徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

ガン4

調査前、医師の大半は、「代替医療の利用者は教養のない人たちだろう」と想像していた。ところが調査の結果判明したことは、その反対で、代替医療は大学以上の教育を受けた教育水準の高い人たち(アメリカで言えば中〜上級レベルに当たる)に多く支持されているという事実である。http://homepage3.nifty.com/LEXUS-GS/main_alternative.htm

ガンなどの病的細胞組織の表面はプラスイオン帯電物質ですから、そこにある特定の周波数を持つマイナスイオン電子波動を照射しますと、ガン細胞が破壊的な共振作用を引き起こして自滅してしまいます。マイナスイオン電子波動によって病的細胞が次々と破壊されていきますと、免疫力が一気に高くなり、そこから自然治癒力が働き出していきます。松浦優之医博

癌はバクテリア、ビールス、毒素などに起因するものではなく、近代人の文明食の中に必須成分が欠乏しているために起こる、一種の栄養欠乏症。主としてバラ科の種実の中にとくに多く含まれているアミグダリン(ビタミンB17)が欠乏しているのです。クレブス博士

世界最凶の発がん性物質=二酸化チタンが何故に日本の多くの食べ物に!?アメリカ癌学会は、地球上で5つの最も発がん性を有する物質の中に、二酸化チタンを挙げている。それは、喘息、癌、腎臓病、アルツハイマー病、そして不妊の原因と考えられている。日本では許可され、添加物として食べている。wanton

1952年にエルンスト・T・クレブス・ジュニア博士が壊血病と同様に癌がビタミン、すなわち世界中で1200以上の食用植物から発見されるビタミンB-17の欠乏によって引き起こされた事を発見しました。

ガンの原因はビタミンB17の欠乏症にある。腫瘍はその防御反応があらわれるためである。「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表。アミグダリン、つまりビタミンB17は、体の中でガン細胞だけを選んで破壊するところが特徴です。サプリメントハウス
ビタミンB17。水溶性のビタミン様物質のひとつ。杏の種から発見された抗がん作用をもつとされるビタミン様物質。杏、さくらんぼ、梅、桃、りんごの種、びわの種・葉などに多く含まれる。ビタミンB17に含まれるシアン化合物がシアンに分解され、これががん細胞の増殖を抑制する効果があると多くの研究者から報告されているほか、肝機能の強化、肝炎・肝硬変の改善、解毒作用などの作用をもつと推察される。ただし、シアンは毒性物質のため、多量の摂取は危険を伴うので注意が必要。

ビオトーワは初期のがんまたはがん予防のためのもので、すでにがんがある程度大きくなっている場合は パラヒドロキシベンズアルデヒドを使う必要がありますよ。

春ウコンの根茎(イモ)の乾燥粉末または粒状(錠剤)にしたものを食品として経口で摂取することにより、免疫レベルをきわめて高くし、これによって、いわゆる成人病といわれるガン、糖尿病をはじめ多くの疾患を改善し、抑えることがわかっている。るいネット

癌と診断された時の第一選択肢は春ウコン摂取を直ぐに始めることと考えている. 多くの癌は春ウコンで症状が治まるので手術をする必要がなくなる.余命あと半年と言われた時には速やかに, 春ウコン法を試すことを勧めたい。通常の日常生活が可能となる期間を数年以上の単位で延ばすことができるといえる.
摂取の1日量は体重60kgの人は6g×(0.8〜1.3)起床から就寝までの時間をn等分し摂取時間とする。摂取量をn+1等分し、摂取時間に摂る。nは5からそれ以上。重篤な時期は上限量を3か月。再発したら上限量。春ウコン研究会

キョークルミン。ウコンの主要成分、クルクミン。27倍の吸収率。1袋9粒いり、1260円。二日酔いによく効く。

日本も含めて諸外国の悪性新生物の死亡率の高さは脂肪の摂取量に常に比例している。脂肪摂取量の高さが死亡率を高める。今の食事は大切な炭水化物が減って、脂肪ばかりが増えている。おいしさの前で理性は麻痺しつづけるのだろうか。 るいネット

ガンを快方へ向かわせる4カ条。1)生活パターンを見直す。2)ガンへの恐怖から自由になる。3)免疫を抑制する治療を受けない。または止める。4)積極的に副交感神経を刺激する=リラックスする。オリハル

ガンの三大療法での治療が一段落する頃には、リンパ球の数が激減してしまいます。つまり免疫の戦う力が無い状態で治療が終わる。すると、今度また、ストレスがかかってガンが再度勢いを盛り返した場合、もう身体は対抗する力がなくなっているので、ガンがすばやく進行して手の施しようが無くなる。オリハル

薬とも戦うことになる。血流を増やす反応は強く起こると痛みを伴う。薬とは逆に、「リンパ球移入法」という免疫力を上げる治療を行っている人は、ガンの三大療法を受けた人のような激しい消耗や苦痛を感じることはない。しかし、抗ガン剤や放射線治療と併用している場合は、治癒率が全く上がっていないそうです。オリハル

子宮頸がんワクチンの副作用発症率はサーバリックスで4.2%!4価HPVワクチン群で4.0%!国の審議委員は製薬会社に買収されていた!大摩邇 
日本での10万人当たりの子宮頸癌発症率は14.1人。100人あたりの子宮頸癌発症率は0.0141人。

