガンにこのような化学療法が施されています。
マックギル・ガンセンターの科学者たちによって、118人のガン専門医に対するアンケート調査が行われました。科学者は医師たちに対し、もし自分がガンになった場合、6種類の治療法を実験的に行うとしたら、どれを選ぶかという質問をしましたが、医師の多くが化学療法を拒否するだけでなく、医師の家族にも化学療法を受けさせないと答えました。 これは、化学療法という時代遅れの治療法についての正直な医師たちの意見ではないでしょうか。ガンを患っている家族や友人にこの情報を流してください。ガンは自然療法(特にターメリックと過酸化水素療法)で治るこことを伝えてください。なぜ、このような治療法が十分に広がらないのでしょうか。。。それは、ガンによって巨額な利益を得ている産業があるからです。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51829668.html



奇跡が起こる「超少食」 (タケ) 2012-03-29

免疫学の世界的権威である新潟大学大学院 安保徹教授の情報をご紹介します。
http://vooot.net/macrophage.html
逆に、飢餓状態になったときはどうなるかというと、例えば、漂流して食べるものがない場合など、マクロファージは自分の体の構成成分を食べて栄養に変えるのです。
漂流して10日とか20日とか食べられなかった人は、筋肉や骨が細くなったりする。
ところが、そのステップで何が起こるかというと、栄養が枯渇した際に最初に食べるのは、まず老廃物を食べて、ポリープを食べて、シミを食べて、ガン細胞を食べる・・・。
そういう無駄なものから食べて処理し、エネルギーに変えるわけです。
そうして、マクロファージの働きで、ポリープが消える、ガンが治る、ということが起こるわけです。

マラリアは致死株を、ガンも確実に死に至るレベルのガン細胞を植えて、実験しました。
結論からいうと、低たんぱく食のエサにしたら抵抗力が強くなっていくことがわかりました。
それも、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、抵抗力が強くなっていくのです。
普通のエサを与えたマウスでは100%マラリアに感染して死ぬのが当然で、まさか致死株ですから生き延びるということは予想もしていませんでした。
しかし、たんぱく質の割合を5%、0%まで減らしたら、全部のマウスが生き延びたのです。
さらには、ガンも転移が消滅していたのです。
ふるやの森のコメント
(悪人がこれをやってもだめです。悪人がこれをやったら、がりがりになって体力が衰え死んでいく。)



不思議な治癒 まだ人類が知らない何か

どこのホスピタルでも もうだめだ と言われてしまった方を 実際に 2人も 治癒した S氏 という知人がいる
俺はときどき UFOに乗ったとか その様な人と出会うのだが S氏 との出会いにも かなり驚かされた 
S氏 はなんと 白血病 の方を 2人も治癒したのである

ことの次第は こうである、、、
S氏の知人の娘さんが 白血病 にかかってしまった 若かったので 進行もはやく もうだめだと言われていた
そこで S氏 は その娘さんと話した

「 あたりまえのことは何1つないんだよ 」「 1つ1つに感謝してごらん 」
「 点滴の1滴1滴 食事の1口1口 」「 食事を作ってくれる人 食材 」
「 真っ白なシーツから すべてにおいて 」その すべてに 「 ありがとう 」 って 言ってごらん 
と 話したのである

その日から その娘さんは 点滴の1滴1滴 をはじめ 総てのことに 「 ありがとう 」と 感謝 することを つづけた
そしたら 白血病 が 治ってしまった
と言うのである

これには ドクターも驚いていたそうだ。しかも この S氏 2人も この話で 治癒できたそうである

この話を聴いて 俺も驚いた。すべてのケースで 治癒されるのかはわからないのだが この意識の変化 で 実際に 治癒されるケースもあるのだろう

また 他の友人 から聴いた 話でも
学校でクラスの生徒が 足を手術 しなくてはならなかったので クラス全員で 祈ったら それが消えてしまって 治ってしまった
という不思議な話も 友人から聴いた

まだ人類が理解していない なんらかの エネルギー作用 が存在している
http://kanazawax.exblog.jp/18222100/



マリファナでガンが治る?! 研究者が検証

マリファナは悪名高い麻薬として有名ですが、最新医学の研究からマリファナに含まれるある種の成分がガンを治す可能性があることが分かってきました。

これまでにマリファナに含まれるガン細胞増殖を抑制する成分として、テトラハイドロカンナビノール(THC)とカンナビディオール(CBD)が分かっています。
テトラハイドロカンナビノールは摂取することで人の心理感覚が変化することが知られていますが、この成分はガン細胞の増殖を抑制する効果があることも分かりました。
下の動画では、テトラハイドロカンナビノールを通常の脳腫瘍細胞に投与した場合(左)とガン性の脳腫瘍細胞に投与した場合(右)の細胞の増殖と成長を示しています。

ご覧の通り、左の通常の細胞は増殖成長するのに対し、右のガン細胞は増殖がストップすることがわかります。

Id-1という遺伝子から作られるタンパク質は、ガン細胞が転移するのを助けるが知られています。ところが、カリフォルニア・パシフィック・メディカルセンターのMcAllister博士によれば、マリファナに含まれる抗ガン作用をもつもう一つの成分であるカンナビディオールはこのId-1遺伝子を不活性化してタンパク質を作らせなくすることで、ガン細胞が転移するのを防いでいるかもしれないとのことです。

Sean McAllister博士Credit: Medical Marijuana Oil

さらに、このカンナビディオールはガン細胞に自殺するように仕向け、ガン細胞が増殖するのを抑える働きもあるようです。
また、驚くことにテトラハイドロカンナビノールもカンナビディオールも、他の抗ガン剤にみられるような副作用が全くない夢のような成分というのだから驚きです。
このような研究が進めば、近い未来にはガン予防のためにマリファナ吸引が推奨される世の中が訪れたりするかもしれませんね?!

マリファナの科学 (レスリー・L. アイヴァーセン, 伊藤 肇)
http://decoperuta.doorblog.jp/archives/2813878.html

閉じる コメント(5)

顔アイコン

癌にはMMS(ミラクルミネラルサプリメント)が・・

詳しくは↓ こちらを
http://www.vernisaj.com/wordpress/

2012/6/12(火) 午後 10:58 まる

顔アイコン

転載させて下さいね。

2012/6/13(水) 午前 10:20 まお

まおさんのところから来ました。
転載させて下さいね。

2012/6/13(水) 午後 2:48 ゆめ

顔アイコン

MMSというブログを拝見しました。
いずれ、良く調べたいと思います。教えていただいてありがとう。

どうぞ転載してください。

2012/6/14(木) 午前 11:59 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

「意識」に「力がある」ということは、「光が、能動的な力に、転換される」ということではありませんか?私は、「光が、単位ベクトル(=方向と大きさをもつ力=矢印)を配分して、これらが合成される(=ベクトル加算)」ことで、「能動的な力に代わる」と考えています。この考えは、「物理学者の、ファインマンの光の仮想実験」からの、「流用!」です。「超能力者に、DNAの塩基を、この単位ベクトルが、配分して、活性化させる(=遺伝子情報の発現!)」状況を、「観察してもらえないか?」と日ごろ、思っています。

2012/8/10(金) 午後 6:00 [ tjr*ds*32*3 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事