徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

心と魂の投稿集

Q:生きることが下手な人間は?
一生懸命生きることです。
生きるのが下手な人間は一生懸命にならないと人と対等になりません。

無欲になることです。
あれもこれもと欲張りすぎると、挫折ばかり起して、悩んでばかりいるようになります。

毎日、一生懸命に何か工夫することです。

会う人ごとに心の中で感謝することです。

一切の悪事をしないことです。善因善果、悪因悪果。
悪いことをすれば必ず、いつか悪いことが帰ってきます。

このような心がけでいれば、運が良くなります。


Q;人は何のために生きるのか?
人間の中に魂というのがあって、魂は永遠に生きます。
現世の時間は短いのです。
人間が死んだら魂だけになります。
死んだら、あの世に何も持っては行けません。
お金も家も財産も何も持っては行けません。
ただ、魂だけ持っていけます。
現世で悪いこと、利己的なこと、をし続ければ、魂はにごります。
現世で善いこと、他人のためになること、をし続ければ魂は磨かれます。
現世は魂を磨くためにあるのです。魂をにごらせたり、傷つけたりするのは生きた甲斐がありません。

子孫繁栄だけのためなら、豚のほうが良いでしょう。



Q:駄目人間です。
こんな立派な文章を書けるのだから、あなたは劣ってはいません。
人間の能力はやればやるだけ身につくのです。
あなたには能力があるのに、自分は劣っていると決め付け、その通りになってしまっているのです。
人間の能力は無限大になれるのです。
人間の中には神がいつも存在し、あなたのすることを見守っているのです。
神の能力は無限大なのです。神と一体化させましょう。
神の心で神の言葉で神の行動で行いましょう。
神と一体化できれば無限大の能力が身につきます。
神と一体化すれば神のしたことはあなたのしたことになります。
他の神と一体化した人たちとも一体化できます。
そうなればあなたは何も苦しむことはない、神に付いて行けばよいのです。


Q:生きるのがつらい
あなたは欲が多すぎるのです。
無欲になるべきです。
無欲になれば、現在のあなたで十分に幸せなのです。
生かしていただいているだけで十分に幸せなのです。
このよう苦しみを与えていただいたことに感謝するべきです。
苦しみにさえ感謝すれば、世の中は感謝することばかりです。
進んで苦しみましょう。
苦しんでさえいれば、やがて一切の苦しみがなくなる日が来るでしょう。


Q:妻が浮気し裁判中
あなたは過去に相当にひどい罪作りなことをしました。
その罪の償いをするために、このようなひどい償いをしているのです。
罪の償いであるのに、償いを免れたり、相手に仕返しをしたりすれば、いつまでたっても罪の償いはできません。
相手と裁判をするのはやめるべきです。
怒りとうつ症状はあなたが神の心になることによって解消できます。

人間の目的は魂を磨くことです。神の心になれば魂を磨くことができます。
人間は死んだら何もあの世に持って行けません。ただ、磨かれた魂だけは持っていけます。
神の心になったら、来世はきっと善い人生となります。



Q:夫が冷たくなった。
あなたが冷たい態度を取れば、夫も冷たい態度をとるのは当然です。
あなたはもう一段、神に近い目線で見て、心を大人の心にするのが必要です。
夫からいやなことをされても、夫を愛する。愛して愛して愛しまくる。
そうすれば夫は変わるでしょう。

夫から愛されたいために、夫を愛するのではなくて、夫から見返りを求めず、ただただ愛する。
こういった心になってください。
こういった心になることが、あなたの修行です。
まず、あなたの心を変えることから始めましょう。

神の愛とは無償の愛、偽りの愛は愛されたいがために愛すること。
あなたが神の愛に目覚めて、夫が神の愛に目覚めるのを待ちましょう。


Q:早死にすべきでしょうか。
普通に行けば不幸な人生になる人生を、一生懸命に素晴らしい人生にするのが優れた人生です。
頑張ってください。
気の持ちよう一つなんです。
無欲になって、どんな小さなことにも喜びを得てください。
大きな欲望に挑戦し、挫折するから苦しむのです。
無欲になって気楽になったら、


Q:夢や生きがいをなくしたら。
無欲になることです。
野辺の花の花を美しいと思い、おいしい食べ物をおいしいと感動することです。
日常の当たり前のことに喜びを持つことです。
そのようにさせていただいたことに感謝することです。
全てに喜びを持つこと、全てに感謝することです。
そして、それに変わる夢や生きがいは何か無いか考えることです。


