徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

  15年間お金を使わない

ドイツのとある女性の生き様が、現地メディアで取り上げられ、注目を集めている。彼女はこれまで15年間、お金を一切使わずに生活しているというのだ。しかし、彼女はホームレスではなく、衣食住に不自由なく暮らしているという。

また2冊の著書を出し、彼女の生き様はドキュメンタリー映画にもなっているのだ。では一体、どのように暮らしているのだろうか? どうやら彼女の生き方には、さまざまな知恵と工夫があるようだ。
お金を使わずに生きる女性、ハイデマリー・シュヴァルマーさん(69歳)の人生は、決して楽な歩みではなかった。東プロイセン(現在はポーランド、ロシア、リトアニアが分割統治)で生まれた彼女は、第二次世界大戦後に家族と共にドイツに難民として移住した。大人になり20年間教師として務めた後に、精神科医として働くこととなった。

学校教師として働いている間に結婚し、2人の子どもを設ける。しかし、夫との関係がうまく行かずに離婚し、女で1人で子どもたちを育てることとなる。

そんな彼女の人生に大きな変化が訪れる。1989年、2人の子どもを連れてドルトムント市に引っ越したときのこと、彼女は多くのホームレスの姿を目の当たりにし、衝撃を受けた。彼らのために何かできないかと思案した末に、1994年「譲り合いセンター(Give and take central)」を設立する。

これは、お金を使わずに価値を交換する施設である。たとえば、古着を台所用品と交換できたり、車に関するサービスを提供する見返りに、配管サービスを受けられたりなど、価値と価値を交換することができるのだ。この施設は、数多くの失業者の助けとなり、彼女のアイディアを真似した施設が、ドイツに多数誕生した。

お金にはならなくても、知恵や技術を持ち合わせた人が集まることにより、お互いを助け合うコミュニティが形成されたのだ。

この成果から、彼女は暮らしていくのに、「お金」は本当に必要なのだろうか? と疑問を抱くこととなった。自分が欲しいもののために、相手に貢献することこそ、本当の仕事だと理解したのだ。

そして、お金のためだけに働くことが、精神的・肉体的に苦痛を伴うとはっきりわかり、施設設立から2年後に仕事を辞めることなる。さらに、子どもが大きくなり家を出て行くと、不要なものはすべて廃棄、アパートさえも引き払ったのだ。

お金を手放し、仕事を手放し、家さえも手放した彼女。しかし暮らしていくのにはまったく困ることのない、自由な生き方を手に入れたのである。当初は1年間だけの実験であったはずが、すでに15年間も続けている。

彼女が暮らしていけるのは、「譲り合いセンター」があるおかげだった。ここに物々交換所であるだけでなく、宿泊施設も備えていた。さまざまな雑用をこなせば、寝泊りすることができる。また、彼女を迎えてくれる家庭も少なくない。というのも、施設を作ったおかげで失業者たちは自らの技能を活用できるようになり、また出版したおかげで、豊かな生活を送れる人が増えたのだ。彼女に感謝している人の数は計り知れない。

そして何より、彼女自身働き者だった。家事はもちろんのこと、雑用でも何でもしっかりとこなしてくれる。一晩泊めるだけで家中のことがはかどるのは、主婦にとって有難いことであった。自分が働けば働くほど、喜ぶ人が増え、欲しいものが手に入る。そうして彼女は、お金を稼ぐことでは味わえなかった豊かさを得たのだ。

そんな彼女は普段、スーツケース1個で生活している。必要なものはそれだけ。緊急時のために200ポンド(約2万2000円)を蓄えている以外は、すべてのお金を寄付している。著書やドキュメンタリー映画の売り上げもすべて寄付しているそうだ。

1つだけ問題があるとすれば、それは健康保険を支払っていないため、病院に行けないことだ。病気やけがの心配があるのだが、彼女は自然治癒力で、治すと豪語している。

夢のような暮らしぶりなのだが、慣れるまでは随分苦労したに違いない。いずれにしても、いろいろな欲求をコントロールできない限り、彼女のように生きて行くのは難しいのではないだろうか。

http://rocketnews24.com/2011/07/11/111350/



  財産全部を寄付し、月10万程度で生活する元富豪「お金が私から幸せを遠ざけていた」

お金は多いほど幸せも大きくなるのだろうか? そのことの答えは、人によって異なるだろう。オーストリアのとある富豪は、長年悩み続けた結果、ひとつの結論に達した。彼が自らの経験から導き出した答えは、「すべてを手放す」ということ。

彼は約100坪の持ち家、別荘、車、趣味で集めていたグライダーを売り払い、本業であった室内装飾品ビジネスさえも手放して、貧しい国を支援する組織を設立し、そのすべてのお金を寄付したのである。彼によれば、お金は彼から幸せを遠ざけていたというのだ。

