徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

未来1

パシャールの予言。・2012年: 14万4千人が目覚める。大きな変化はない・2012〜2015年: さらに多くの人が目覚める・2015年: 初めてのクリアなETとのコンタクトが起こる ・2015〜2020年: ETの存在に気づくポジティブな地球と、ETの存在に気づかないネガティブな地球とに分かれ始める・2020年: 戦争がなくなる ・2025年: ETの存在は人々があたりまえに知っているようになる。フリーエネルギーが大規模に使えるようになる。ETの宇宙船を人類が使えるようになる・2025〜2030年: 新しい経済システムが現れる。お金は要らなくなる・2030年: 人口は現在の半分になる、災害のためではなく自然減
・2040年: UFOの技術を使った浮遊が可能になる。http://shinseido24.blog.fc2.com/

人間の多くの活動においては、地球上のリーダーシップのほとんどは女性に代わるでしょう。地球上の平和の将来は変化の中で女性にリードする力を与える事から始まります。サナンダ

アトランティスのテクノロジーはアトランティスとレムリアで使用されましたが、エネルギーの鍵がかかっているために今はまだ地球に現れることはありません。この鍵のコードはアトランティス崩壊時に書き込まれ、発見された時に再度動き出します。当時の高僧の多くが現在の地球に生まれており、この鍵のかかったコードを監視していきます。ピュアインスピレーション

今後20年間で地球は高次元に移行しますが、その時は国境はありません。すべての人が協力し合いすべての善のために調和します。少数の者たち、 “カバル” “イルミナティ” “闇の勢力”は最早この地球にいることはできなくなります。周波数を上げようが光に向こうが、彼らは死に絶えて3次元の別の惑星・宇宙に行きます。ゴールデンライト

※その惑星の三次元は荒れ果てていても、五次元以上はちょうど住みやすい環境なのです。
全ての惑星には地下に大空洞があって、そこにはセントラルサンが輝いているのです。そこに生命がいます。
太陽の赤外線などで、惑星の温度が保たれるのではありません。太陽からの超微粒子が、惑星の粒子などに当り、温度と光りを出すのです。だから、遠方の惑星も減衰することなく、暖められます。
だから、全ての惑星には生命が存在しています。

バシアゴたち時間飛行士たちは、それぞれの視点から入手した未来70年間の情報を携えて、1972年に帰還した。バシアゴが見た2045年の世界は、もしそれまでにあったとしても、大災厄の痕跡は少しもない平和で静穏な、高度に進歩した社会だったという。ハシアゴ

※我々の文明がこのままであれば、数十億年後、太陽の崩壊と共に地球も消滅しますが、文明は数十年もすれば極めて進化しますから、我々の文明がこのままであるわけがありません。数年後に地球上は三次元から五次元に進化します。五次元に進化すると、光の速度は秒速30万キロから、無限大のスピードに進化します。瞬間移動も可能になります。幽体離脱を誰もが可能になり、宇宙を気ままに飛行できるようになります。一万年を超えずにわれわれは神の力を手にして、宇宙のどこへでも移動していますから、文明は宇宙に移っているでしょう。

ドルの紙くず化からハイパーインフレが起こり、米経済が崩壊して社会主義体制が樹立され、これと戦う過程で自給自足的な経済圏が形成される。ヤス

今後さらなる意識の解放が進めば、食べ物として物質を摂取しなくても、直接太陽や大地からエネルギーを補給できるようになる。すると経済活動を必要としなくなり(=お金が不要になる)、戦争もなくなり、肉食獣も肉食しなくなる=調和の世界の実現。多次元日記

数百年後の事件までピタリと当てるほどの予言の才を持つ人となれば、さらに数えるほどしかいないだろう。聖ヒルデガルトはまさにそんな“聖人”だった。彼女はなんと、500年先、900年先のことまで正確に予言。gamenotatsujinn

新しい技術が伝えられると、新しい豊穣化と共に、このような価値が無意味になるので、これらの設定価値はほんの一時的なものです。各家庭は、必要な物全てを作り出す光プロセッサーを受け取り、現在世界経済システムを下支えしている生産コストと消費需要のバランスを急速に不要にします。シェルダン、たき
※光プロセッサーがあると、何でも自宅で創れるから、お金が不要になります。ダイヤモンドも作れるでしょう。

日産自動車が28日、2020年までに発売すると試作車を公開した「自動運転車」。ドライバーがハンドル操作しなくても、自動制御してくれるというクルマが、あと6年余りで手に入るとは、ちょっとビックリだ。
自動運転車が日本の公道を走るには、法規制を大幅に見直す必要があります。さらに、インフラ整備も不可欠です。ゲンダイネット、大摩邇

米民間人の専門チームが科学的な方法で惑星X系の動きを解明しました。今年の末ころから、惑星X系が地球軌道の内側に侵入するため、噴火や地震など様々な影響があると言っています。そして2015年〜2016年に最接近すると言っています。大摩邇

まず韓国が破綻するでしょう。再び金融列強によって統治されますが、本当の狙いは南北合一です。国難に乗じて韓国の次期政権は親北政権となるでしょう。やがて統一の機運が高まりますが、反動勢力が内紛を起こし、戦闘が始まります。戦争状態を経て、米中ロ日による働きかけで実現するでしょう。一厘の仕組