Q:人と比較して不安になる。
私は65歳でまだ一回も結婚を経験していません。
高校中退で醜い顔をしています。
人と比較をすれば私は本当に劣っています。
それでも心安らかでいられるのは、独自の価値観を持っているからです。
人生の目的は魂を磨くためです。
これからも魂を磨いていけば、より神に近づけます。
死んだら、あの世へ何も持っては行けません。
ただ、磨かれた魂だけは持っていけます。
人生はなにであるか知っているため、心安らかでいられます。



Q:嫌な思い出を忘れたい。
嫌な記憶を断ち切る方法はそれにふたをして思い出さないようにすることではありません。
そんなことをしたら顕在意識が潜在化して、潜在意識となって、思い出し昇華しない限りあなたを苦しめ続けます。

嫌な記憶を断ち切るにはそのことを思い出して紙に書いて、どこがいけなかったのだろうとじっくり考えてみることです。
当時とは一歩神に近づいた神の心で見直してみることです。
いじめられていたら、神の心になって、いじめた子を許すことです。いじめた子は神が裁いてくれます。
いじめた子は、あなたを神の心にしてくれる恩人なのです。感謝しましょう。



Q:貧乏は犯罪ですか?
貧乏は犯罪ではありません。
貧乏を悪と見ることこそ悪いことです。
貧乏は良いことで、喜ぶべきことです。
貧乏であることを喜び、質素な暮らしでも、堂々と生き、喜びをもって生活しましょう。
いつも質素でカネを使わなければ、どんな商売をしても成功します。
お金を儲けてもカネを使わないのだから、カネは貯まっていくばかりです。
貧乏はカネを使わない方法を学ぶにはとても良い手段です。
成功哲学の基本です。成功したければ貧乏を経験しなさい。



Q:人は何のために生まれたのか。
全ての人は神の心になることが最終目的です。
自分勝手で、利己的な人は全く修行ができていない。
来世は動物に生まれ変わるかもしれません。

自分のことはあまり考えずに、他人のために、地球のために宇宙のためにを考える人は、神のような心をした人です。
こんな人は次元上昇をし、更に上級の修行する場が与えられます。

こうやって人間はだんだんと神になってゆくのです。

途中で自殺してしまったら、修行する場から脱走したのですから、また同じような苦しみを与えられるよう生まれ変わります。
側に従わざるをえない。



人が悪いことをすると魂がにごったり傷ついたりします。
にごったり傷ついたりしていない魂が一番優れた魂です。

どんなものにも波動、周波数が有ります。
どんなものも波動を発します。
低俗な心の人は波動、周波数が低い。神様のような人は波動、周波数が高い。
低俗な心の人は波動、周波数が粗い。

低い波動の人は五次元へアセンション、次元上昇できません。
五次元は思ったことがすぐ実現する世界だから、人を殺したいと思うと実現してしまいます。
だから、低俗な心の人は五次元へ行っては駄目です。行けません。

ノイローゼや病気の人も神のような心をしていたら、五次元へ行くことができます。

五次元へ行く人は三次元での学習を十分にやり終えた人で、低俗な心をしている人はもう一度、三次元で学習しなおす必要があります。



生前、生まれる前に、高次元の存在と魂とが、した契約によります。

人間はひどいことをすれば、必ず自分にひどいことが返ってきます。
一生の間に償いが終わっていなければ、来世に持ち越されます。
来世で自殺などして償いが終わっていなければ、またまた、次の世に持ち越されます。
だから、苦しいからといって自殺などしてはいけないのです。

善い心の人は今年末に五次元となり、三次元は卒業です。
絶対に死ぬことがなくなります。自殺しようとしてもすぐに生き返ります。
生まれ変わりもありません。

あの世は現世でひどいことをした人はひどい罰を受け、思い知らされます。
何も悪いことをしていなければ、あの世はとても良い所です。

低俗な心の人は三次元に生まれ変わり、輪廻転生を繰り返します。



どんな人も生きていく価値があります。
ベットの上で寝てばかりいる働けない人も価値があります。
家族が介護するため、家族を神の心にさせます。
そのためには家族の方々に感謝し続けましょう。
家族のためにしてあげられることは何かないか、考えましょう。あなたが死ぬこと以外に。
あなたは神から授けられた大切な体だから、絶対に肉体をなくしてはいけません。