財産のすべてを手放して、一から生活を組み立て直したのはオーストリアの富豪、カール・ラベダー氏だ。彼は生活するのにまったく差し支えないだけのお金を稼いでいた。差し支えないどころか、裕福・富豪と呼ばれるだけの富を得ており、別荘を持っており趣味でグライダーを集めるだけのお金を得ていたのである。

しかし、彼には長年ある疑問があった。貧しい家庭で生まれ育った彼は、規則的に働き続けることでお金を得ることができるようになり、お金を得ることで自動的に幸せになると信じていたのだ。ところが、ビジネスで成功するようになると、それが間違いではないかと思わざるを得なくなってきたのだ。

まるでお金を守るために奴隷のように働いている気さえする。その疑問は歳を重ねるごとに大きくなって行き、ハワイへ旅行に出かけた際に、あることに気がついたのだ。

それは、ホテルや観光施設で接客してくれるスタッフが、自分のお金で動いていることを理解したのである。長期休暇で長らくハワイに滞在したのだが、彼は本当に人間らしい人に出会わなかったと感じた。お金があるが故にお金を使うことに依存し、自らが人との付き合いを軽薄にしているのではないかと感じ取った。

のちに彼は、アフリカ旅行にでかけるのだが、そこで自らの富が彼らの貧困と強い因果関係にあると悟り、すべてを手放すことを決意するのである。そして財産をすべて売却して「MyMicroCredit」と呼ばれる第三国支援の組織を設立、すべてのお金を寄付したのだ。

彼はメディアの取材に応えて、次のように語っている。「経済的な成功に執着するとき、人間らしさを損なっていくのかもしれない。たとえば、出会った相手がいくら金を持っていて、自分にとってどう有益に働くのか、そればかりを考えてしまう」と説明している。

そして、「これまでの人生で具体的に何を損なったか?」との質問に対して、「時間」と答えている。…

「本当の自分や、人間らしさを見つけるために20年を費やした」と振り返っているのである。
現在彼はライフスタイルコーチとして活躍しており、「幸せは学ぶことができる」や「幸せあるのに十分なお金」などをテーマにセミナーを行い、「何も持たないものは『与えること』ができる」という著書を発刊している。思い切った人生の転換は、彼にとって良い結果をもたらしたようである。

http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20111122/Rocketnews24_154841.html

閉じる コメント(12)

アバター

こんにちは〜☆

でも、うちの経験から言うと、骨董や美術品などを集めている人に、こういうような断捨リだの、全てを捨てた方が気が楽になるだの、宗教的なことを持ちかけていろいろと捨てさせ、それを得た者が儲けるという、詐欺のようなことがあるのも確かなようです。

引っ越した際に、いろいろな物をとりあえず持ってきたら、「なんでいろいろ捨てないのか」と罵倒され、襲われました。

2012/7/30(月) 午前 6:57 [ mylovelybunny2003=プリっち☆ ] 返信する

アバター

再び、こんにちは。。。一度こちらの記事をちょっと読ませていただいて考えてみたのですが。。。

1つ前の記事にパチンコのことが書いてありますよね。はじめだけ沢山玉が出て、そのときの快感が忘れられなくてパチンコにはまるが、それで身の破滅を招くという。。。

そのパチンコのサクラってあるじゃないですか。パチンコ屋さんにやとわれていて、いかにもそこのパチンコ屋では玉がいっぱい出るぞ〜っていう演技をする人のことですが。。。

ここの記事の、財産をほとんど寄付したりしてもやっていけているような人たちって、数人ですよね? それは、その人たちが手放した財産でもうけた人たちが、サクラとして、本人たちにサクラと思わせないように、そういう状況でもうまくやっている人として世間にアピールしているだけなんじゃないでしょうか?

つづく。。。

2012/7/30(月) 午前 9:03 [ mylovelybunny2003=プリっち☆ ] 返信する

アバター

このごろ孤独死って増えていますけれども、例えば、「財産をすべて寄付すれば病気が治る」とか「財産をすべて手放せば逆に助けられて生活が良くなる」と誰かに言われてそうしたとしましょう。

そんなことを言ってお金やその家の財産を持っていってしまうのは、たいていは詐欺師です。宗教家や思想家をよそおっていても、たいていは詐欺師だと思います。

そういう詐欺師にだまされた多くの人間が、最近よくある、死因がわからない、または財布に数十円しか残っていない中での孤独死になっていたとしたら、自分たちの財産をすべて寄付するだの、手放すだのということをさせられた被害者は、たいていは孤独死してしまうから、そういう被害を訴えることもなく死んでいくわけですよね。

