徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

科学3

対象者の 脳に 直接 ある周波数を 照射して 画像や 言葉を 直接送る 実験が ロシアで 成功している。大摩邇コメント

この第三次元領域を超えた知識と情報に手を伸ばして集めることで、「異なる絵を完成するためには、そのパズル・ピースは、自分達の進化の次のステージ用に再編成される必要がある」ということをほのめかす新しい情報を、人々が産み出す、ということなのです。
「異世界」のようかも知れなかった物事を言っている人々に、目を向けてください。次のレベルの現実に人々を駆り立てているのが、そうした人達。オリオン、本当が一番

水が摂氏4度で最も収縮し重くなり、かつ凍るときに膨張するという、他の物質に例を見ない「変則的な」性質――神の絶妙な細工――ではあるまいか。もしこれがなければ、海も湖も底から凍り始め、ほとんど年中凍結したままであろう。大摩邇

細かい係数の違いを除けば、電磁気力の強さは重力の10の40乗倍になる。次に、時間の基本単位として、陽子の半径を光が横切るのに要する時間を選び、これを字宙の年齢にくらべると、現在の宇宙の年齢はまたも単位時間の10の40乗倍になる。
宇宙の構造に関する基本的な数字を集めていると、とても偶然とは思えない頻度で魔法のキー・ナンバー「10の40乗」が姿を現わす。大摩邇

多くの宇宙の物理常数(重力の強さ、電磁力の強さ、陽子と電子の質量比など)が生命のために驚異的に微調整されていて、これらの常数のどれでもほんの僅かに違えば、宇宙は生物の住めない場所になる。
電子の質量がわずか1%違っただけでも、人間はできない。中性子の質量がわずかに0、1%違っただけでも生命はできない。反対に0、1%少なければ、宇宙のすべての星がすぐ中性子星またはブラック・ホールになって、崩れてしまう。宇宙の膨張が10の55乗分の1・・・・大きければ、銀河系も星も形成されなかったであろうという。
生命を育む宇宙を初期の特異点が作る確率は10のマイナス1230乗と試算されている。大摩邇

無数の多次元転生が同時に起きていて、あらゆるものが他のあらゆるものに影響する時間のない領域であるコンティニュウム(時空連続体)が、とりとめのない漠然とした概念でほとんど理解不可能であるため、光の領域からのメッセンジャーたちがあなたたちのリニアル(線形)時間枠にふさわしく表現できたもっとも近いプロセスが輪廻転生です。けれども、たとえばアルバート・アインシュタインが誰々として輪廻転生するということではありません。マシュー84

「重力場の実験としては、2010年9月アメリカ国立標準技術研究所(NIST)のジェームズ・チンウェン・チョウ氏の実験で、「重力が大きいほど時間はゆっくりと進む」ということが確かめられました。」
一般的に、体の小さい生物は、受けるエネルギー量が少なく寿命が短く、体の大きい生物は、受けるエネルギー量が大きく、寿命は長くなる(ただし、活発に活動するなどエネルギーの消費量が大きいと寿命は短くなる)山田貢司

日刊工業新聞、2000年10月17日(火)号第5面にありましたが、アリオテクノ(兵庫県尼崎市南初島町10-145、竹内吉郎社長、06-4868-5001)が家庭用のテレビに映し出す方式の高倍率のを開発したそうです。28型テレビでは総合倍率が4600倍になるそうです。食中毒の原因となる細菌類も見れるそうです。食品業界、学校・幼稚園などに販売を開始するそうです。¥198,000です。もちろん、デッキを繋げば録画もできる。(200010190419)。オリハル

体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などと同様、あらゆる臓器や組織になれる「万能細胞」を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)などのグループがマウスの実験で成功した。作製に2〜3週間かかるiPS細胞に対し、最短2日間ででき、成功率や使う際の安全性も高いという。ヤフーニュース
マウスの体の細胞を、弱酸性の液体で刺激するだけで初期化=が起き、どんな細胞にもなれる万能細胞にかわる。いったん役割が定まった体の細胞が、この程度の刺激で初期化することはありえないとされていた。 大摩邇

科学者は光を粒子、もしくは波という二つの状態で定義するようですが、実際は光はもっと遥かに変わりやすいものです。生命を宿した、高度の知性を備えた存在と言えます。光は無限の知識と情報の運び手です。質量の概念は幻想であり、いわば光のトリックです。
この光は、あらゆる形で皆さんに話しかけてくるでしょう。そうですね、特に夜、識別可能な光が全くない場所で、皆さんの元にこの光があらゆる形をとってやってきて、皆さんをすっかり取り囲み、光浸しにするでしょう。
人間の目や脳で可視のスペクトルは極めて狭小です。しかし、これからスペクトル全域が皆さんを覆い尽くすことになります。ノース、本一

人工光合成は日本がリードしています。実用化に向けて一歩前進です。『東京工業大学と豊田中央研究所(愛知県長久手市)は共同で、従来の10〜数十倍の効率で太陽の光を集める、人工光合成向けの材料を開発した。日々好日

ナノバクテリアは極小細菌などの生物ではなく、酸化脂質が関与する炭酸アパタイトの結晶であることが明らかとなった。大摩邇

日本の最南端・沖ノ鳥島(東京都小笠原村)の南東約700キロ・メートルの海底に、地下のマントルが露出した世界最大のドーム状の岩塊が存在することが海上保安庁や海洋研究開発機構などの調査でわかった。ヤフーニュース

