徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

大麻

日本列島が、新しい時代の雛型となるためには、この国全体に、「大麻」が当たり前のように自生しているようでなければならないと云えます。「大麻」は、重く荒い周波数帯を軽くする効果がありますので、地球の浄化作用を強力に助けます。ですので、「大麻」は地球にとって、最もエコで神聖な植物です。カガリ

大麻というのは、俗にヘンプと言われていますが、麻科の1年草で110日で高さが3〜4mになる、生育の早い植物です。この大麻草は衣料、紙、建材、エネルギー(石油の代替品になります)、医薬品、嗜好品など用途は多く、害はほとんどない。嗜好品としてもタバコやアルコールよりは全く安全で、しかも大麻草自体は肥料が不要、それでいて連作は可能で土壌の改善までしてくれる。放射能汚染にも効く。船井幸雄

戦後アメリカのいうことをきいて、害があるというので、世界中で禁止の方向に行った大麻草やその加工品は、1990年ころからこんなに有効なしかも無害といっていい植物が他にないことが分り、いま世界中で解禁されつつあります。船井幸雄

全人類にとって様々なレベルで有益であるにもかかわらず、遠く長い間、大麻は大企業や製薬会社や政府によって迫害されてきた。われわれアノニマスは、政府が「大麻は危険だ」などと嘘をついて市民を騙していることを知っている。大摩邇

大麻は世界で最古かつ最良の医薬品の一つだ。私たちはマリファナが、ガンや糖尿病を改善したり完治させていることを知っている。慢性痛から精神疾患まで…身体やメンタルの不調などにも…大麻は、ほぼ全ての病気に効果がある」http://j.mp/I06rsR大摩邇

「マリファナを使うと早い段階でガンを治してしまうため、利益にならないから禁止されているのです」大麻オイルを使って自力で癌を治してしまった彼のの言葉は重い。日本人はガン患者が金儲けの道具にされている現実と向き合えるだろうか?http://youtu.be/JPm0Jq9bj98大摩邇

マリファナはどのようにガンと闘うのか?http://t.co/zsTrQfLDカンナビノイド(THCやCBDなど大麻の薬効成分)の4つの抗がん作用は1.ガン細胞の増殖を抑える2.がんを新しくつくらせない3.癌を転移させない4.がん細胞を自滅へ導く大摩邇

大麻は殆ど全ての病気に効果がある。慢性痛、精神疾患、アル中、クローン病…そして体やメンタルの不調にも。またマリファナは癌や糖尿病をはじめ様々な病気を改善したり、完治させることが証明されている。http://t.co/hmeJJCDb大摩邇

「大麻の実のオメガ3オイルにDNA修復作用あり」HempRepairsDNA!(転載)】麻の実油、完全食として評価高い食用麻の実に含まれるオメガ3にDNA修復力あり。11/6には米国コロラド・ワシントン両州で嗜好大麻が合法化され、マサチューセッツ州でも医療マリファナが合法化された。山崎淑子

『トゥルシー』は、インドを代表する“比類なき”聖なる薬草だ。日本を代表するよーな“比類なき”聖なる薬草は…。それは『トゥルシー』の比ではない。まさしく『神の薬草』だ。『大麻草』である!『大麻』とも『麻』とも言う。大麻の復活で、日本は復興する!大摩邇

麻の実とコーンスープだけで世界一の長寿を誇るムラが、中国南部の広西チワン族自治区巴馬にある。飯山一郎

麻の実は主食にも副食にもなる!ということだ。さらに、人間は麻の実だけでも充分に生きていける!麻の実に含まれるミネラルは半端なものではない。銅・鉄・亜鉛の含有量とバランスは、他に“比類”がない。飯山一郎

日本では大麻草は大麻取締法の規制により、大麻の化学成分(THC、CBDなど)は麻薬及び向精神薬取締法[7]の規制により、医療目的であっても使用、輸入ならびに所持は禁止されている。
大麻の薬理成分である「THC」と呼ばれる物質が癌細胞の増殖を抑えているようです。しかも、実験の記録などを調べてみると、ほとんど副作用が無いことがわかります。大麻は正常な細胞を傷つけることなくガン細胞だけを死滅させているようで、抗癌作用&副作用無しという大変優秀な薬なのです。
日本は大麻を栽培するのに適した気候だったことや、大麻から優れた繊維がとれ、衣服やその他のものに利用できることから、昔からつい最近、つまり太平洋戦争が終わるまで、日本各地で栽培されていた。もちろん麻薬としての規制はなかった。戦後、米軍が徹底的に禁止させた。
大麻を麻薬として規制した昭和23年以後、大麻自身は昔と変わっていないのに、日本人の方が変わった。というより、日本人の体も変わっていないのに、突然、大麻が麻薬として効くようになったのだ。、「犯罪の創造者」は「大麻取締法」であって、大麻を販売したり、使う人ではない。

大麻産業は「金の卵」。とりあえず上手に運用すれば、日本だけで10兆円〜30兆円も経済効果をあげるそうです。日本と日本人の精神を建て直すのには、僕は大麻がいちばんだと思うんだ。大摩邇

大麻栽培の免許証を得るためには監視カメラや柵などを準備しなければいけない。県庁の窓口にプレゼンをしてから、55日に取得許可を得たという超スピード取得です。当初、窓口の人は、「大麻=麻薬」という認識を持っていた。天下泰平

