徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

癌に民間療法

  春ウコン

癌ばかりでなく, 治らないと言われている糖尿病や原因が良くわからないシェーグレン症候群やうつ症状などの疾患が、 次々と春ウコンで抑えられることがわかってきた. ウイルスにも, 細菌にも, 自己免疫疾患にも効いた. いくつの疾患に罹っていても, 同時並行的に治まった.るいネツト

春ウコンの根茎(イモ)の乾燥粉末または粒状(錠剤)にしたものを食品として経口で摂取することにより、免疫レベルをきわめて高くし、これによって、いわゆる成人病といわれるガン、糖尿病をはじめ多くの疾患を改善し、抑えることがわかっている。るいネット

癌と診断された時の第一選択肢は春ウコン摂取を直ぐに始めることと考えている. 多くの癌は春ウコンで症状が治まるので手術をする必要がなくなる.余命あと半年と言われた時には速やかに, 春ウコン法を試すことを勧めたい。通常の日常生活が可能となる期間を数年以上の単位で延ばすことができるといえる.
摂取の1日量は体重60kgの人は6g×(0.8〜1.3)起床から就寝までの時間をn等分し摂取時間とする。摂取量をn+1等分し、摂取時間に摂る。nは5からそれ以上。重篤な時期は上限量を3か月。再発したら上限量。春ウコン研究会

キョークルミン。ウコンの主要成分、クルクミン。27倍の吸収率。1袋9粒いり、1260円。二日酔いによく効く。

肝臓癌, 肺癌, 直腸癌など, 色々な癌に春ウコンは効果があることが分かってきた. しかも, 難しいと言われている肝臓癌, 肺癌のような癌が再現性よく治まった. 医家向け医薬品で効果が出にくいような疾患にも有効な例が数多くある。春ウコン研究会

1.患部の切除  2.抗癌剤の投与  3.放射線の照射の三大治療を拒否して、春ウコンのみを摂取した人は、ほぼ、100%助かった。つむじ風

インド人がアルツハイマー病に発症する確率はアメリカ人の4分の1。カレーに使われるウコンに含まれる“クルクミン”というポリフェノールが認知症予防に有効なのです」(白澤さん)
北インドのバラブガール村では、アルツハイマー病がとても少ない。この村の多くの人は動物性脂肪をほとんど摂取せず、野菜中心の食生活をしており。
記憶や認知が少しずつ失われていく人は、65歳 以上のインド人のわずか1%だけですが、アメリカでは10%近くの数になっています。



  アーモンド

アーモンドは、大粒で種子の中の仁が甘い甘仁種(かんじんしゅ)と、小粒で仁が苦く食用には適さない苦仁種(くじんしゅ)があります。苦仁種は、香りが強くアーモンドの香りのもとであるアミグダリンが多量に含まれ多くがアーモンドエッセンスの原料に中国では鎮咳薬としても用いられます。よく目にする食用のアーモンドは、大粒の甘仁種でアミグダリン含まず毒性がありません。サプリメントハウス

アーモンドは生がベストで、フライはダメ。スーパーなどで市販されているアーモンドは、殆どがフライローストされている物なので、やはり生のアーモンドを買った方が良いかもしれません。

癌の特効薬は発見済みだ。癌治療に有効なベンズアルデヒドは、少量ではあるものの、生アーモンドに含まれている。毎日、30-50個の生アーモンドを食べれば、初期の癌は治ります。東和製薬:ビオトーワ  三共製薬:ビオタミン も制癌作用を発揮する。http://turu1000.at.webry.info/201110/article_12.html

癌の予防にはアーモンドを食べましょう。商売人ではありません。 http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/36847562.html  http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/36847473.html

1日ごとに2,3粒のアーモンドを食べるものは、癌を恐れる必要が全くない。ケイシー。オレイン酸とは、生アーモンドの脂肪酸成分の70%を占める成分で抗酸化作用を持っています。

生アーモンドの渋みはベンズアルデヒドが含まれる。ベンズアルデヒドは青酸が含まれ体に悪いという説がある。「がんの特効薬は発見済みだ」岡崎公彦はベンズアルデヒドががん細胞をやっつける、という説を唱える。

毎日30粒も40粒もアーモンドを食べるくらいなら、米国の健康グッズサイトなどでBenfotiamineを買って飲んだ方がいいと思います。Benfotiamineはビオタミン、あるいはビオトーワと同じものです。

オオバコ茶を飲み、1日1個の生アーモンドを食べていれば、身体に2度と癌が発生しない。ケイシー


  ビワ

ビワの生葉75gを金属性の円筒の中で加熱し、円筒の先から出る熱せられたビワの葉の成分を含んだ蒸気を、家兎の腹部に約9センチのところから吹きつける。この実験の結果、濁った血液がわずか5分でアルカロージス(弱アルカリ体質)に変わり、骨組織も体内臓器も健康に。サプリメントハウス

びわの種はガンだけでなくぜんそく、肝硬変、糖尿病など慢性の難病にも薬効があります。摂取の仕方としてはそのまま食しますが、乾燥種のままだとかなり堅いので、保温ポットなどで一昼夜蒸して柔らかくしたものを1日に3〜10個を目安に食べます、また、砕いて粉末にして飲んでもよいでしょう。サプリメントハウス

びわの葉のアミグダリンという物質が薬効成分なのです。そしてこのアミグダリンが、ビタミンB17になるのです。ビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やガン細胞も治してしまうほどの力を発揮します。サプリメントハウス

