徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

経済4

NESARAが公表されるなら、個人が抱える負債はほぼなくなり、第三世界の国々の莫大な 債務は帳消しになります。そうして、何京ドルもの資金が経済活動の改革のために注入されます。その結果、貴金属に基ずく通貨体系が採用され、危機的なハイパーインフレから守られるでしょう。ふるやの森

全ての人が古い金融システムには飽き飽きしているにも関わらず、次に誰が資金を送り込むのか、という問題を解決するには、新しいシステムの開始までになお数ヶ月を要するでしょう。古歩道

繁栄プログラムは妨害無しに進行する。支払いも予見しえる近い将来、つまり8月に始まる。8月30日以降、支払いを受けて人々は喜ぶだろうが、今はカウントダウンの状態。ゾラ、たき

テレビをつけるとインターネットも同時に立ち上げられる機能が付いた新型テレビ、これをパナソニックが販売しようとしたら、テレビ業界では違法にあたるとかで民放各社から拒否された。パナソニックはテレビのCMから撤退を始めている。阿修羅

新しい通貨システムの設定に関する合意がなされ、世界の不換通貨を貴金属の裏づけがあるものに換える文書は間もなく署名に至ります。これらの合意は署名が終わり次第、実行に移されます。各国は、現在は膨大な秘密の貯蔵庫にしまわれている金塊の一部を受け取りますが、これは新しい貴金属の供給を保証します。シェルダン

財政収支悪化の原因はデフレ、その引き金を引いたのが消費増税である。「増税で税収アップ」は大嘘!今まで増税をする度に、税収は減少していた!今の日本に必要なのは減税だ!大摩邇

もし実体経済の成長に結びつかないと判断されるようなことでもあれば、異次元的金融緩和と過剰な国債発行によるリスクが危険視され、とたんにコントロールの効かない円安と国債の投げ売りの嵐が襲うことにもなる。
これを回避するためには、なんとしてでもアベノミクスが実体経済の成長をもたらすことを、海外の市場と投資家が納得する政策を立ち上げなければならない。ヤス

ハイパーインフレと国家破産はワンセットと言っていいくらいに。おそらく、インフレ率100%と予想する。インフレ率100%というのは、1年間で物価が2倍に。大増税、消費税。私は20%以上と見る。徳政令はデノミと預金封鎖。

1億人以上の米国民がフードスタンプで生活しています。フードスタンプで生活している米国人の人口は、民間企業で働いている労働者人口を上回っています。大摩邇 ※資本主義の先頭を走っているアメリカがこうなのだから、資本主義は間違っている、としかいいようがありません。競争しないで共に栄える社会に早くなってほしい。

10兆〜30兆円の経済効果が期待できる日本の「宝」を自ら取り戻そう! この法律を廃棄すればわが国は豊饒な国となれる! ! ! 戦後、GHQが日本に作らせた大麻取締法は実は日本の国力を削ぐための陰謀の可能性があった。
だいたい10アール当たりの収入は、1回の作付けで1アール当たり50万円から90万円といったところのようです。大麻は化学肥料や農薬の散布をほとんどしません。天下泰平

これまでの歴史を振り返ってみても、無制限に印刷された紙幣が、どれだけ最悪のインフレを起こしてきたか、想像するのも恐ろしい。安倍首相にはそれが見えないのか、あるいは、ないふりをしているのか。借金とインフレに基づいた経済システムは、いずれ崩壊するでしょう」ロジャース、ヤス

アメリカを中心にした世界的高金利時代が始まっており、米国10年債利回りが5%、30年債利回りが6%になるのも時間の問題かも知れませんが、そうなれば、1%以下の利回りである日本国債は暴落するしか道はありません。NEVADA

毎年物価が2%ずつ上がると3年後には消費税の引き上げが決まっているとしますと、それを加味して、2%+2%+2%+5%(消費税)で、約11%の物価上昇が訪れる計算になるとのことです。ムチャクチャになった日本は、それによって目ざめ、そこではじめて覚醒し、大きな力を発揮するだろう。朝倉慶

どの国も輸出で得たドルはドルのままアメリカに再投資する他はない。すると、アメリカには大量のドルが投資として自然に流入する。アメリカの金融機関は、これを世界の他の地域に投資することで、世界の投資循環の中心となる。このシステムで、莫大な投資の利益がアメリカにもたらされる。
米政府は莫大な財政赤字や貿易赤字をさほど気にすることなく、世界覇権の維持に必要な莫大な予算を比較的に容易に調達することができる。ヤス

多くの国では中国が最大の貿易相手国となるため、条件さえ整えば中国の元が基軸通貨として使える状況にある。もし元が基軸通貨となると、いまのアメリカと同じように、中国を中心として投資が循環するシステムが形成される。アメリカにとってこれは脅威である。TPPを立ち上げ、これに中国を引き込み、アメリカ中心の体制に中国を包含してしまうという非常にダイナミックな戦略が、TPPに隠された真の意図である。TPPにおけるアメリカのターゲットは、最終的に中国を引き込むことなのだ。
日本政府はいつも圧力に屈し、制度をアメリカの要求にしたがい変更してきた。TPPの交渉と同時に進められる「日米並行協議」は、過去の交渉と同じような結果になる可能性が大きいのだ。本当に怖いのはTPPではなく、日米並行協議。ヤス

