徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

危機31

自殺の9割以上は他殺なんです。警察は面倒くさいことや「権力にとって都合の悪い人」の死亡については全て自殺扱いするんですね。マスコミなんかでも3・11人工地震や9・11WTC爆破報道をしたNHKの論説委員の死亡も全て自殺扱いしています。上野正彦、銀河系宇宙人

正義のための戦争は、なかなか認められない世界の共認状態になった。そこで出てきたのが、自然災害や事故を装って敵を破壊する兵器だ。小型核爆弾やHAARPによる人工地震。9.11やマレーシア航空などの事故と見せかけた破壊行為。などが、新しい兵器として登場した。るいネット

本来、日本国民が手にするべき収入を得ていたなら、外国勢力に労働の結実を収奪されていなければ、日本は世界有数の「国民が富裕な国」のはずです。消費税などもとよりいらない国なのです。国民が日々の労働や生活に活力を取り戻せば、税収などあっという間に増えます。消費税率は0%にできます。コシミズ、本当が一番

マレーシア航空機。ロスチャイルドは唯一の非常に精妙な、最新の、世界の兵器の概念をひっ繰り返す特許から利益を得る唯一の”生存者”です。この特許はフライト 370を操縦不能にした兵器そのもののコントローラーについてのものです。皮肉な事に、ロスチャイルドはこの飛行機に搭乗していた専門家が防ぐように開発した、まさにその武器を使ったのです。
私たちには乗客に危険が迫ったことがわかり、介入して救助すると決断しました。ある者は別の人達と一緒に、直ちに(死を経由せずに)次元上昇をする選択をし、他の約 75%の人達は自分の体をそのまま残す選択をしました。内部地球で待機した後で、彼等は今金星の光の部屋で肉体の更新を経験しています。地球に戻りたいと 願う人達は、デスクロージャーの後で導師と共に地球に戻ります。
この飛行機はインド洋で発見されましたが、クラッシュした時には誰も乗っていなかったので、誰も発見されませんでした。主創造主、たき

現在、多くの国々の正規軍上層部が アジア勢やホワイト・ドラゴン勢を始めとする反旧体制側の『 黄金時代建設計画 』に賛同している。つまりは、米連銀や欧州中央銀行側の面々が現時点で持ち合わせている武器は、何の裏付けも無いドルやユーロの発行権とアカデミー(旧ブラックウォーターUSA)など、一部の傭兵部隊以外にはないのだ。古歩道

新世界秩序勢力に真っ向から対抗している存在は、ロシアのプーチン大統領であることは間違いない。NWO(新世界秩序)に操られるアメリカと西欧同盟国家はこれらのクーデター、軍事介入、不安定化キャンペーン、宣戦布告なしの戦争で何百万もの人々を殺害してきた。銀河系宇宙人

※妄想。マレーシア航空機は大惨事を引き起こそうとして、例の組織が乗っ取った。その陰謀を事前に察知した光の側は、乗っ取られた飛行機をアガルタへ誘導した。光の側に色々な情報があるのは、タイムラインの違う未来を見たため。光の側はタイムラインを見れば闇の陰謀がわかるので、事前に対処できる。有利になるものだけ見逃す。闇の陰謀は光に利用されるだけ。

マレーシア航空機。ここのアシュタルが、思いっきり偽だと言っているのは、、、「スペース・ファミリーによるNESARA人質交換作戦」!です。「我々は絶対に、決して、そのような愛のない行為はしない!」と。アシラと全く同じことを言っています。ハートの贈りもの

ガイアは、内部と表面で違う次元を抱えていますよね。時に、その接続が上手く行かないことがあり、隙間に、飛行機や船が入ってしまう。マレーシア機は、突然開いたポータルに捉えられ、電気機器が正常に動かなくなり、海へ向かって急降下した。その結果、アガルタにたどり着いた。シェルダン、ハートの贈りもの

アラスカ米軍のHAARPは現在完全に破壊されており、それを遣ったのは宇宙人だとかの論も流れていますが、実際には「スカラー兵器」=重力波兵器に付きアメリカを遥かに凌ぐロシアが重力波兵器を使って地球を真っ直ぐに貫いてアラスカ米軍のHAARPを破壊したと見るのが最も順当と言えます。佐野千遥

アメリカという国は政府が運営しているのではありません。諜報機関がアメリカを運営しているのです。3/27:米大統領の声明―NSAが行なってきた不特定多数対象の国内電話通信記録の収集活動を停止。本当が一番

福島をあのような事態に追いやったのはイエズス会のうちの一割です。自分たちの作戦資金を得るために日本に圧力をかけたかったからです。第二の目的は、一般住民の恐怖を煽るためです。なぜなら、恐怖の波動は、支配者が住民に対する支配を保っていられる波動だからです。コブラ、nowcreation

マレーシア航空370便消失事件の真相はマスコミが報道するインド洋墜落では、決してない。ふるやの森 ※浮いている機体の切れ端は、後から置いたもの、というわけだね。

安倍晋三のサギノミクスによって日本の富580兆円が消えた。「アベノミクスの異次元緩和と円安誘導によって、国民の富がどんどん海外に流出しているのです。円安は国力を失わせ、国民の富をいや応なく奪っていく。ユダヤ様の言いつけ通りにした安倍晋三は、ユダヤ様から見れば優秀な家畜ということ。大摩邇