敗血症になると1週間ぐらいで死ぬ。癌ができると敗血症にならずに数年間の執行猶予が与えられる。この数年のうちに心を入れ替えて、血の汚れを治すために積極的に努力し、生活改善をはかれば、死刑はもう執行されないのです。阿修羅

血液が汚れに汚れてしまって、このままでは命もあぶなくなるというときに、このガン腫ができて血液をきれいにしてくれる働きをする。阿修羅

手術は人体を切り開き、内臓器を空気にさらすことですから、必然的に体を酸化させ、また、手術には酸化力の強い麻酔剤の投与が不可欠です。さらに手術後、これまた酸化力の強い抗がん剤の投与や放射線の照射がなされます。毒物とは酸化物質であり、これによる人体の酸化こそが人体を発がんさせる張本人なのです。小澤博樹

ガン細胞は決してブレーキが壊れた細胞として無限に増殖しているのでは無い。体内の汚染を一点集中させているにすぎないから、汚染源を突きとめて、体内の汚染が止まれば、あとは自然に縮小して消滅していく。阿修羅

「現在の日本で二人にひとりが癌にかかり、三人にひとりが癌で死亡している」という様に、癌は恐ろしい病気にされている。しかし、癌の真実を知れば本当に恐ろしいのが現代医学の癌研究とそれに従った癌治療にあるとしたら・・立花隆

日本の内科医は1人平均1000人のがん患者を殺している。自然治癒力をサポートして病気を治す伝統的なテクノロジーは全部弾圧され、薬物療法(アロパシー)だけが生き残った。伝統療法は、金融マフィアによって保険対象外にされた。強制的に保険料を取って、自分たちの息のかかった殺戮医療マフィアにだけおカネを回すシステム。薬漬け、検査漬けの放射線大量照射に生物兵器の毒物注入まで。輸血は人命を助けていない、むしろ殺している!?お年寄りが死ぬとわかるとここぞとばかりに点滴、投薬をバンバンやる香典医療というのがある。稼ぎどきならぬ殺しどき!古歩道

抗がん剤が効くのは、急性白血病、悪性リンパ腫、睾丸のがん、胎盤の絨毛上(じゅうもうじょう)皮ひがん、小児がんで、これらのがんには7割くらいの人に有効で、5年生存率も6割を超えます。乳がんや卵巣がんでは有効例が比較的多いのですが、それ以外のがんで本当に延命効果があるのは、おそらく10人に1人以下ではないでしょうか。阿修羅

末期がんなどの際に神経が傷ついて起きる「神経障害性疼痛(とうつう)」という激痛の原因を動物実験で突き止めたと、福岡大学の高野行夫教授(薬理学)らが英科学誌電子版に21日発表した。脊髄で「CCL―1」というたんぱく質が増えるのが原因。CCL―1の働きを妨げる物質をあらかじめ注射しておくと、激痛を感じなくなる予防効果がある。ヤフーニュース

※癌に有効といわれている春ウコンの子株を1株350円で2株買ってきました。春ウコンをどんどん増やして、誰かが癌となったら無料で使ってもらおう。他にも色々な癌に効く方法を自分のものとし、考え違いをしている癌医に神の意を伝えたい。

※立ってパソコンをいじるようになってから、尻にできていたできものが小さくなったようです。普通の悪性の癌も私のできものと同じように癌が大きくなる要因を取り除いてやると、すぐに小さくなって消滅するのでしょうか。

今の医療制度では、ガンの治療は、切除・抗癌剤・放射線の「三大荒療治」には多額の健康保険金がでるが、それ以外の治療法には雀の目クソ程度の報酬しかでない。ガンの「三大荒療治」は、医師ですら家族には施さないという死の医療・悪魔の算術だ。飯山、大摩邇

【子宮頚がんワクチン接種を「一人でも少なく」しよう!】90%の確率で自然に消える感染症を予防するために、深刻な副作用の危険のあるワクチンを接種する理由は、全然ない。予防できるという保証はない。ワクチン後もHPVに感染する可能性は依然としてある。ワクチンを接種する人が有利になる状況では、本当にない。山崎淑子

※もし胆管癌になって39度以上の高熱になったら、救急車を呼ばずに自宅で看護しよう。高熱が癌細胞を壊死させてくれるかもしれない。もしそのまま死んだら、寿命だと思って諦めよう。病院へ入院させられて三大治療をしたら助かる癌患者も助からない。

風邪をひいて、発熱し、発汗し、せきや庚が出、下痢や嘔吐を起こすのは、こうして体内の毒素を体外に排出しようとする「排毒」現象なのです。がんも同じです。体内の毒素を一カ所に集め、そこから排毒しょうとして腫瘍が形成されるわけです。
ガン細胞は決してブレーキが壊れた細胞として無限に増殖しているのでは無い。体内の汚染を一点集中させているにすぎないから、汚染源を突きとめて、体内の汚染が止まれば、あとは自然に縮小して消滅していくのは、ごくごく当たり前のことにすぎない。
三大療法を受けずに「消ガン生活」を行うと、本当の転移が起こることがあります。これはガンが小さくなって治る前に、元の場所から離れたところに小さく散って発生し、それぞれが間もなくさらに小さくなって消えていく現象です。そのとき発熱を伴います。カゼも一汗かけば翌朝治っていたりしますが、ガンも同じなのです。大摩邇

抗がん剤投与が増がんに繋がるという、とんでもない研究結果がアメリカで出されたのが1990年ごろなんですね。それ以来、アメリカでは癌死亡率が減少傾向になった。日本では癌死亡率は増え続けている。大摩邇

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事