徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

ガン5

ガンの原因の35%は食事、30%はタバコであると言われています。その他のアルコールや食品添加物なども加えると、ガンの原因の70%はあなた自身で選べる条件なのです。ガン細胞を消滅させるには、この「免疫力」のスイッチを入れてあげるだけで良いのです。私が「たとえ末期ガンでも、手遅れということはありません」と言っているのはこの為です。http://www.gankaifuku.com/

ガングリオシドさつまいも作戦は、ガンに関して言えばそんなに効果はありません。量が全然足りないのです。市販されているガングリオシド入りドリンクを飲めば手軽に摂る事ができるでしょう。この場合、1日1本ずつ飲み続けて増殖を抑え、癌細胞がなくなれば。

ガンが次第に縮小し、やがて完全に消失する例も現れました。そうした人たちの共通点は、自宅療養に移行してからの「徹底した食事療法」でした。 ガンの食事指針の基本ポイントは、大量の野菜や果物の摂取、動物性の脂肪・タンパク質の制限、塩分制限、未精製のの穀物の採取などです。銀河系宇宙人

ガンが治った事例も多くあります。これらに共通するのは、西洋医学だけに頼っていないことです。むしろ、東洋医学や食事など、根本的な原因を突き止め、対応してきたタイプの人です。銀河系宇宙人

ガン細胞の正体は排泄しきれない化学毒などを緊急自体のゴミ箱として作っている溜めて全身に回らないように隔離している細胞だった!化学物質を溜めているのがガンであるから、猛烈な化学毒である抗ガン剤は猛烈な発ガン剤である。キチガイ医、大摩邇

小食の方が免疫力が高まって病気にならない体になり、摂取するたんぱく質の量を減らすことによって、マラリアやガンさえもが治るという実験結果さえあります。栄養が枯渇した際に最初に食べるのは、まず老廃物を食べて、ポリープを食べて、シミを食べて、ガン細胞を食べる・・・。そういう無駄なものから食べて処理し、エネルギーに変えるわけです。そうして、マクロファージの働きで、ポリープが消える、ガンが治る、ということが起こるわけです。たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、免疫力が上がっていく。銀河系宇宙人

栄養素療法。免疫力の差なんですね。免疫力や治癒力が高ければ、絶対癌は退化することが可能。免疫力や治癒力を上げていくのは何かというと食べ物でしかないんだ。まず一日13杯の人参ジュースから始まるんですね。栄養補助食品はもちろん採りました。完全無農薬の生野菜、煮たり焼いたりした野菜、果物ですね。それから青汁を飲んだり。末期癌の人が二か月で健康体になった。

ガンになったら。ぜひ、ナマコを食べてください。癌細胞があったエリアに血液を送り込む新たな血管を形成させてくれるのです。しかも、ガン細胞の転移や増殖を防いでくれるだけでなく、ガン患者の免疫システムを活性化させ、ナチュラルキラー細胞にガン細胞を攻撃させるよう働きかけます。ナマコ粉末も良い。阿修羅

どのようなタイプの癌でも、癌に苦しんでいる個人の方々で、磁場重力場プラズマ・テクノロジー研究プログラムを試してみたいと思われる方は、下記のeメールアドレス宛に直接コンタクトをしてもらいたい。cancer@keshefoundation.com ケッシュ

シモンチーニは、ガンがカンジダという健康な人の体内でさえ少量存在するイースト(酵母)菌に似た有機体によって生じる真菌であることを発見した。「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守るために細胞を生成している免疫系であることに気がついた。
ガンの転移は、真の原因であるカンジダ菌が発生源から広がるために引き起こされるのである。
私が著書で長年にわたって主張しているように、ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。免疫系が効率的に機能していれば、免疫系は手に負えなくなる前に問題を処理する。この場合は、カンジダを抑制することである。
患者の体内を調べるために使う内視鏡や細長いチューブのような体内用具によって、経口で重炭酸ナトリウムを投与される。これにより、重炭酸ナトリウムをガン、すなわち真菌に直接かけることが可能になる。
今日の子供達は、二十五種類のワクチン接種とそれらの混合物が与えられて、いったい防御できるだろうか? 二歳になる前の、免疫系がまだ育っている最中だというのに。何ということだ。これこそが例のイルミナティ血族が人口を間引くやり方だ。疾患に対する人体の自然免疫能を弱体化させるという手段によってである。
近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、人為的に真菌を殺している。そしてこのことは、植物や農作物がその防衛力、サルベストロールを発動する必要がないことを意味する。そのため癌発症が抑えられない。今日では、有機栽培食品の中にしか、サルベストロールは見られない。本当が一番

シモンチーニは、ガンが真菌の感染もしくは蔓延であると気付くとその真菌を殺し、悪性腫瘍を除去できる何かを探し始めた。彼は、「抗真菌剤」は作用しないと気付いた。
シモンチーニは、もっとずっと簡素なものを見つけた。重炭酸ナトリウムである。これは重曹の主要成分だが、決して重曹と全く同じ成分ではない。
患者は、医者が手術無しで患者の体内を調べる為に使う内視鏡や細長いチューブのような体内用具によって、経口で重炭酸ナトリウムを投与される。これにより重炭酸ナトリウムをガン、すなわち真菌に直接かける事が可能になる。大摩邇

