徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

科学2

「アインシュタインが重力と電磁力を統合する物理理論を完成させたが弾圧され公表されず、バートランドラッセルに秘密裏に渡され人類が進歩したら公表するように言った」。やはり、電磁気学は捏造され、原子核素粒子物理学は全てデマなのだろう。核力は存在しない。重力と電磁力は古典物理学の範囲内で統合可能で、物理学はとっくに完成しているが、フリーエネルギーや超光速宇宙飛行が可能になるので人間牧場を実現するために100年以上弾圧され続けているというのが誰も知らない真実。ヒッグス粒子は現代の周転円、素粒子物理学標準模型は現代のアルマゲストにすぎない。偽ユダヤたちは今年ヒッグス粒子捏造物理学にノーベル賞を出し、現代の天動説を完成させてしまった。大摩邇コメント

人は重力と磁界を同時に発見しなかった。二つを同時に発見していたら、既に述べたように、磁石のN極とS極と同じ、この単純性を理解していただろう。私たちはそれを重力と呼ぶ。重力は引力、引かれること、N極とS極は引き合う。N極とN極も同じで、何と呼んだか...斥力だ。そのように、二つを一緒に置くことを理解していたら、私たちはおそらく他の宇宙に、今では宇宙の向こう側にまで行って、おそらく全く別の人種になっていたでしょう。ケッシイ、ほんとうがいちばん

115番元素が確定、周期表に追加へ。暫定的に「ウンウンペンチウム」と呼ばれている。 人工の115番元素は、ロシア、ドゥブナ合同原子核研究所のチームが10年ほど前に初めて生成した。元素周期表の114番フレロビウムと116番リバモリウムの間に追加される。サイエンスチャンネル

佐野千遥博士のこの理論及び実証は、通常のノーベル賞の受賞対象のテーマを遥かに超えた偉業である事は言を待たない。しかしこれを認めたなら「正統派」現代物理学とそれを支えて来たノーベル賞委員会の立場は全部誤謬として根本から覆ることとなる。大摩邇

超伝導なる仕組みがあるが、ある物質を絶対温度(マイナス273.15度)に近づけると、超電導磁石になるというわけである。これは熱力学の反エントロピー状況になると、エネルギー生まれると言う理屈だ。大摩邇

スーパーコンピュータに1000億円を国の補助金として出すというニュースを見て、常識外れの金額だと思った。クレイ社はCPUを自社開発しない。購入したCPUを超並列動作させ、コスト削減を図っている。そんなにふんだんに与えると効率のよいものにならない。ヤフーニュース

人類は何れクローン技術の無意味さに気付く事でしょう。環境の変化によって一気に絶滅するとの事は容易に想像出来る事でしょう。クローンは環境の変化に対し余りにも脆弱なのです。新人類の詞

地球上のあらゆる生物は、地球外生物と親戚関係にある遺伝子コードをもっていて、我々がこれまで考えてきたような進化を遂げてきたのではないという、信じられないような概念をいずれ受け入れなくてはならなくなるだろうという。チャン教授、ガラパイア

現在の時代の科学は、地球の歴史上でも珍しいほど「真実とは遠いところに位置する科学」となってしまったと感じています。地球は現在、急速な勢いで変化を増していっている。もう科学は間に合いません。個人的には、数年もすれば今とは明らかに違う地球になっていると思っています。InDeep

これらは適当な時期に公表されるであろう。これらのリストの最上部には、隠蔽されていた数千件のエネルギー及び医療技術特許だけではなく、NASAが公表しない秘密の宇宙プログラム の一部である数十年間も続けられている超音波宇宙船のコードネームであるソーラー・ウオーデンが含まれる。たき

高次元の存在は、人類が一心に思いを掛けている時はその人の意識に溶け込み、その人の純なる思いの中で共に生きる事が出来るのです。私の話を「まさか」とか「ありえない」と疑問を持っている人には、勿論一体化などは出来ません。るいネット
発見・発明の多くは私達・高次元の存在が、その人とひとつになれた時に出来ている事の方が多いと思います。所が多くの発明・発見者はすぐに自分の力だと自惚れる。すると、次が中々進まなくなるのです。るいネット

「はやぶさ(小惑星のかけらを持ってきた宇宙船)について何故、私達が協力したのかは、地球星を守る為です。あのイオンエンジンが実用化されるようになると、地球は美しい星に戻るでしょう。その為のヒントを教えておきます。」るいネット
科学的大成果へのヒント。希ガスをもっと研究し、それを利用する事です。それと、イオンの同素体を良く考えるのです。もうひとつがイオンとイオンの結合です。この三つを研究者が真剣に考える時、私達はその人と一体化して大発見を成し得る事になるのです。るいネット

マントルは表面に近い、深さ100〜200kmの所が一番熱く、溶けていることである。「マントルは内部ほど熱い」という、これまでの常識とは正反対である。深さ100kmより下が熱くなっており、深さ300kmで冷たい岩盤が横たわっている。電磁波によって岩盤がマグマ化する。るいネット

常温プラズマ(単極磁石の磁気冷却を使って高温プラズマを常温プラズマにしている)を駆使して病を現実に治す気功師の方と、原子核内を磁気と見ず電気と見たために捏造せねばならなくなった「正統派」現代量子核物理学・素粒子論。佐野千遥