10兆〜30兆円の経済効果が期待できる日本の「宝」を自ら取り戻そう!この法律を廃棄すればわが国は豊饒な国となれる!!!戦後、GHQが日本に作らせた大麻取締法は実は日本の国力を削ぐための陰謀の可能性があった。
だいたい10アール当たりの収入は、1回の作付けで1アール当たり50万円から90万円といったところのようです。大麻は化学肥料や農薬の散布をほとんどしません。天下泰平

大麻は多幸感をもたらします。のみならず、それが殆どの病に対して有効な物、それは大麻なのだと私は考えています。素材、オイル、食品等、現在の石油化学工業に取って代わるべきもの。人類種の滅亡にもかかわる内分泌撹乱物質の多くは石油派生物由来である。大摩邇

麻の実のオイルに必須脂肪酸が8割も含まれている事です。面白い事に、リノール酸とαリノレン酸という必須脂肪酸が、厚生労働省が推奨している4対1の割合にもっとも近いのです。厚生労働省が栽培規制している作物が、栄養学的にはもっとも適したものだ。天下泰平

大麻の植林によって、放射能を無害化することも可能であると考えます。大麻からは、高周波の波動が出ているのです。「大麻取締法」などという有害無益な法は、すぐにでも規制を緩和し、国家の総力を上げて大麻の植林にあたるべきです。本当が一番

1941年ヘンリー・フォードは、麻/ヘンプ製の車を作りました。車の車体は12倍鉄より軽く、強度は10倍だったのです。それだけではなく、車は麻/ヘンプの種子油の方が走ったのです。この技術が巨大石油会社に脅威をもたらすことは明らかです。本当が一番

第二次世界大戦後、占領軍によって「大麻取締法」が押付けられる以前は、日本では大麻草を栽培することが国家によって奨励され、学校の教科書でも紹介されていました。
“マリファナの大麻の品種だが、産業用麻/ヘンプとは遺伝子的に異なり、その使用と科学構造より区別される”麻/ヘンプは遺伝的にドラッグのマリファナとは異なっています。実際に麻/ヘンプを大量に吸ってもハイにはなれないのです。本当が一番

大麻が一本生えていることで その周囲の磁場がイヤシロチ化する可能性があります。イヤシロチの場合には そこに存在している人や生物は 電子(マイナスイオン)を供給されて 酸化還元率も高くなり 生き生きと活性化してきます。
松・竹・梅などの周りはマイナスイオンの濃度が高くなるのに対して ザクロ・イチジク・ビワなどの周囲はプラスイオン濃度が高くなることで昔から庭に植えてはならない木として言い伝えがあった。本当が一番

大麻(ヘンプ)の代用になるものがナンかないかなぁ〜なんて考えていたら、ハイアーが”ある!!”と言出した。我が家の裏に邪魔な雑草として一杯生えていました。葉っぱは大葉しその葉に似ている、その名は・・・カラムシ!!
ハイアーによると、数万種類の利用方法があると云う、もちろん薬効ありで。生葉で食べる場合は5枚以上は食べるな、とのお達し 生では結構成分がキツイらしい。
麻の一種のカラムシ。プラスチック ビニール ペットボトル類に利用できます。自動車用のタイヤにも あるいは住宅用の建材など、固めて柱などにも利用できます。麻類でタイヤを作ると自然分解して土に還りますので、自然環境も汚れません。プラスチック ビニール ペットボトル類も同じです。銀河の子舟

大麻だけが持っているカンナビノイドという薬理成分に、神経保護作用や脳細胞の新生を促す作用がある。精神を高揚させ、神経を保護、修復、再生し、非常に鋭敏な状態にさせる作用があるために、高次元との意思疎通を図る重要な意味があったのです。神官や巫女、シャーマンといった人々は、高次元とつながるためにこうしたある種の植物を用いました。本当が一番

中国のミャンマー国境にある広大なケシ栽培、またアフガニスタンやメキシコにおけるコカインの製造などもすべて、CIAがやらせているものです。そして実際にマリファナ・大麻は、アメリカの一大産業になっており。本当が一番

大麻は戦前は衣服などに利用されていた草だった。大麻を吸う人などいなかった。戦後、大麻が禁止されてから、隠れて大麻を吸う人が出てくるようになった。大麻を吸うという犯罪が発生したのは大麻を禁止したから。大摩邇

大麻・マリファナにはあらゆる効能があり、鎮痛作用や不眠症、抗がん作用だけでなく、HIV、うつ病、強迫性障害、てんかん、気管支喘息、クローン病、パーキンソン病、帯状疱疹、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症など、他に有効な治療法のない約250種類の疾患に効果がある。本当が一番

マリファナの毒性はタバコよりも少なく、依存性はアルコールよりも低いことがわかっています。そのため他の多くの国々ではすでに取り締まりはしておらず、未だに厳しく取り締まっているのは日本とアメリカくらいのものです。本当が一番

閉じる コメント(3)

顔アイコン

多幸感が増すのであれば、多少の幻覚は良いのではないか、と思うのです。

2014/3/30(日) 午前 8:20 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

顔アイコン

昔は今の大財閥がヒロポン販売してましたね ベトナム善蔵中 コカ・コーラが兵隊に支給してたコーラの成分に興奮する成分を入れていましたよ 削除

2014/4/6(日) 午前 6:28 [ GO ] 返信する

顔アイコン

ヒロポンは完全な麻薬だから、大麻とは正反対のものです。儲かるからといってヒロポンを販売してはいけません。

2014/4/6(日) 午前 10:47 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事