うちは、いままでにいろいろなめにあってきているので、そういうことも考えてしまいます。

全てを捨てたほんの一部の人がサクラとして生かされていたとしても、それはあくまでもサクラであって、たいていの他の人は事実を知らせることもなく死んでいっている可能性もあると思います。

2012/7/30(月) 午前 9:08 [ mylovelybunny2003=プリっち☆ ] 返信する

アバター

最後に付け足しですが。。。

お子さんやお孫さんがいる場合、どれだけ財産があっても、とりあえず相続税などの税金を国に支払います。その税金が、働きたくても働けない病弱な人やお年寄りが生活保護費になっていたら、資産家だって十分寄付をしていることになるのではないでしょうか。

そのための税制ですよね。

寄付をするのは勝手ではありますが、健康保険は自分が病気ではないときには、その保険料が他の、その時点で病気の人のために役立っているわけですよね。

すべてをどっかに寄付することで自分の健康保険料も払えなくなるというのは本末転倒ではないでしょうか。

自分や自分の家族・親族の財産なども守りつつ、恵まれない人や困っている人にはできる範囲で助けたり寄付をしたりした方が、社会的な混乱を招くことなく、良い国をつくっていけるような気がします。

2012/7/30(月) 午前 9:46 [ mylovelybunny2003=プリっち☆ ] 返信する

アバター

本来、お金というゲームのツールに振り回されている人間が、いわゆる発展したと豪語して有頂天になっている浅はかな人間かもしれませんね。

お金があるのに理不尽な税制のツールのおかげで苦しいという感情をあじあわせてもらっていますΣ(゚д゚lll)全てを手放せば、楽に生きられることを知っているのですがね。堀進さん、私の今の選択は酷ですわ(T ^ T)

2012/7/30(月) 午後 9:29 [ mamiya ] 返信する

顔アイコン

僕は少しでも金が増えるようにと証券会社に金を預けたのですが、3000万円ほど逆に損しました。
僕には金儲けなんてできません。真面目にこつこつと貯めていくのが一番です。
今年末にアセンションがあり、五次元の上昇する人もあります。
お金ばっかりに執着するガリガリもうじゃでは五次元へ行くことはできません。
あと数ヶ月のお金があれば十分です。
できれば8割ほど寄付して身軽になりたいが、財産をほしがっている人がいるのでできません。

2012/7/30(月) 午後 10:58 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

アバター

私も、貧しいお寺に生まれ、何時かお金持ちに!とバブルを経験し、バブル崩壊後、旦那と起業しそこそこの生活をしてきました。旦那が資産を相続した途端に税金地獄の始まりでした。

でも、そこから得る視点もなかなか意味深いものです。この物質社会はなかなかうまくできていましたね(^ ^)

2012/7/31(火) 午前 11:10 [ mamiya ] 返信する

顔アイコン

若いころはケチに徹していて、今は無欲になって、ケチのときと同じようなことをしています。
お金をじゃんじゃん使えばよいのだけれど、ほしいものが無くて。
お金で買えないものがほしい。

2012/7/31(火) 午後 1:26 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

アバター

こんばんは☆ 税金は、「道路・橋などみんなで使っているものを作ったり修理・保全していくための市民・国民の義務としての支払い」と思っている人と、「強制的に持っていかれる、強要される寄付金のようなもの」と思っている人がいるということなんでしょうかね。。。人によっては、どちらにもとらえられるのかもしれませんね。。。

2012/8/1(水) 午前 3:03 [ mylovelybunny2003=プリっち☆ ] 返信する

顔アイコン

使う必要のない無駄なところに多くカネを使うものだから、国民はますます税金を払いたくなくなる。
早く霊性の高い人に総理をしてもらわないと、この国はもう駄目になってしまいます。
橋下では目当ての霊性の高い人ではありません。

2012/8/1(水) 午後 4:04 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

顔アイコン

お金とかいう物事態、根拠のない物。
金は天下のまわりものなんていう言葉がありましたが、
その意味する所は、
お金が あろうとなかろうと大して影響がない。と言うのが、
本来のお話であって、いつの間にかおかしな話になっている。

何かをするのにお金がいる・・・
ばかげた世界は もう終わりにしませんか?

何かをするのに必要な物。
それは 発想。そして明確化出来る事。

お金なんかなんの役にも立ちません。

2012/8/1(水) 午後 5:57 [ zzz*t*ree*hee*s_z*z ] 返信する

顔アイコン

五次元になるとお金の要らない世の中になります。
欲しい物は物質化できるし、食べなくてもよいようになる。
お金の力で支配してきた者たちが支配できなくなってしまいます。
早くそうなってほしいです。

2012/8/2(木) 午後 9:05 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事