北海道大学は空飛ぶイカの様子を解析した結果、単なる水面から飛び出すのではなく、ジェット推進による加速と、腕とヒレを広げることにより揚力を発生させて、それをコントロールして着水する、発達した飛行行動を行っていることを明らかにしたと発表した。ヤフーニュース

音の周波数。396ヘルツ罪・トラウマ・恐怖からの解放。417ヘルツマイナスな状況からの回復、変容の促進。528ヘルツ理想への変換、奇跡、細胞の回復。639ヘルツ人とのつながり、関係の修復。741ヘルツ表現力の向上、問題の解決。852ヘルツ直感力の覚醒、目覚め。963ヘルツ高次元、宇宙意識とつながる

太陽の黒点は反エントロピー作用を持つ負の質量を成す単極磁石の集まりから出来ており、黒点からの単極磁石放射線はフレアーからのプラズマと共に太陽風となって地球に届く。日本では日光で皮膚癌になる人はほとんど無い。ノストラダムスは医者であった。彼は少なからぬ重病患者に日光浴をさせて病を治した。大摩邇

超伝導とは物質の分子を絶対零度に近づけると原子核のみならず軌道電子も体積を殆ど失って点に近くなるために、外から遣って来て通り抜けようとする電子に衝突する比率が殆どゼロとなるために引き起こされる。大摩邇
人間の身体が例えば室温6度の中で体温を36度Cに保つ為だけでも2300〜2500キロ・カロリーの25倍の57500〜62500キロ・カロリーを必要とする事を見ようとしない(それは彼等が「正統派」現代物理学の物質の世界で閉じた「エネルギー保存則」を信奉しているからであるが)。佐野千遥、大摩邇
佐野千遥の3者に共通な「磁気の世界観」の観点から「病は原子核内から磁気で治す」理論として理論武装し直すべき。常温プラズマ(単極磁石の磁気冷却を使って高温プラズマを常温プラズマにしている)を駆使して病を現実に治す気功師たち。大摩邇

プラズマは、中に多数の自由電子があるため電流が極めて流れやすいという特徴を持つ。電流が流れればその近辺に電磁場を生じ、それがまたプラズマ自身の運動に大きく影響する。そのため、プラズマ中では粒子は集団行動をとりやすく、外部から電磁場を掛ければそれに強く反応する。全体として有機的な(有機化学的という意味ではなく、有機体のように多くの部分が緊密に関連しながら全体が機能しているさまのこと)挙動が観測される。有機的挙動の1つの現れとして、プラズマ中には通常の気体中には存在しない、電場を復元力とする縦波であるプラズマ振動が存在する。大摩邇

いまどき、NASAのいうことを信じるものなど、いわゆる「B層」以外にどこにもいない。なぜならNASAの元職員のほとんどが「NASAの公表したことはほぼ100%ウソばかりだった」と言っているからである。大摩邇

オゾン層の破壊を人々は恐れていますが、実際はオゾン層がなくなれば、あなた方はより多くの太陽光線を受けることができるようになるのですから、それはかえってよいことなのです。hs33
オゾン層の穴によって、異なった質の光のスペクトルと放射線が地球の大気圏に入ることが可能になります。光のスペクトルの違いが一般の人々によって体験されると、人間の身体の奥深いところでひとつの化学反応が起き、身体は変わりはじめます。hs33

あなた方の理解では、励起した電子の周波数はある点にまで上がり、電子は、新しい軌道に飛び移ります。あなた方はかなり長い間に亘って周波数を上げてきました。あなた方の量子的な飛躍が非常に、非常に間近になってきています。たき

地球上の人々の振動数(マルカナ・シューマン共振)の平均値は、現在約18万回/秒ぐらい、バシャールたちの文明では「平均して約25万回/秒で振動している」という、振動数が33万回/秒まで達すると、非物質の領域に入る。ここまでくれば物質の縛りが皆無となり、自由自在に移動できる。空の真法

地球のシューマン共振は発見以来ずっと7.8ヘルツでした。ところが1980年頃を境に地球のシューマン共振(フィールド基底波動)は増大して2000年には、ついに13ヘルツに、脳波α波の上限に達したのです。現在は平均18ヘルツ程。2013年には20ヘルツ予測。空の真法

本当のNASA上層部というか機密部の科学レベルは現代科学よりも1,000年ほど進んでいるようです。10年や100年ではなく1,000年ですよ。まぁ、現代科学、現代人ではわからない世界や惑星のことも、NASAは実際は何でもわかっているということです。五井野

アインシュタインの相対性理論は間違い。そもそもマックスウェル方程式自体が間違い。したがって、赤方変位は存在しない。それゆえ、ビッグバンなどどこにも証拠はない。すべては眉唾物である。井口和基

光を往復で測る場合は常に一定のスピードだが、光を片道で測る場合は方向によってスピードが違ってくる。故にアインシュタインの相対性理論は間違っている。ロシア人のマリノフ博士の行った実験ではそのような結果になった。大摩邇

北極の氷は最小になっている。南極の氷は最大になっている。ですから、海水面は上昇していません。大摩邇

「自分が知らないこと」=「存在しないこと」というような認識をしていては本当に世界から取り残される運命が待つのみなのだ。世界には、「自分が知らないこと」の方が「自分が知っていること」よりはるかに多いのである。大摩邇

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事