徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

資源エネルギー3

今はまだ人間には知られていない金(きん)の用途がたくさんあります。まだ多くの用途があるのは貴金属です。これは金が果たす役割の内のほんの一部でしかありません。ジャーメイン

北朝鮮に中国6倍のレアアース埋蔵か 世界埋蔵量の2倍=英研究。北朝鮮に約2億1600万トンのレアアース(希土類)資源が埋まっている可能性があるという。その量はこれまで世界で確認できた埋蔵量の2倍以上。大紀元、大摩邇

フリー・エネルギーは宇宙や多元宇宙、銀河、惑星、生命的存在を創造するエネルギーです。ガイアの地球がこのエネルギーによって宇宙空間にいることが出来、太陽がとてつもないパワーとエネルギーのある光を発することが出来ます。私たちプレアデス人は遥か昔にフリーエネルギーの方程式を解きました。ピュアインスピレーション

あなた方に供与される技術が、開発中のどのようなものよりも遙かに優れています。あなた方はその効率と全ての住居、オフィスビル、公共の建物、及びスタジアムさえも一滴の石油も用いる事なく、公害の原因になる一個の炭素原子をも排出することなく、冷房、暖房、柔らかい照明を可能にすることに驚くことでしょう。主創造主

従来の100倍の性能、値段は千分の1。光の吸収率が従来のシリコン製の100倍以上の太陽電池を、岡山大大学院自然科学研究科の池田直教授のチームが「グリーンフェライト(GF)」と名付けた酸化鉄化合物を使って開発している。1キロワット発電する電池を作るコストは約千円が目標で、約100万円かかる従来のシリコン製に比べて大幅に安い。大摩邇

空間から正のエネルギーのみを取り出すと、周囲の空間は負のエネルギー状態となる。負のエネルギー状態というのは想像しにくいと思うが、正のエネルギー状態は周囲に熱を与えるのに対して、負のエネルギー状態は周囲から熱を奪う。したがって、装置が冷たくなる。
負のエネルギー状態は、すぐに周囲に拡散していくので、すぐに0エネルギー状態になる。したがって、空間からいくらでもエネルギーを取り出すことができる。http://newscience.air-nifty.com/

車用電池、走行距離3倍 積水化学が新材料、コスト6割削減:フル充電で600Km:自動車製造コストがガソリン車並みに。従来の3倍の電気を蓄えられる、電気を多く蓄えられるシリコンを使う。1キロワット時あたりの電池価格が3万円まで下がればガソリン車並みの車両価格にできる。阿修羅

テスラは、群理論の技術的表現でいう、非対称性の電磁気源とそのシステムを開発することに成功していました。このような非対称性の電磁気パワー発生システムは、そのシステムに入力するよりも大きな使用可能エネルギーを出力することを可能にします;その超過した入力エネルギーは、真空から無制限にやってきます。
クリモフのナノ結晶太陽電池プロセスは、性能係数(COP)200%を容易に実現し、その理論上の最大値は700%です。そして実験で確かめられているように、そのプロセスは超過エネルギーを沸き立つ真空から直接抽出しています。
発電機のシャフトを回転させる入力に支払うよりも1兆倍以上大きいエネルギーを発電機が実際に放出している。
1934年に物理学から間違って除去された負のエネルギーを復活させること。
物理的実在性を操作する、この思いもよらぬディラックの“真空のくすぐり”法をすでに利用しているいくつかのプロセスが、今、存在します。その1つが、カンジウスが単独で立証した、水ガス[HHO、ブラウンガス]のプロセスです。
カンジウスの癌治療(これもまたディラックのプロセスを知らずに利用しています)は、癌細胞が存在する局所真空にディラックのくすぐりを作用させ、癌が“生起しない”ようにしています。
最終的には、この同じプロセスにより、あらゆる核廃棄物の除去(簡単で効率的に)、ありとあらゆる病気の治療、現在の産業プロセスや貴重な生物圏の汚染といったことの大半が浄化可能になります。ビーデン、大摩邇

電気のクリーンな生産可能技術があるとも断言している。 Kesheは3〜4キロワットの発電機には500ユーロ、10キロワット発電機には、2000ユーロの保証金を必要としている。 3〜4キロワットのシステムの全価格は5000ユーロ(68万5千円)で、10キロワットのシステムの全価格は20000ユーロだ。 ケッシュ、本当が一番

※資源は地球のもの、地球の一部です。それを資本家達が地球の許しもなく勝手に掘り出し、カネに代えている。地球の一部を削り取れば、地球の一部の機能が消滅し、地球の役割を果たさなくなる。例えば石油は地球の潤滑油で、潤滑油がなくなれば、地球は滑らかに動かなくなります。そして、大災害をもたらします。

水から生まれた奇跡の燃料「酸水素ガス」。大政ガス。エンジンに空気の取り込み口が不要。爆発しないから安全。ガスの燃焼によって発生する発熱量は、もともとの電気分解に使ったエネルギーの2倍程度に達する。プロパンガスのように保存可能。るいネット

現在のポルトランドセメントは塩水に弱い。イタリアには何千年も前からあるコンクリートの港が今だに健在。
ローマ人は石灰と火山岩を混ぜてコンクリートをつくった。水中の構造物の場合は、石灰と火山灰を混ぜてモルタルをつくり、このモルタルと火山性凝灰岩を木製の型に詰めた。これは海水に触れると瞬時に熱の化学反応が引き起こされる。 石灰は水和され(=水の分子が構造内に取り込まれ)て火山灰と反応し、構造物全体をひとつに固める役割りを果たした。