この頃には国連は新しく姿を変え、本部をラオスに置いて、地球の中心的役割を果たすようになっていることでしょう。本部の場所についてはカザフスタンとの
説もあります。カザフスタンは世界銀行の候補地ともいわれています。ムー

次の人類の進化を促進すると感じますし、すでに日本の東北・関東の胎児から特に始まっていると感じます。1歳までに部屋中の小物を空中に浮かすような現象を起こすでしょう。3歳までに、成人の知能と知識を超えます。6歳までに、科学的な発明を行い、巨大な念動力を持つでしょう。このような新人類が、日本から生まれる予感が私には有ります。未来のノーベル賞は、日本人が独占することに成るでしょう。その前に、2014年までの大試練を日本人は耐えて生き残らなければ生けないと感得します。MU(ムー)http://agnes2001.blog.fc2.com/

いまある問題の悪化から論理的に危機の発生を予想するシナリオは、ほとんどの場合実現しない。なぜなら、危機が予想可能である場合、関係機関は危機を全力で回避しようとするので、危機は実際に発生しない。したがって、本当の危機の原因となるのは、予測可能なシナリオではなく、だれも予想していない突発的な出来事だ。これがブラックスワンである。
どんなシステムでも、ストレスが溜まりいつでも変化してもおかしくない臨界状態に達したとき、小さな変化がシステム全体を根本的に変化させる起爆剤になり得るとする考え方だ。ストレスが高い状態が続くと、どんなシステムでも、そうした臨界状態に到達してしまう。この引き金になる変化こそブラックスワンである。
M2のような小さな地震でも巨大地震の引き金になりうる。そのため、どの地震が複合型の巨大地震の引き金になるのか予想がつかないと考えられている。この引き金になる地震こそブラックスワンだ。ヤス

2045年にはコンピューターを基盤とした人工知能(AI)が人類全体の知能を追い抜く。それにより人間の生活が後戻りできないほどに変容する。阿修羅

「弁護士は、法律や判例を覚え、いまのケースに当てはめて判断する。将棋よりずっと簡単そうだ。医療もそう。相当優秀な医者でも、世界中の人間が受けた治療など覚えられない。的確な情報はコンピューターが持つようになる」と井上氏は語る。阿修羅

2020年代の終わりまでにはコンピュータの知能が、生物としての人間の知能と区別がつかなくなる」、「分子レベルで設計されたナノロボット数十億個を脳の毛細血管に送り込み、人間の知能を大幅に高める」、「他者の感情を理解して適切に反応するという人間の能力も、機械知能が理解して自由に使いこなす」、「ナノ技術でできた身体は、人間の生身の体よりもはるかに性能がよく長持ちする」。カーツワイル、阿修羅

米帝による新たなシリア侵略戦争は、宇宙から決して許されない。オバマがそれを決行すれば、ペンタゴンの反戦将軍派によるクーデター決起が起って、オバマ政権は打倒され、新アメリカ革命が勝利する。2036年からGE社製C204型タイムマシーンでフロリダへ帰って、BBSで米市民革命軍が勝利したと書いたジョン・タイター少佐の予言が実現する。 日本と地球の命運

木内鶴彦氏が、2009年の2度目の臨死体験で観た未来は、原発もなく、化石燃料は燃焼されてない、送電線やコンセントがない、そして通貨がない社会だったそうだ。木内鶴彦氏の2度目の臨死体験で見た世界では中国が6つに分裂していたとのこと。

バシャールはクオンタム(量子)コンピューターが出来ないと経済面での世界の本当の平等は来ないといっている。その時期は2030年頃とのこと。大摩邇

新しい電力(エネルギー源)の開発が進むため、2018年になると自給自足的経済圏にこうした新しいエネルギー源は積極的に取り入れられるようになる。
最初、小規模な暴力事件が起こるが、次第にその規模は大きくなり、国民の気持ちを一つにするような大きな事件が起こるはずだ。それをきっかけにして資本主義システムの全面的な崩壊は起こり、自給自足的ライフスタイル(ボッグスライフ)への全面的な以降が始まるだろう。ヤス

アメリカは未来透視技術とかスパコンを使って厳密な未来予測を行っている。予測の結果が好ましくないと、予測した未来を変更するためのシナリオが実践的な練られた。実際、好ましくない未来は回避することができた。
驚くべきことに2012年の終わりあたりから、どんなシナリオであっても到達する未来は一緒であることが明らかとなったのだ。そのときには、支配勢力が隠していたすべての情報が隠せなくなるとだとだけ言っておく。この時点を越えると、支配勢力はもはや存在できなくなる。フォトン・ベルトレポート

4月12日イランの若き科学者がタイムマシーン(未来遠隔透視装置)を開発したことを公表。この装置を使えば、どんな人でも、5年から8年後を98パーセントの正確さで、予見することができる。その機械に触れているだけで見ることができる。当面はイラン政府の用に供する。フォトン・ベルトレポート

タイムマシンの特許は、オクラホマのマービン・B・ Pohlman 博士によって合衆国特許商標局に出願され、2006年に公開されている。特許の中の図面を見ると、2000年にジョン・タイターがインターネットで公開したタイムマシン操作マニュアルの中にある図面と全く同じである。新科学と健康と雑学

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事