感謝し続ければ、あなたも神の心になり、家族も神の心になります。



Q:死ぬのが怖い
人間は誰もが霊体を持っています。
人間は死んだら、肉体が死にますが、霊体は生き続けます。
意識が肉体から霊体に移行しますから、本当は死なないのです。
だから、あまり怖くはありません。


我々人間は生前の契約どおりに事が進められていて、操っているのは自分の魂、ハイヤーセルフです。
ハイヤーセルフはまた、銀河連邦ともつながっていて、我々をアセンションの方向に導いている。
そういった方向でない、別の人には別の人のハイヤーセルフがおり、その人の意識レベルにあった次元へ導いていく。
ハイヤーセルフは自分の未来や過去生も知っており、ハイヤーセルフの思うとおり操られるのが、我々の最適なる道。
我々肉体の自分=自我はだんだんと消滅していく。そしてハイヤーセルフと一体化する。
五次元はハイヤーセルフが自分の意識となる。三次元の自分は消滅する。
永久に死ぬことのない魂の存在になる。何も食べなくても生きられる魂の存在となる。
現在、地球上には何も食べなくても生きている人が2000人ほどいるが、五次元になると誰もが食べなくても生きておられるようになる。

閉じる コメント(15)

顔アイコン

夫に関する話について考えたことを書かせていただきます。

妻が自分の好きなことをすることです。

我慢してると夫が嫌いになるので、
したいことをすること。

そうしたら、夫に優しくなれるでしょう。

2013/8/9(金) 午前 10:12 [ 玉子 ]

顔アイコン

チベットの古文書 死者の書 面白いですよ

2013/8/9(金) 午後 0:39 [ GO ]

顔アイコン

夫と妻は互いにすることに干渉しない。個人の独立が守られ、そういった契約も成立するでしょう。

GOさんの死者の書、機会があれば読んでみることにします。

2013/8/10(土) 午前 7:00 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

苦労して、悩んで、

その時に思考しないと、

自分の持っているものに気付き、

感謝することはできないと思いますね。



苦しい時に、ただただ耐え忍んでいるだけではだめだと思います。

2013/8/10(土) 午後 0:07 [ 玉子 ]

顔アイコン

その通りです。
低俗な解決方法よりも、高尚な解決方法を選択すれば、より良いと思います。

2013/8/10(土) 午後 7:15 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

死者の書 何故 人は死ぬのか 死んだ時 又 何故 生まれ 魂と肉体の関係 状態 これが古代の書とは 驚きの内容です 人の答えが書き綴られてると感じました

2013/8/10(土) 午後 10:37 [ GO ]

顔アイコン

死者の書、要約を読みました。要約なのであまりすごさは感じませんでした。完全版も読んでみたい。

2013/8/11(日) 午前 6:05 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

古代チベット仏教 密教ですかね 何事も考学のために いや 私の知りたいと言う欲求なんですかね 知りたい欲求はどうなんですかね?

2013/8/11(日) 午前 11:34 [ GO ]

顔アイコン

密教という言葉さえ、わからないので。解らないことはわからないと書くことが必要です。知ったかぶりすると、とんだ目にあう。

2013/8/12(月) 午前 8:04 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

私、いろんな本を読んでいたら、
密教が私の好みに合うな、
と思っていたら、
子どもの入った中学が、密教でした。

その学校には、
私の中学時代に好きだった数学の先生がおられましたよ。

びっくりしました。

2013/8/12(月) 午前 10:06 [ 玉子 ]

顔アイコン

密教の情報調べてみます。うわべだけ、興味ある情報に首を突っ込みます。

2013/8/13(火) 午前 6:52 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

多分 密教と言うのは日本語訳してだと思います 情報が入らない時代に 謎だから 密教って日本では言われたのでは? 現在はその名残で言われているのではないかな フリーメイソンなんか 外国では昔から普通に 内容とか知られていましたから

2013/8/13(火) 午後 7:12 [ GO ]

顔アイコン

密教は誰もが信ずることが出来る宗教と違って、霊性を極限まで高められた人に与えられる霊能力のように思います。普通の宗教より密教のほうが好きです。空海のようになりたい。

2013/8/14(水) 午前 6:32 [ hor*s*sum*8 ]

顔アイコン

そのように感じられましたか。

2013/8/18(日) 午前 6:55 [ 玉子 ]

顔アイコン

既成の宗教は信じてさえいれば、悪人も極楽や天国へ行けるような、。かえってそれでは、真理から遠ざかるような感じがします。

2013/8/19(月) 午前 7:33 [ hor*s*sum*8 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事