びわの種の粉末の中にはアミグダリンという物質が含まれています。そのアミグダリンが分解されると、「ベンズアルデヒド」とシアン化水素(青酸、猛毒であるが長期保存すれば分解されて無害になる)が発生するとのことです。日本嫁文化 http://blog.goo.ne.jp/nihonyoumeibunka/e/15333e9f6746683c5c0e6241126a3cfd



  ビタミンB17

1952年にエルンスト・T・クレブス・ジュニア博士が壊血病と同様に癌がビタミン、すなわち世界中で1200以上の食用植物から発見されるビタミンB-17の欠乏によって引き起こされた事を発見しました。

ガンの原因はビタミンB17の欠乏症にある。腫瘍はその防御反応があらわれるためである。「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表。アミグダリン、つまりビタミンB17は、体の中でガン細胞だけを選んで破壊するところが特徴です。サプリメントハウス
ビタミンB17。水溶性のビタミン様物質のひとつ。杏の種から発見された抗がん作用をもつとされるビタミン様物質。杏、さくらんぼ、梅、桃、りんごの種、びわの種・葉などに多く含まれる。ビタミンB17に含まれるシアン化合物がシアンに分解され、これががん細胞の増殖を抑制する効果があると多くの研究者から報告されているほか、肝機能の強化、肝炎・肝硬変の改善、解毒作用などの作用をもつと推察される。ただし、シアンは毒性物質のため、多量の摂取は危険を伴うので注意が必要。

がんの特効薬は発見済みだ 医学博士 岡崎公彦著 たま出版刊 2011年3月8日初版発行」の本に書かれているところのがんの特効薬「ビオタミン」「ビオトーワ」は、「ベンズアルデヒド」の制がん作用の働きによる薬のようです。
ビオトーワは初期のがんまたはがん予防のためのもので、すでにがんがある程度大きくなっている場合は パラヒドロキシベンズアルデヒドを使う必要がありますよ。日本嫁文化


ヒエ、アワ、高梁、玄米、キビ等と今ではあまり食べなくなった食品、つまり昔の主食、今ではほとんど食べなくなってしまった食品にビタミンB17は含まれているのです。ちわわのひとりごと

世界三大長寿地域のガン保有率はなんと5%未満。主食として、また、副食として常に大量に食している食材の中にアミグダリンの多い食べ物を食していることで、文明先進国と言われる国々から比べるとアミグダリン積取量が200倍と言われています。ちわわのひとりごと

ほとんどの癌患者は現代医学主流派の癌治療を受け続けた末に、つまり病状がひどく進行して希望のない宣告を受けてから、やっとB17療法にたどりつく。すでに死に直面しており、悲惨な状態にある。このような患者はB17療法を行っても死亡することが多い。ちわわのひとりごと

医薬の参考文献には、100年以上にわたって「アミグダリン(B17)は無毒性」と記してある。 世界のあらゆるところで、2世紀もの間にアミグダリン(B17)の使用で大変な病気を起こしたとか、死んだという報告は、一つも記録されていない。ちわわのひとりごと

桃、杏、すもも、さくらんぼ、あるいはリンゴを丸ごといくら食べても、種から毒になるほどのB17をとることにはならない。ただし、種だけを大量に食べれば、青酸中毒になる危険性もある。ちわわのひとりごと

B17は、ガンに効くそうです。 ただし、梅干はいいけど青梅(生梅)の種はダメだとか。3年前に聞いて以来、私は梅干の種をプライヤーで割って食べてる。種を縦にして割れ目に沿って割るようにすれば簡単に割れるの。リンゴの種も食べた方がいいらしいよ。私もこれは生のままで食べてる。ちわわのひとりごと

1回に食べる量の目安は1gぐらいまでとされています。なぜなら、ビタミンB17そのものには毒性はありませんが、腸内細菌のβ−グルコシダーゼという酵素によって加水分解されると猛毒のシアン化合物(青酸化合物)を発生しますので、多量の摂取は危険。健康創造塾

ベンツアルデヒドが無害物質に中和するとき、モルヒネ以上にガンの痛みを和らげる力も持っています。

杏(あんず)の種の中のナッツ。それを粉状にしたのが杏仁粉(きょうにんこ)で杏仁豆腐(あんにんとうふ)の香りの元になっています。仁にある毒素は、青酸配糖体のアミグダリンですが 砂糖によって無毒化します。サプリメントハウス

青梅の果実を食べる場合には少なくとも数ヶ月以上漬け込んたものを摂(と)るようにしましょう。サプリメントハウス

核内のアミグダリンの含有量は、ウメ3.2%、アンズ8%、ビワ2.0%、豆類0.005%。サプリメントハウス http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/sapuriment/repo170.htm

致死量は遊離した青酸の状態でおよそ60咾箸気譴討り、この量を満たすためには多くのアミグダリン(未成熟なウメで100〜300個ほど)を必要とするため、少量であれば死に至るほどの害は表れない。日本嫁文化



  最後の決め手は善行

完治した患者さんのほとんどは、余命間もないと知ってからは、自分の体のことはもういい。自分が生きている間に少しでも社会の役に立てることはできないか、人のためにできることはないか、とボランティアや奉仕活動を一生懸命やって、自分の体のことは考えなかった人たち、こういう人の中に癌が完治した人がいる。」 http://blogs.yahoo.co.jp/k_fujita53625/884375.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事