クリントン大統領はケネディー大統領と同じく闇のカバールである13家族の一員でした。彼の生みの父親はローレンス・ロックフェラーでした。彼はある未亡人とアドルフ・ヒットラーとの間に出来た孫のヒラリーと見合い結婚をしました。 ヒラリーはロスチャイルドです。

P2ロッジによると、オバマ大統領でさえ、もはや陰謀者側に着いておらず、問題は、ワシントン、ニューヨーク及び悪魔崇拝のギャングが巣籠るイスラエルといった、ごく僅かなものに限られた。これらの輩はもはや動き回れないだろうし、その多くは既に消え失せた。古歩道、本当が一番

その日本での代表格が「水素文明」であり、その酋長が上記URLにある先日奈良県知事選に立候補を表明したいわさき孝彦(43)である。この男は量子コンピュータを自作して世界線を改悪したり、ロスチャイルドと契約して黒魔術を使うなどして日本を乗っ取ろうと画策しております。こいつが日本の真の敵です。大摩邇

全てのソウルは 救われなければなりません。闇のカバールの最も暗黒の役割を演じた者であっても誰も再び愛を学ぶ機会を拒絶されることはありません。この者たちにとっては 他者に苦悩をもたらすような思考や行動を続ける選択はもはや出来ないという真実の把握までに時間がかかるかもしれません。父なる神、たき

マレーシア航空機。真実開示作戦展開中。彼等は彼等自身、及び家族の安全が保証されるまで帰宅することはないでしょう。ジャーメイン、たき

私たちは平和のための機械をたくさん製造する。戦争のための機械造りを続けても、私たちの知識をもってすれば、それらは子供のオモチャのようなものになる。たくさんの知識が無償で与えられるので、もう争う必要がないことを人々は知るだろう。ケッシュ

マレーシア航空機。行方不明になった飛行機の機上の全ての人達は空気が地球と同様で地形も似ていて、住民の外観があなた方のそれ とかなり似ている小さい惑星に移りました。乗員や乗客の誰もがこのような冒険をするという ソウル契約を結んでいませんでしたが、誰もその時に死に至る契約もしていませんでした。このような場合には、私たちには介入する事が許されています。乗員が家族と再会する可能性は低い。アシュター、たき

ロシアは、正当なウクライナ政府が資金提供された傀儡によって転覆されたという疑いのない証拠を持っている。その傀儡は米連銀及びそれに従属するアメリカ合衆企業とNATO諸国を私的に所有している。古歩道、本当が一番

ウクライナ問題:闇の勢力が我々を破滅へと導く。ユダヤ人の中にユダヤ教のオカルト的過激思想に染まっている者たちがいるし、それらがウクライナ支配で野合している姿が今のウクライナのキエフ政権であり、それを支援しているのが欧米の権力者たちである。本当が一番

米国政府ではトール・ホワイトというエイリアンが働いている」と公言したこと。「トール・ホワイト」は身長2〜3メートルで北欧人似で金髪に白い肌をしているという。エイリアンは何千年も前から地球を訪れている。聖書に出てくる不思議な現象はエイリアンによるものだ」とも話す。
「トール・ホワイトは全世界的な電子監視システムの構築を進めており、自分たちの存在を隠したうえで、世界征服を企てている。米オバマ大統領はホワイトによる“秘密政権”と同盟を結んでいる。この同盟に反対する未知の勢力の存在もあり、憂慮される」とも伝えている。ハートの贈りもの

現在、サバタイ派ナチ・シオニスト勢のジョン・ケリー米国務長官がウクライナ騒動をめぐってロシアへの制裁を呼びかけているが、実のところ状況は逆である。
欧米がもしもロシアに対して制裁を課すようなことがあれば、それは報復措置を招き、金融的メルトダウンを惹き起こしかねないであろう。ロシアは石油と天然ガスのヨーロッパとアメリカへの輸出を制限し、そのため価格は急騰する。ロシアはロシア内の欧米の資産を差し押さえると警告した。これは米ドルを不安定化させる。ケリー国務長官、本当が一番

マレーシア航空機はインド洋上で、機体はネオナチの潜水艦から発射されたミサイルによって木っ端微塵にされた。マレーシア機は空中爆発、生存者は宇宙船ネプチューン号が保護した。この機には、ソウルグループとして集団で肉体を去る事を選択した人々が乗っていた。しかし、まだ肉体を離れると決めていない人々は、我々のシップに救助した。一厘の仕組

ヤミの宇宙の拠点はリゲル。ストレンジレット爆弾を開発。重いクォークが結びついたもの。これを極圧及び温度限界下におくと連鎖反応が起こり、通常物質をストレンジ物質に変えていきます。宇宙を全滅させることができる。光の勢力は、ストレンジレット爆弾の破壊範囲を制限する技術を持っています。
25,000年前、彼らは地球を第二の隔離された要塞にし、ストレンジレット爆弾の一部と他の風変わりな兵器類をここに移送しました。この兵器類こそが原爆投下など数々の虐殺に銀河連合が介入できなかった本当の理由です。
物質的兵器の大部分は、2004年までにレジスタンスが除去しました。エーテル的兵器は、つい最近までかなり残っていました。主に残っているのは、狂ったアルコンの小グループと彼らの兵器だけになりました。2014年3月8日現在、エーテル的アルコンと彼らのエーテル的兵器の層は、最後の一つになりました。
アルコンの最後のエーテル的防御層に、最初のひびが入れば、すぐにイベントです。コブラ、本当が一番

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事