徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

倫理12

皆さんの真実に従い、皆さん自身の内部で皆さん自身の透明性を創り出すことによって、皆さんはその結果皆さんの振動を非常に高い比率に維持。ピュア

すべての人々のすべてを許すことによって、皆さんの過去からのカルマを解き放つ。 ピュア・インスピレーション

自分のことの心配ばかりしている人はマイナスのエネルギーを持ち、心配したことは実現してしまう。災害によって生じるであろう大勢の人々の不幸に自ら先んじて心を痛めることが『憂える』ということで、善い波動を持つ。政木和三

かりに意思決定で迷うことがあったら、欲望を捨て、脳波をシータ波にする努力をしていかなければならない。そのうえで意思決定をすれば、すべてが正しい決断となろう。政木、大摩邇

惑星の表面と自分の日常生活に現れるもの全てに対処可能でありたいならば、自分の振動数レベルを上げることが、毎日絶対的に必須です。ヒラリオン、本当が一番

今、人生のあらゆることに深く関わらず離れていることが極めて重要です。間違いをした時には即座に自分を許してください。忘れてください。立ち止まらずに歩き続けてください。風に身を任せてください。サナンダ

惑星の表面と自分の日常生活に現れるもの全てに対処可能でありたいならば、自分の振動数レベルを上げることが、毎日絶対的に必須です。ヒラリオン、本当が一番

今、人生のあらゆることに深く関わらず離れていることが極めて重要です。間違いをした時には即座に自分を許してください。忘れてください。立ち止まらずに歩き続けてください。風に身を任せてください。サナンダ

※自宅にオリーブの木があり、大きく成長しています。残念ながら花も実も一つも成りません。陽光に照らされて、オリーブの葉がピカピカに輝いています。それだけでもオリーブの苗木を植えた価値がある。どんなものも何か一つ価値を見つけてやると輝きだす。

※昨夜は自分が低俗なことに付き添わされている夢を見た。目覚めた後も低俗なことが頭から離れなかった。こんなことをしていては低俗になってしまう。もう嫌だ、低俗なことはもう考えないようにしよう。指導霊の誘導だろう。ということでブログの画像を善い人に替えた。

お経を唱えたり、修行で水をかぶる暇があったら、三分でも五分でもいい、自分以外の人間に幸福を与えるために何らかの努力をするべきであって、それこそが修行ではないか、と思うのである。政木、大摩邇

かならずしも財物でするもののみが施しではありません。和顔の施し、親切な心の施し、優しい言葉の施し、タメになる話の施しなど、一円もお金のかからぬ施しがあります。老人に席をゆずってあげるのも、玄関で人の履物を揃えるのも、道端のゴミ一つを拾うのも、施しであります。なわ

ひとは思わぬ幸運にあうと有頂天になるが、これはいままで貯めた貯金を使ったようなものだ。したがって、すぐによいことをして貯金を増やさなくてはいけない。また、突然の不幸に見舞われた人はがっくりくるかもしれないが、これは今までの借金を返したようなもので、その時は苦しいが将来は幸運に恵まれるものだ。
原因以上に幸運になれば必ずその報いを受けます。努力しなければ、将来思いもよらない不幸にみまわれることもおこるのです。
悪いことをしないのに受けた不幸は宇宙の貯金通帳に大金を預けたようなものですから、将来もっと利息がついてよいことがくると考えればよいのです。なわ

※神は絶対に不正を見逃しません。悪いことをすれば、必ず罰が返ってくるのです。生きているうちに罰せられなければ、死んでから罰せられます。また、来世にも罰せられますから、悪いことをすると、とても損なのです。だから、この世では善いことをし続けている者が勝ちなのです。

人生というゲームの目標は、善を明確に見て、心の中に思い描かれる悪しきものをすべて消し去ることにあります。これを実行するには、善に気づき、それを潜在意識に刻みこまなければなりません。なわ

人は、自分が蒔いたものを、また刈り取ることになる。もし憎しみを与えるなら、その人は憎しみを受け取るでしょう。愛を与えるなら、愛を受け取るでしょう。批判をするなら批判されることになり、うそをつけばうそをつかれることになります。人を騙せば騙されることになるのです。なわ

※自分の陰徳は他人のためではありません。少しでも長生きしたい自分のためです。自分をとても愛しているから、長生きするために陰徳に励みます。だから、陰徳といってもあまり誉められるべきことではありません。偉い奴だ、感心な奴だとは言わないでください。

心中に邪念を生じれば、その頭上に一種の黒気が立ちあらわれ、邪気はこれを望んで自然にそこに引きつけられるのであり、心中に喜悦の情があれば、その身辺に一種の光輝があり、陽気善霊は自然にそこに集まって来るのである。なわ

人を見て自分の方が優れているとか劣っているとか感じる時は、それはエゴによるものだということです。本当が一番

※悪魔君ありがとう。君が追いやってくれたおかげで、大きく一歩、神に近づくことができる。しかし哀れだねえ、君は。悪を重ねるたびに、ますます地獄へと落ちていくのだから。

愛が鍵です。どんな扉をも開きます。皆さんの内の扉もです。内なる扉こそが、最後に残された扉です。あなたが越えるべき境界線は、あなた が自分で設定したものです。自己価値を思い違えてそうしたのです。座って瞑想をし、自分と一対一で深く向き合ってください。そして正直に自分に課した限界を見つけてください。
あなたが修得できる限りの愛で、さらにはそれ以上の愛で自分を包み込む選択をしてください。ノース、本当が一番

