徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

ブーフインタビュー

悪漢共は借金をして返済しなかったので、担保を差し押さえられつつある。これは数百年前に遡ることである。

ずっと以前に多量の黄金が、歴史上のこの時点で保管のために世界中に隠されていた。

あなたが貸主(中国のドラゴン)だとしたら、悪漢共に返済金を支払わせる事が出来るだろう。ロスチャイルド、ロックフェラーなどを名指しできるが、彼ら全てが借金をしたので、返済せざるを得なくなっているのだ。

あらゆる事が起きている。一週間後には、人々は罰金と懲罰を受けなければならない。オバマ大統領が出来てきて、米国が憲法に回帰すると説明するだろう。FEDはもう立ち行かない。インターポールは逮捕を進めるだろう。

米国中で軍隊が動いている。数百台の戦車が走り回っているが、彼らは善意の者たち。

ウオールストリートを監視するようにガイトナーが任命された。彼は、今では善意の者のうちの一人になっている。

合法的な、70以上のプログラムがある。先週、彼らは黄金の裏づけのある、350兆ドルの紙幣を中国から米国に移送した。これは連邦準備銀行のものでもなく、プラスチックのお金でもない。まして連邦準備銀行紙幣では決して無い。これは言ってみれば宝なのだ。

どの国のクォーターバックが世界に平和をもたらし、飢餓を解消し、全ての人が期待しているこの巨大な遷移を行うのか?プーフ:ドラゴン(中国)だ。

資金を受け取るのは誰か?プーフ:195ヶ国であり、彼ら全てはこの資金をほしがっている。

彼ら(オバマとその軍隊)はそこまで出かけていって黄金などを手に入れた。彼はこれらの物資を中国に返還したのだ。オバマは中国と同じ側に立っている。

オバマが言っていることが最も正しい。”人々は以前のように自由をほしがっている。我々はそうあるべき憲法に戻るのだ。”

負債免除、抵当、賃借料、クレジットカード負債とローンなどはどうなるのか?暴利を排除すれば、ほとんどの人たちは、負債は完済していることになる。新しい雇用が生まれ、きれいな空気、きれいな水などが得られるようになる。

ベンジャミン・フルフォードの立場は不安定で、コブラ、銀河連合、ある種の情報は、でっちあげである。

ドルは時が来れば一対一で交換される。お金は銀行に預けたままにすれば、一対一の割合であなた方の口座に振り込まれるだろう。

自由エネルギーも導入の過程にある。自由エネルギー装置の箱が全ての家庭に配布されるだろう。

たき  http://www12.plala.or.jp/gflservice/gflservice.html

※350兆ドルの紙幣を中国から米国に移送した。悪漢共は返済しなかったので黄金など差し押さえられた。オバマとその軍隊は黄金などを手に入れ、黄金などを中国に返還。資金を受け取るのは世界195カ国。お金は銀行に預けたままにすれば一対一の割合であなた方の口座に振り込まれる。ブーフ、たき

閉じる コメント(6)

顔アイコン

堀さん 事実かどうか?ですが 沖縄の離島周辺でシリウスUFO墜落があり 政府が自衛隊に回収させてるそうです

2012/12/10(月) 午後 8:26 [ GO ]

顔アイコン

沖縄の件気になりますね。
なぜ沖縄に墜落したのでしょうかね?
何か意味があるのでしょうか。

2012/12/10(月) 午後 11:09 [ トーマス ]

顔アイコン

日本で数日前に起きたらしいから 事実か デマか しばらくすると明らかになると思いますが 詳細を知りたいですね

2012/12/11(火) 午前 6:23 [ GO ]

顔アイコン

特殊兵器で撃墜させたのでは、と気になりますが、121212の方が気になります。

2012/12/11(火) 午前 7:59 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

米国が宗主国なので、日本側に機体を渡すでしょうか?
それが可能なら、研究出来ると思います。
動力源とかです。

2012/12/15(土) 午前 3:20 [ しんちゃん ]

顔アイコン

沖縄の海にUFO墜落なんて、ガセネタを転載して読者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。ネタ元はこちらでした。http://inothernewz.com/

2012/12/15(土) 午前 7:46 [ hor*s*sum*8 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事