先進国では1箱1000円が当たり前だ。日本のタバコはまだまだ安い。先のタバコ増税で4000億円の税収増になった。増税しても喫煙者が思ったより減らない。まだまだ、じわりじわりと増税しそう。阿修羅

ドルの下落に伴い各国通貨の対ドルレートは上昇する。これは各国の交易条件を悪化させるため、各国は自国通貨の切り下げ競争が始まる。さらにこれと並んで、切り下げを見込んだ投機が横行する。このため、各国はこれを規制する処置を導入する。ヤス

世界的な金融危機は近いのか?日本の国債の暴落が引き金になる可能性がもっとも高いが、中国の銀行破綻や、米経済の失速懸念も新たな金融危機の引き金に十分になり得る。どれが引き金になるかまだ分からないが十分に注意しなければならない。ヤス

日本の対外純資産、過去最大の296兆円 2位中国の2倍、22年連続「世界一の債権国」。大摩邇

大麻産業は「金の卵」。とりあえず上手に運用すれば、日本だけで10兆円〜30兆円も経済効果をあげるそうです。日本と日本人の精神を建て直すのには、僕は大麻がいちばんだと思うんだ。大摩邇

金価格が下落したが、これは中国がカネに困って金を売っている可能性がある。ひところより金相場が六倍になったが、各国のお札の価値が下落したので、金の値打ちが上がったわけではない。現在は断末魔のバブルという感じがする。資本主義がこのままでは崩壊する、新制度が必要。藤原直哉

財政破綻したがる日本。【2013年5月13日】安倍政権が目標のインフレ2%を達成したら国債金利が3%になり、政府は税収の8割を国債利払いにあてねばならない。国民の福祉や教育の予算が急減し、貧困層が急増する。円安が加速し、百円ショップなどの安い輸入商品が値上がりし、インフレは2%に達した後、もっと上がって5%超になりそうだ。政府の財政破綻とともに公共事業が急減し、公務員も減らされて雇用がなくなり、荒廃がひどくなる。田中宇

国際金融マフィアからの借金返済を優先して国民の息の根を止める緊縮策ではなく、借金なんか無視して自国の経済を成長させようという戦略へ方針転換した国も、増えてきました。黒田総裁は、「どれだけ借金を増やしても、豊穣化ファンドが後に控えているので、何も恐れる必要は無い」ことを知っているのかな。ハートの贈りもの

日本が金融とサービス業などの非製造業部門に特化し、個人消費がけん引する経済の構造へと大きく転換しつつあるとき、アメリカは1990年代初頭のかつての日本がそうであったような、製造業を中核とした構造へとシフトしつつある。ヤス

世界中の中央銀行は誤った政策をとり続けていますがその理由は国の借金です。金利を上げれば利払いだけで国の税収が消えることを国や中央銀行は恐れている。日本であれば1000兆円の国債・借金があり、仮に金利が5%に上がれば年間で50兆円もの利払いとなり国家財政は破綻します。NEVADA

金地金の売り切れ【2013年4月24日】 今のように人々がどんどん金を買い増していくと、どこかの時点で、人々が商社に預けたはずの地金を引き出そうとしても、金地金の在庫が足りない事態となる。この時に初めて深刻な売り切れが露呈する。世界的な「金の取り付け騒ぎ」となる。田中宇

金が暴落した直接の原因は、世界的に株価が上昇しているため、金の先物市場から資金が引き抜かれ、株と債権に流れたから。金価格とドルの価値は逆相関の関係にある。つまり、金の価格が下落するとドルの価値は上昇し、金価格が下落するろドルは上昇するということである。ヤス

ゴールド(金)が1384ドルまで売られ、暴落状態に陥っています。まさに底なしの様相を呈していますが、ここで一旦売り飽き気分が出ればよいですが、投げが投げを呼べば、100ドルの暴落では止まるはずもなく、200ドルの暴落もあり得ます。NEVADA、大摩邇

再台頭しているのがアメリカである。1)シェールガス、シェールオイルのエネルギー革命によるエネルギー価格の大幅の下落、2)3Dプリンターのアディティブ・マニファクチャリングを主体にした第3次(ないしは第4次)産業革命による生産テクノロジーなどによって、アメリカの製造業が復活しつつある。
これに伴い、世界の製造業企業は、賃金が高騰している中国から、拠点をアメリカに移動している。金融大国であったアメリカは、50年代や60年代のような製造業大国へと方向転換しつつある。ヤス

世界的バブル崩壊の懸念。【2013年4月13日】 米国以外の投資先が隆々として繁盛していたら、米国から他の投資先に資金が流出し、債券金融バブルが崩壊しかねない事態になるが、他の投資先が次々と壊れていけば、少なくともその間、ドルは安泰だ。
米国以外の市場が崩壊するたびに「いちばん安全な投資先はやはり米国債だ」という話が喧伝され、ドルのバブル崩壊が防げる。米金融界は、ドルのバブル崩壊を先送りするため、米国以外の世界中のバブルを崩壊させようとしている。田中宇

日本はTPPのターゲットではないようなのだ。TPPの実態は、いま進行している第3次産業革命を背景にして見ないとよく分からないのだ。「TPPはアメリカによる日本支配の道具」という反対論、または「TPPで日本は大きく成長する」という賛成論だけではまったく見えてこない側面が大きい。ヤス

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事