三次元の世界はホログラフィであって、見かけ通りではなく、実際には「善きこと」である、進歩、成長、祝福などしか存在していないことを忘れないようにして下さい。創造主AE

光は「物質」か「波動」かというと、両方の性質がある。波長が長くなってくると波としての波動性。波長が短くなると、つぶつぶの性質が出る。これは昔からニュートンの時代からアインシユタインも含めて、光の「戸籍」は「あの世」にあって、住民票は「この世」にある。http://www.terahertz-j.jp/

この水の中で消える(もしくは消えるように見える)小さな気泡をマイクロバブルと呼んでいる。消える直前には内部の気体はもの凄い高圧力となる。また、気泡自体はイオンの塊となる。
ナノバブルで農薬や肥料を使わなくても米が取れる。イチゴの収穫が増える。立派なガーベラの花が咲く。まだメカニズムは分からないが、田圃にはカブトエビが出現して雑草の種を食べてくれる。植物の根が驚くほど張って病気にも強くなる。
医療や衛生の分野においては、オゾンという気体をナノバブルにすることで、人や動物は平気なのに、菌やウイルスを除去することが出来る。大摩邇

原子はアンバランスな回転をするコマである。質量はそのコマのジャイロ効果。回転軸が制御できたとき質量を失う。そのとき、反重力が実現する。http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2194.html

ゼロポイント・エネルギーこそが,宇宙の万物の原子構造において,電子をその周囲に保持している実際の力だ.それは電子にエネルギーを与えている。
宇宙のすべての原子は,まさに小さなジャイロスコープのようなものだ: それはこれらの電子を原子核の周りに回転させる.するとそれらはジャイロスコープと同じ効果を現す.我々が慣性および質量と呼ぶ効果だ.
もしゼロポイント・エネルギーの吸収に干渉する方法があれば,それらの電子はエネルギーを失い,減速する.その慣性の効果,ジャイロスコープとしての効果が弱まり始め,その結果,質量も減少する.その一方で原子構造には何の変化もない。大摩邇

水は原子核、原子が回転しない相が固体の氷であり、原子が回転すると液体になり、原子核、原子が回転すると気体の水蒸気になります。自然生活館

基本的プラズマ(Initial Fundamental Plasma)と呼ばれるシステムに統合される。これが中性子と呼ばれるものである。このプラズマは自然に崩壊し、陽子のプラズマと電子のプラズマになる。ケッシュ

素粒子(クオークなど)と呼ぶものは、実際には更に小さな磁場の集合体で、動的なプラズマの磁場同士がグループで相互作用した結果、クオークその他が創造されている。ケッシュ、本当が一番

星の光が地球に届くには何光年もかかる、という現在の想定は、地球は宇宙の中心である、というくらいに誤りである。人が自分達の創造の真実に目を開けば、宇宙の彼方や他の宇宙からの光は、人の目にとっても一瞬で届く。ケッシイ

アインシュタインの知識は地球に限られる。実際には、物質の磁場重力場の強度に依存してる光の速度は、宇宙での最高速度にはなり得ない。ケッシイ

現在の科学とアインシュタインの理論では、地球環境の圧力の下では、気体が固体になるには絶対温度で−150度以下でなければならない。
このアインシュタインの想定は地球の大気条件においては正しい。今や、それは原子構造の新たな理解を通じて判っている。しかし、環境の磁場重力場の強度に対する原子の、磁気と重力の場の役割を理解すれば、今初めて彼は間違っていたのだということが判る。
これがなぜ地球では、最も深く冷たい場所や、最も深い海底火山の最も高熱の温泉地帯で生命を見出すことができるか、という理由のひとつだ。同じ原理により、宇宙の何もない空間や不毛に見える彼方の惑星、星の中心でも、私たちは何らかの形の生命を見出すであろう。ケッシイ、本当が一番

長年謎だった、この「光合成」という不思議なシステムの全貌が、日本の研究チームによってほぼ解明され、すでに人工光合成のプロジェクトが始まっているようです。

液体では、酸素の原子をもつ水の分子は、振とうによって、どのような元素に対しても磁性 (磁石の働き) を持つ物質にできる。同じ水に対しても、チェーン中に酸素元素を持つアミノ酸分子に対してもできる。ケッシュ、本当が一番

ルーマニアで人工血液の開発に成功。報道によれば、この人工血液は、「水と塩、そして海の無脊椎動物が持つヘムエリスリンという物質」から作られたものらしいのですが、すでに試験的なレベルは越えていて、近々、人間への臨床も開始されるのだそう。

現代科学が、エントロピー増大の熱力学の法則を信奉しているからであって、その反対のエントロピー縮小の生命工学というものに、目が向いていない。ETV(UFO)なる存在も、その観点、生命工学に立たなければ、理解出来ない。佐野千遥

未来地球人 がタイムマシンに乗って太古の昔に残したカタカムナの物理学文書はスミルノフ学派と佐野の物理学と驚くべき類似性を示しています。これは何を意味するか? 答えは、間もなく「正統派」現代物理学派はスミルノフ学派と佐野に全面敗退し、未来の地球に於いてはスミルノフ学派と佐野の物理学体系が真の物理学体系と して認められている事を意味する。佐野千遥、つむじ風

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事