パラフィンオイルの誘電槽の中で、水銀の同位体に15万ボルトの電圧を4時間かけ続け、水素原子を取り出し、金の生成に成功。原子炉で中性子線を使って、水銀を金に核転換できるようです。一日照射しても、得られる金は0.3セント、炉を動かすのに300ドルかかる。大摩邇

肉食とバイオ燃料をやめれば新たに40億人を養える ミネソタ大学の新研究 農業情報研究所。利用可能な食料(栄養=カロリーと蛋白質)を増やすには牛肉消費を減らすのが最も効果的だ。豚肉や鶏肉に切り替えるだけでも大きな効果が期待できる。大摩邇

丸亀市の大手前中学・高校の屋上に、同窓会がソーラー発電装置を設置した。ソーラーパネルは、図書館棟と管理棟の屋上に合計308枚設置した。総工費は約1800万円。電力会社への売電で年間約250万円の収入を見込む。売電8年目には元が取れる。阿修羅

筆者が出会った宇宙連合の宇宙人は地質調査師で、地球のゴールドの調査にきたといっていました。地球のゴールドは現時点で700兆円分もあるそうです。一番埋蔵量の多いのは日本だそうです。他にパプアニューギニアやミンダナオ島にも貴重な鉱物があると言っていました。MU(ムー)

石油は何億年も前に地下に閉じこめられた動物や植物の死がいが高温、高圧下で熟成されてできたもので、人工合成は極めて難しいとみられていた。 ところが発見した微生物はごみなどの有機物をえさに石油を合成していた。るいネット

フリーエネルギーじゃなくても、燃料はオオマサガスで補えると思う。従って古歩道がいう石油利権から手を切る為に原発が必要というのは本末転倒。http://stonegods.blog.fc2.com/

日本において全消費電力のうち照明に使われる電力は30%程度だといわれています。それらがLEDに置き換わると概算で1,800億kW節約することができます。阿修羅

フリエネが普及すれば、ガイアはもはや、ガイアからその身体の “血液”(石油)を配慮なく抽出されることがなくなります。この抽出は、その大陸プレート(皆さんの骨と類似している)のために必要になる不可欠な潤滑をむやみに取り去ってきました。きらきら星

宇宙人パシャールが教えてくれたフラクタルアンテナでフリエネ。可動部分がない。方角を合わせて設置すればそれだけで電気が発生する。超高周波電磁波を低周波電磁波へ変換する。高周波を照射すると低周波が出力される。阿修羅

ロッシ氏の発明した常温核融合技術。この装置は、ニッケルの粉末と水素を燃料として熱エネルギーを発生させる常温核融合反応を発生させる。1kw当たり0.8円のコスト。放射線を発生しない。放射性廃棄物を生成しない。核変換された生成物(銅)は再利用できる。ロッシ氏は、特許を求めていない。

「効率80%の太陽光技術」をIBMが開発。1平方センチメートルの太陽電池チップ1枚で日中に平均200〜250Wの電力が生成され、これは入射した太陽光のうち最大30%を利用していることになる。研究チームは今回、4cm四方の太陽電池チップを搭載し、約1kWを生み出す試作品を作成した。IBM研究所、WIRED

酸水素ガス。大政社長が開発した。水がそのまま爆発しないでガスになった。そのまま火をつけると800度ほどだが、鉄を溶かすほどの温度になる。燃やすと水になって公害にならない。ある周波数で水を電気分解すると、水分子のままで気体になる。

英エア・フュエル・シンセシス(ダーリントン市)は、空気から自動車や航空機向けの燃料を製造する技術を実用化。製造プロセスは、まず大気中の水分をもとに、電気分解で水素を製造。その水素と大気中のCO2の反応により炭化水素を作り出す。日々好日

米国のシェールガス・バブルは崩壊した。Newsland.ruによれば、シェールガス景気は破綻した。オバマは可採量が100年分だと言ったが、60年分から10〜11年分に下方修正した。シェールガス採掘は既に商業的に破綻している。そのコストは、伝統的方式による掘削の5倍だ。日本と地球の命運

汚染物質とは「エネルギー欠乏物質」のことを指す。エネルギー不足は「思考力不足」。発酵がエネルギーを呼び込む仕組みである。自然農法は常にエネルギーを引き込める状態に、吸引農法こそが唯一の答え。
空気は無限のエネルギーです。幾ら使っても減る事のない生命なのです。エネルギー不足とは、「思考力不足」、つまり意識が低いという事です。石炭や石油は燃えるのでなく、空気を呼び込む媒体となるのである。飯島秀行、天下泰平

フリーエネルギー、さらに、福島放射能汚染を除去する技術は、既に存在しているのです。福島原発の汚染水問題は、袋小路にはまっていますね。来るところまで来ており、もう、打つ手がありません。日本政府は、いい加減に、つまらない隠蔽工作をやめませんか。ハートの贈りもの

フリーエネルギーはあなた方の社会の非常に多くの人たちを奴隷状態と貧困から解放します。それは、体から抜き取られている血液(オイル)をもう持っていない地球にとっても恩恵をもたらします。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事