徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

宇宙5

金星の都市部の人々は喜び勇んで持っていたお金を放り投げ、家も車も何もかも捨てて、ただ、衣類、食料、野菜の種、テクノロジーの知識と製造のための技術だけを携えて田舎に向かって行進を始めた。従う大衆がいなくなっては政府も機能せず、支配階層は最も貧しい者となった。一厘の仕組

人類発祥の惑星は、火星と木星の間に存在するアステロイドと呼ばれる小惑星群に名残を残しています。地球と違う点は自転速度が一日24時間ではなく、25時間半だった事です。祖星にある惑星が接近し、多くが火星に移住し、火星にも被害が及ぶのがわかり、地球に移住した。祖星は惑星と衝突した。新人類の詞

宇宙の始まり。分かる範囲での宇宙はビックバンからは生まれておりません。この宇宙の年齢は137億年如きでもありませんし、膨張も収縮も不規則です。この宇宙は数々の宇宙の一つに過ぎません。この宇宙は他の宇宙の歪から生まれました。他の宇宙のひび割れから捻り出たとの表現が良いのでしょうか。
宇宙群が形成している大宇宙もまた、超大宇宙の一部に過ぎません。超大宇宙の母体である母体宇宙については存在までしか確認できていません。母体宇宙の誕生は未だ謎のままです。母体宇宙も更に巨大な宇宙の一部なのかもしれませんし、母体宇宙こそ宇宙の母なのかもしれません。新人類の詞

米国議会に「エイリアンの月面基地の存在」議題が提出され、同時に中国は「月面の真実の写真」を順次公開すると発表。NASA が月面のデータに30年以上にわたり修正を加え続けてきた証拠の内部告発も開示される。大摩邇

2013年は、天文学に関して言えば、彗星の年になる。まずパンスターズ彗星、続いてアイソン彗星がやってくるが、後者は満月を凌駕する明るさになる見込み。ただし実際にそうなるか、太陽の近くを通過するときに崩壊してしまうかは、まだ謎に包まれている。パンスターズ彗星は3月、アイソン彗星は11月。WIRED

※またニビルを使って人々に不安をあおっている人がいるが、心配ありません。今はアセンション途中で地球周辺には大量の宇宙船がおります。そこには超大型の宇宙船もあり、万一となれば超大型宇宙船に避難できる。地球内部には五次元世界もあり、そこにも避難できる。だから心配ありません。

電波望遠鏡によって、銀河中心から膨大な量の、超新星爆発の100万倍の量のエネルギーが放出されていて、既に太陽系に届いているとの発見について、1月2日発行の科学雑誌ネイチャーでの発表が行われた。たき ※悪魔達の仕業ではなく、アセンションさせるための光です。

※ニビルはセクメトという善い宇宙人が支配していて心配要らない。太陽の裏側にニビルは現在存在している。太陽フレアの大爆発が地球に向かってこないのは、ニビルの重力のせいかもしれない。ニビルは地球の地軸移動にも利用されるかもしれない。

電波望遠鏡によって、銀河中心から膨大な量の、超新星爆発の100万倍の量のエネルギーが放出されていて、既に太陽系に届いているとの発見について、1月2日発行の科学雑誌ネイチャーでの発表が行われた。たき ※悪魔達の仕業ではなく、アセンションさせるための光です。

2013年、そしてわたし達は、ひとつの新しい太陽が見え始めることを皆さんに保証します。それは実際に、変化という太陽です。わたし達はもう一度、惑星の次元上昇は起り、人類がそのようにしたことを、皆さんに伝えます。たとえ多くの人類が3次元の中でそれを認識しないとしても、地球は実際に既に変化を終え、新しい枠組みに向けて卒業しました。きらきら星

太陽のまわりを公転する惑星は、いつも平面軌道上を周回しているように思われていますが、実際は太陽自身が時速7万キロという猛スピードで宇宙空間を爆進していますので、惑星の軌道は、自然にらせん形となります。大摩邇

今の地球の状態を作ったのは太陽系の外からやってきた巨大彗星であり、その彗星が地球へと水分を引き渡したために地球は膨張し、そこで気圧や重力なども変化して今の地球の大きさと環境になったようです。五井野正、天下泰平

今から1万5000年ほど前には月は地球の周囲には存在しておらず、その頃の地球は今よりも小さくて海が3分の1、3分の2は陸であるという今の地球とは正反対の惑星だった事実が最近になって少しずつ認められてきています。五井野正、天下泰平

最近、アメリカのスタンフォード大学の物理学者たちが、 ビッグバンの際に作られた宇宙の数は「 10の 1016乗」だと計算した。10の100乗でも我々の計算機では計算できません。大摩邇

ロシアのメドベージェフ首相(前大統領)は大統領が引き継ぐ「宇宙人ファイル」が存在すると暴露。「大統領交代時、核のボタンと一緒に『極秘』ファイルが渡される」と発言。「これ以上明かすと危険が及ぶので、詳しくは(米SF映画)『メン・イン・ブラック』を見てほしい」ハートの贈りもの