ほんの僅かであろうと古いものを掴んでいたいというなら、次の光の大波が来て皆さんをさらに高みに引き上げようとした時に、皆さんは下へと引きずり降ろされることでしょう。いま、全てを打破する真に唯一の手段とは身を委ねること、ほかにありません。ノース、本当が一番

心配は重たいエネルギーです。抵抗し何とかしようとするエネルギーです。心配は信頼を欠いた恐れのエネルギーを流します。一度心配し始めると、重心を失い自分本来の力を失います。一番簡単な方法は、諦めて預ける、委ねることです。本来の自分に立ち返ってしたいことに集中するのです。

客観的になれないというのは、まだその感情にこだわりがあるからなのです。その感情とまだ折り合いがつかないので、それに関して客観的になれないのです。その感情に向き合い、生き、感じて表現し、片付けてくぐり抜けたならば、客観的になれるのです。もしあなたが何らかの感情を通り抜けているところで、イライラする、対処できない、手に負えないというような場合、あなたはまだそこをくぐり抜けてはおらず、生きてはいないのです。本当が一番

私が七十八歳のとき、『七十九歳の寿命をクリアできたら、汝の寿命をさらに九十二歳まで延ばす』というメッセージが生命体から私にあった。どのようにしてクリアできるのかと思っていたのだが、それ以前にちゃんと私は、救うことのできない人の命を救ったり、心霊治療の力を強めてあげたり、人に喜びを与えていたのである。そういうことをやっていると、新しい生命体のエネルギーが自分の方にくる。政木、大摩邇

もともと人間は、持ち物が少ないほうが活動しやすく、ものを分かち合う共同体で暮らしたほうが幸せなのだ。ニビル王

皆さんの中には、だんだんと幸せや喜びの周波数に変わっている人がいます。その周波数の状態は続き、益々強くなるでしょう。前向きになりワクワクして心が明るくなることを探し当ててそれを感じ、その他のことは捨ててください。本当が一番

最も素晴らしい目覚めの時は、自分が多次元の「光の存在」の一部であることを知る時です。ピュア・インスピレーション

※3日ほど前に夢を見た。本当は今、死亡する予定だったが、2年ほど死亡期日を延期する。とのことだった。延期していただいてありがとう、死にたくない。よほど陰徳を積まないと更に長生きはできないだろう。単なる脅しであってほしい。
神の心になることが自分の目標なのだから、陰徳ばかり積む人生も自分の目標とする人生だ。人に与えることは神から与えられることなのだ。喜んで陰徳を引き受けよう。

因果応報は、はっきりと生命体に現れる。前世で何か悪いことをしたら、きちんと償いをしないと、生命体のパワーが落ち、現世でもまた同じことをくり返すようになる。つまり、肉体は滅びても、生命体は次々と生まれ変わって修行を続けていくのだ。政木、大摩邇

多少の不便や不遇が自然に発生した時に、私たちはそれを好機と思い、運命が与えてくれた贈り物と感謝し、むしろ最大限に利用することを考えるべきなのである。絶望が人間に神を発見させ、全く違った生き方を与えた例はいくらでもある。曽野綾子、なわ

他者への奉仕の道を選択すると、これが最もすばらしい自覚であり、非常に多くの者を怒り、憎しむ代わりに、周囲に愛を広げ、それが如何にあらゆることを変えるかを観察するので、何事もあなた方を奉仕から逸らすことはできません。サルーサ、本当が一番

望んでいないことや心配事、落胆、怒り、悲嘆、我慢ならないこと、についての考えにとらわれている多くの人は個人的な暮らしや世界においてより多くのこれ らのことを作り出してしまうのです。マシュー

人は必ず人に知られないところで徳を積むべきである。どんないいことをしても、それを人に知られるようにやったら、それは徳にはならぬ。自分はいいことをしたのだという自己満足をいだくと、これはなかなか抜けない。
いいことをするときほど用心せよというのが仏教の原則である。いいことをするときは、恥かしいと思いながらせよという。それがないと、相手に負担を負わせることになる。
世の中には「ついている」という人がある。これは陰徳を積んでいるからだと、わたしは思う。こっそり人に知られないところで、いいことをしている。それがちゃんと報いてくる。そこが人生というもののおもしろさなのである。なわ

宇宙も見えないところと見えるところがあるわけで、その見えない世界に宇宙の心があって、その心を超宇宙意識というのです。その超宇宙意識によってこの世の中はすべてが支配され、秩序づけられています。自分も宇宙の意識によって生かされているということに気づく必要があります。なわ

宇宙以上に偉大なものはなく、宇宙以上の真理はありません。宇宙にすべてを任せたという気持ちになると、心が落ちついてきて、どんなことがあっても腹が立たない。心配しない。不安にならない。動揺しない。常に心は平静で不動心を持てるようになります。そういう心ができてしまうと、「無心」ということになります。なわ

人間がより高い存在の局面から自分自身の人生を見れば、沈んだ気持ち、憂鬱、わがままといった、自分で作り出した精神状態が、いかに破壊的な性質をもったものであるか、よくわかります。なわ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事