たとえばある抗がん剤を使って癌が検査上半分になったとする。一般人はその薬は効く薬だと誤解するだろうし、論文も効く薬だと書くのだ。しかしその後、癌は前の倍のスピードで増殖するスピードを身につけ、その後どんな抗がん剤も効かなくなる。結果的にどうなるかというと、何もしなかった人よりも抗がん剤を使った人々の方が早く死ぬという事態になる。キチガイ医

抗ガン剤は猛烈な発ガン剤物質であることは、公式添付文書にさえ書いてある。その大きな理由はカネであるが、ここでも「彼ら」の思惑を忘れてはならない。キチガイ医、大摩邇

岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、80%がガンの三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)で死んでいた。その発見を論文にしようとしたが、握りつぶされた。「抗がん剤はガン治せるんですか?」そしたら厚生省の役人が「お答えします、抗がん剤がガン治せないのは常識ですよ」ってはっきり言った。るいネット

転移した末期がんにも効く 世紀の発明! がんの特効薬(FAS阻害薬)これで本当にがんが消える。阿修羅

玉川温泉ではがんは治らないんですよ。一般的に奇跡の生還というのはたまにあるんです。阿修羅

医師の手を離れた末期癌患者に春ウコンを勧めた. 経験したどの種類の癌にも同じように効いた. 癌ばかりでなく, 治らないと言われている糖尿病や原因が良くわからないシェーグレン症候群やうつ症状などの疾患が, 次々と春ウコンで抑えられることがわかってきた. ウイルスにも, 細菌にも, 自己免疫疾患にも効いた.春ウコンは, 言われた通りに1日30gを3分割して服用したところ, 翌月10日前後のX線検査では, 3cmの白い円形の癌が, 缶詰のパイナップルを斜めから見たように楕円形に黒い切り込みが入り, 中央が黒く抜けた状態となってきた。春ウコン研究会

近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、人為的に真菌を殺している。そのため真菌に免疫を持たない野菜となる。癌は真菌が原因だから、有機無農薬栽培の野菜を食べると、癌に有効。大摩邇

木や竹を使用した箸を3か月以上使い続けると、それらの箸を使わない場合に比べて、がんになる確率が5倍になる可能性がある。日本の箸は表面には何重にも漆塗りが施されているが、中国の場合、箸の表面はほとんど加工されておらず、箸にカビが付着しやすく、それが強力な発がん性毒素のアフラトキシンに変化する可能性がある。大摩邇

人間は食べる量を減らせば、癌にも打ち勝つ免疫力がよみがえる。1日1食か2食の小食を続けると、寿命が延び、老化予防になり、ガンのリスクが減り、免疫力が向上し、頭脳が明晰になり、体のだるさがとれ、ストレスに強くなり…といったメリットがもたらされる。
人間は食べすぎや栄養過多、つまり「飽食」の結果として病気になる。病気になったら、栄養のあるものを摂らなければ、は間違い。
フランスのド・ヴリーズ博士は、断食すると皮膚の若返りが著しく、シワ・シミ・そばかす・発疹・吹き出物が消えていくと言っている。マーク・ヘラースタイン博士の最新の研究では、断食すると体内の細胞に抗ガン効果をもたらすことがわかった。大摩邇

典型的な種類のガンでは治療を拒否した患者の平均余命は12年6ヶ月であった。しかし外科手術その他の治療を受けた患者は、平均すると3年しか余命がなかった。ジェームズ博士、阿修羅

有機無農薬野菜にはサルベストロールという物質が多く含まれ、免疫機能を向上させる。サルベストロールは、がん細胞のもつ固有のCYP1B1酵素というバイオマーカーの媒介で、がん細胞を破壊する。

※梅の種は硬くて割りにくいが、プライヤーのギザギザに挟んで割ると割り易い。タネの殻が飛び散り易いから、別の手で抑えて割ること。

“本物のがん”は、手術しようとした段階ですでに他に転移して潜んでいるため、切除手術をしても無意味。がんもどきは転移しないため、そもそも切除する必要がない。再発しやすくなる理由は、手術によって「局所転移」が発生してしまうからだ。近藤誠

抗がん剤にはがんを治す力もないし、延命効果もない。あるのは過酷な毒性だけ。使えば使うほど寿命が縮まります。胃がん、肺がん、大腸がん、乳がんなどの「固形がん」には抗がん剤は効かない。近藤誠、阿修羅

医療はビジネスですから、病人をできるだけ増やし、病院に通わせることでやっていける。だから、がん検診は“お客さん”を増やすための格好の手段で、医療関係者の生活を支える糧になっている。そうして病人を作り出して、しかも命まで縮めてしまうのだから、患者さんにとってデメリットの方が大きい。それゆえ、検診は受けずに、症状が出たら病院に行けばいい。阿修羅


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事