アメリカで10年間、オリオン座を眺めて来た男性がショックを隠せません。毎年冬になると必ずある地点からオリオン座が昇るのに、2、3日前からその位置がかなりずれている。オリオン座は今までの通常の位置から25度も離れた位置から昇っている。日本や世界や宇宙の動向
12月3日に、わたし達はオリオンに由来するひとつの配置構造を確認し始めています。きらきら星
物質宇宙と非物質宇宙とは、時間・空間軸が全く違います。物質宇宙は太陽系内までです。3次元物質界から見えている、外宇宙に、遥か遠くに見えるようなシリウスやプレアデスなどの星たちはすべて、地球内部の中心地・シャンバラから、ホログラムとして映し出された映像です。カガリ

※ニビルは善い宇宙人の側が管理していて、一般地球人は何も心配しなくてよい。ニビルの活用方法はいくつも考えられていると思うが、地球の回転軸を変えて地球上を住みやすくするというようなことも考えられる。地球上の人類をどこかに避難させた後に行われるだろう。

あなた方が一緒に移動しているシステムのひとつがプレアデス星団のシステムで、このシステムの中心的な太陽はアルシオンと呼ばれています。あなた方の太陽系は、螺旋状をなす銀河の端に位置しています。hs33

太陽に住んでいる存在がいると聞いたら、みなさんはびっくりするでしょうか。太陽は幻想にすぎません。非常に高度な進歩をとげた世界は、みずからを太陽のように見せかけて、光の力によって侵略から身を守ることができるのです。hs33

2013年には、蝕は特に強力なものになるでしょう。自己主導性と基準調整に向けて昼夜平分時と至点の時に瞑想をした後は、蝕は皆さんの人生の進路を変えるための完全な時になるでしょう。4月25日、月蝕。5月10日、日蝕。5月25日、月蝕。10月18日、月蝕。11月3日、日蝕。きらきら星

浮遊惑星は天の川銀河に2000〜4000億個存在するとされる恒星の数を大きく上回り、なんとその10万倍も存在する可能性があるという。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120227002&expand#title

ほとんどの太陽系の惑星は同様なシステムを配置して動作し、八面体のダイアモンド結晶 は、科学者たちが、惑星上の19度の平行線で作動するように決定しました。これらの惑星全てには内部太陽があり、NASAの画像では繰り返し、木星が太陽 に進化する次の惑星であることが示されています。サナダ

次元上昇の後では、私たちのうちのいくらかは、ふるさとの惑星に帰る機会があります。それは選択次第です。私たちの真のファミリーはETであり、私たちがボランティアと してこの地球に次元上昇を支援するために来た時に別れてきたのです。hs33

※私の自我は宇宙船など夢の中でも乗ったことないが、超自我は宇宙人たちと交流があるので、超自我の誘導に沿って、自我が動いていれば心配要らないと思っています。

夜間には私たちのうちのいくらかは、彼らに会いに宇宙船に乗船しますが、戻る時には記憶を失います。なぜなら、優れた技術や、暖かさ、快適さの記憶は、地球上での仕事に悪い影響を及ぼすからです。 hs33

太陽系は第3銀河団の指示で、高放射線領域のマルチフィラメントゾーンに突入し、太陽の活動は激しさをましながら、その影響で空間線量は高くなっていきます。自然生活館

宇宙も、地球も、生物も、「知的デザインによらなければ決して誕生できない」といえるほどに、あまりにも見事な姿に作られている。理知ある至高の創造者の存在を仮定せずに、宇宙の成り立ちを説明することは不可能である。なわ

宇宙を作りあげるために、まるでだれかが自然界の定数を微調整したかのよう。自然界の物理的・化学的法則はすべて、生命のために絶妙に微調整されている。宇宙が絶妙な微調整のもとに存在し、しかも知的生命のいる宇宙。「宇宙が知的デザインによって誕生した」ことを、明らかな形で物語っている。なわ

宇宙連合は存在している。地球は人類の所有物ではない。彼らがコントロールしている。なので、人類は地球を崩壊させることは許されていない。ヤス

米陸軍のリモートビューイングによると、火星には地球人そっくりの人たちが生活していた。巨大な惑星が接近し地下に逃げ込んだが最終的にいなくなった。当時使われていたロボット(宇宙連邦作)が現在も地下で活動している。火星の地上に存在している二酸化炭素は微生物が作り出したもの。ヤス

我々は太陽から降注ぐ意識の一部分を光と感じている。山田貢司 ※銀河系中心のブラックホールから飛んできた超微粒子を周波数変換して、地球に太陽の光として注いでいる。太陽がアセンションすると、銀河中心からの超微粒子に頼らず、太陽が直接、地球に超微粒子を注ぐ。

太陽の南北極は37日周期で自転します。太陽の赤道は26日周期で自転します。長年加わるストレスが11500年毎に発散します。地球の磁気圏は年々弱くなっている。11500年毎の太陽の変動により、地球のポールシフト(南北極の反転)=180度回転、が起る。大摩邇

※宇宙は全て、宇宙創造神が化身したものです。創造神は宇宙を造り、自ら宇宙となりました。ですから、地球も人も何もかも神の一部なのです。全ての生命を敬わなければなりません。神の一部なのだから。ですから、誰も彼もが愛すべき存在です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事